ビジネスマネジメント

スムーズな名刺交換をしよう

ビジネスで初めてお会いしたときには、名刺交換をするのが一般的です。スムーズに名刺交換ができなければ、初対面の相手に不信感を持たれてしまうかもしれません。問題なく名刺交換できるように、手順をしっかり確認しましょう。

名刺の準備を怠らない

名刺交換の手順の前に、まずは自分の名刺をしっかりと用意しましょう。持っていくのを忘れてしまったり、複数と交換しているうちに名刺をきらしてしまったりすることのないように、出かける前に確認する習慣をつけるべきです。また名刺が汚れていたり、角が折れていたりするのも失礼にあたります。自分の名刺の管理もしっかりしておきましょう。

目上の人から渡す

最初に名刺交換の順番です。立場が下の人が先に名刺を差し出します。例えば、部長と役職のない方が一緒に名刺交換をする際には、役職のない方から先に名刺を差し出します。相手が複数いる場合には一番目上の人に最初に渡しましょう。

先に渡されてしまった場合には

時には、目上である相手の方が先に名刺をだしてしまうこともあるでしょう。その際には無理をせずに先に名刺を受け取った方がスムーズに交換できます。自分が渡すときには「申し遅れました」と一言添えるといいでしょう。

両手で名刺を交換する

名刺は自分の名刺入れの上に乗せて両手で持ち、相手に差し出します。その際に「株式会社〇〇の佐藤と申します」というように自己紹介をしましょう。差し出された方が両手で受け取ります。「頂戴いたします」と一言添えるとさらに丁寧に見えてよいでしょう。一般的には受け取った人も、その後に名刺を両手で差し出し自己紹介します。同じく受け取りましょう。

片手で名刺を交換する

どちらが目上かよくわからないときや、素早く名刺交換したいときなどには、片手で同時に名刺交換することもあります。その際には左手で名刺入れを持ち、右手で名刺を差し出します。受け取るときには、相手の名刺を自分の名刺入れにのせて受け取りましょう。自己紹介は同時に話すことはできませんので、相手と被らないように注意しながら伝えましょう。

内容を確認する

名刺を受け取ったら内容を確認しましょう。もし相手の方の名前の漢字が読めなかった場合にはきちんと尋ねましょう。失礼なことではありません。後々間違った方が失礼になります。名前のふりがなも含め、名刺にその方の情報をメモすると、次回お会いするときに相手の方をきちんと覚えておけるので良いのですが、決して目の前ではメモしないようにしてください。頂いた名刺はきれいに大切に扱い、メモは帰ってからしましょう。

テーブルの上に置いておく

面談の間、頂いた名刺はテーブルの上に置いておくのが基本です。相手が1人の場合は名刺入れの上に名刺をのせて、名刺入れごとテーブルの上に置きます。もし相手が複数いる場合には、一番立場の高い方の名刺を名刺入れの上にのせ、それ以外の名刺は直接テーブルの上に並べておきましょう。

まとめ

名刺交換のポイントは、立場の低い人から名刺を渡して自己紹介すること、頂いた名刺は丁寧に扱うことです。名刺交換は何度もするうちに、できているつもりになってしまうマナーの1つです。何度か名刺交換をした後でも、間違っているところはないか、失礼なことをしていないかなど、もう一度見直すようにしてください。

 

 

 

発散と解消を知ろう

発散とは、発して散らすと書きます。解消は、解かして消すと書きます。そう考えてみると自分が行うストレスへの対処法が適しているのか、間違っているのかの区別がしやすくなるのかもしれません。アメリカの心理学会によって提唱されている9つの間違った方法は以下の通りです。意外なものも含まれているかもしれませんが、ストレスが溜まった時の対処法としてつい、これらを行ってしまっている人は注意してみましょう。

不適切なストレス解消法

アルコール
喫煙
暴飲暴食
買い物
ギャンブル
ゲーム
テレビや映画
ネットサーフィン

効果的とされるストレス解消法

効果的とされる条件には、脳を休めるということが必須事項のようです。どんなことが効果的なのかを見ていきましょう。比較的簡単なものばかりなので、日常に取り入れられそうなものを見つけてみて実践してみましょう。

適度な運動
運動習慣は、その時のストレス解消効果だけでなく、続けていくことでストレス耐性が身に付いていくのが特徴です。
適性な筋力、血液循環の活性、ホルモンバランス、脳の活性化にも大きな作用があることが実証されています。週に2、3回でも習慣にすることをおすすめします。

メディテーション
意識的に外界からの情報を少なくして、自己の内側や呼吸に目を向けていきます。いつでもどこでも行いやすいものです。血圧を安定させたり、自律神経やホルモンバランスを整える効果があると言われています。ネガティブな気持ちを解消することにも役立ちます。1日5分でも習慣にすることで効果は得られると言われています。マインドフルネスのための手段としても多くの人たちに取り入れられています。

本を読む
本を読むこともストレス解消に効果があるという研究結果が出ています。ストレスの解消だけでなく知識も身に付けることができるので一石二鳥の方法です。好きな内容のものを1日30分でも継続するといいでしょう。読書でのストレス解消を効果的にするのが、そのストレス感知度の記録なのだそうです。

散歩
走るまでをしなくてもゆっくり歩くウォーキングには、ストレスを緩和し、記憶力や注意力が向上する効果があると言われています。目にする緑の量が増えていくごとにストレスレベルが下がっていくとも言われています。夕方の時間に20分ほど毎日歩く習慣を付けるといいでしょう。

マッサージ
手当てでの癒しの効果も立証されています。心拍数が落ち着き、ストレス成分を減らせることが分かっています。リラクゼーション効果は絶大です。自分は何もせずとも、身体がマッサージに反応してストレスを緩和してくれるのはラクですよね。

親しい人と過ごす
家族や親しい友人と楽しい時間を過ごすことで信頼関係を確認でき、自尊心や安心感を得ることができます。ストレスも自然に解消されることが分かっています。よく笑い合い、充実した時間にすることがポイントですね。

音楽を聞く
聴覚からの身体的反応も大きなものです。リラクゼーション効果を期待するのであればスローなテンポのものを選ぶのがおすすめです。基本的には、どんな音楽でも好きなものであれば脳や身体を休ませる効果があるようです。医療機関などでも治療の一環として音楽療法は取り入れられています。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事