身だしなみ

スムーズな名刺交換をしよう

ビジネスで初めてお会いしたときには、名刺交換をするのが一般的です。スムーズに名刺交換ができなければ、初対面の相手に不信感を持たれてしまうかもしれません。問題なく名刺交換できるように、手順をしっかり確認しましょう。

名刺の準備を怠らない

名刺交換の手順の前に、まずは自分の名刺をしっかりと用意しましょう。持っていくのを忘れてしまったり、複数と交換しているうちに名刺をきらしてしまったりすることのないように、出かける前に確認する習慣をつけるべきです。また名刺が汚れていたり、角が折れていたりするのも失礼にあたります。自分の名刺の管理もしっかりしておきましょう。

目上の人から渡す

最初に名刺交換の順番です。立場が下の人が先に名刺を差し出します。例えば、部長と役職のない方が一緒に名刺交換をする際には、役職のない方から先に名刺を差し出します。相手が複数いる場合には一番目上の人に最初に渡しましょう。

先に渡されてしまった場合には

時には、目上である相手の方が先に名刺をだしてしまうこともあるでしょう。その際には無理をせずに先に名刺を受け取った方がスムーズに交換できます。自分が渡すときには「申し遅れました」と一言添えるといいでしょう。

両手で名刺を交換する

名刺は自分の名刺入れの上に乗せて両手で持ち、相手に差し出します。その際に「株式会社〇〇の佐藤と申します」というように自己紹介をしましょう。差し出された方が両手で受け取ります。「頂戴いたします」と一言添えるとさらに丁寧に見えてよいでしょう。一般的には受け取った人も、その後に名刺を両手で差し出し自己紹介します。同じく受け取りましょう。

片手で名刺を交換する

どちらが目上かよくわからないときや、素早く名刺交換したいときなどには、片手で同時に名刺交換することもあります。その際には左手で名刺入れを持ち、右手で名刺を差し出します。受け取るときには、相手の名刺を自分の名刺入れにのせて受け取りましょう。自己紹介は同時に話すことはできませんので、相手と被らないように注意しながら伝えましょう。

内容を確認する

名刺を受け取ったら内容を確認しましょう。もし相手の方の名前の漢字が読めなかった場合にはきちんと尋ねましょう。失礼なことではありません。後々間違った方が失礼になります。名前のふりがなも含め、名刺にその方の情報をメモすると、次回お会いするときに相手の方をきちんと覚えておけるので良いのですが、決して目の前ではメモしないようにしてください。頂いた名刺はきれいに大切に扱い、メモは帰ってからしましょう。

テーブルの上に置いておく

面談の間、頂いた名刺はテーブルの上に置いておくのが基本です。相手が1人の場合は名刺入れの上に名刺をのせて、名刺入れごとテーブルの上に置きます。もし相手が複数いる場合には、一番立場の高い方の名刺を名刺入れの上にのせ、それ以外の名刺は直接テーブルの上に並べておきましょう。

まとめ

名刺交換のポイントは、立場の低い人から名刺を渡して自己紹介すること、頂いた名刺は丁寧に扱うことです。名刺交換は何度もするうちに、できているつもりになってしまうマナーの1つです。何度か名刺交換をした後でも、間違っているところはないか、失礼なことをしていないかなど、もう一度見直すようにしてください。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
上司
ビジネスマネジメント
目次1 交渉前に必須の準備2 数字の威力を存分に使う3 前置きで理解を促す4 要請より、アドバイスを乞う5 分かっていることも聞く6 駆け引...
business
ビジネス人気
 何か依頼を受ける際、社会人はメモを取ることが鉄則。暗記力に自信があっても、人間は忘れる生き物、メモを取ることで仕事を依頼する側も安心して仕...
事務
ビジネスマネジメント
目次1 海外で活躍するための要素は何か?2 グローバルステージで働く問題3 文化を数値化するということ 海外で活躍するための要素は何か? 高...