プレゼン

敬語は3種類

学生時代に習ったとは思いますが、敬語には主に3種類あります。相手を持ち上げる尊敬語、自分を下げてへりくだる謙譲語、丁寧に話す丁寧語です。学生時代に習ったとは言っても、使わなければそのまま忘れてしまいます。今一度確認して敬語をマスターしましょう。

尊敬語は相手を持ち上げる

目上の方など相手を持ち上げるのが尊敬語です。わかりにくい方は文の主語が目上の方だと考えてみてください。例えば、「来る」の尊敬語は「いらっしゃる」です。「部長がいらっしゃる」のように主語が目上の人になります。基本的には動詞に「れる、られる」や「くださる」をつけると尊敬語になります。しかし、「来る」が「いらっしゃる」、「言う」が「おっしゃられる」のように上につく動詞が変形するものもありますので、よく使う尊敬語をまとめて覚えておくといいでしょう。

謙譲語は自分を下げる

尊敬語と反対に自分を下げてへりくだることで、相手を自分より上にするのが謙譲語です。尊敬語とは反対に主語が自分だと考えるとわかりやすいです。例えば、「行く」の謙譲語は「参る」です。「私が参ります」のように主語が自分になります。動詞に「いたす」「いただく」などをつけると謙譲語になります。「お手伝いいたします」「私がさせていただきます」などです。謙譲語も尊敬語と同じく、「行く」が「参ります」、「見る」が「拝見いたします」など動詞が変形するものもありますので、まとめて覚えておくといいでしょう。

目上の人でも謙譲語を使う特例

注意したいのは他の会社の人に対しては自分の上司にも謙譲語を使うということです。山田部長が他社に訪問するということを伝えるときには、「弊社の山田が参ります」となります。主語は山田部長ですが、「参ります」という謙譲語を使っています。名前も部長などの役職名をとり、呼び捨てにするのがマナーです。

よく間違える尊敬語と謙譲語の使い分け

尊敬語も謙譲語も動詞が変形するものがあるとお伝えしました。敬語の使い方でよく間違ってしまうのは、尊敬語に変形させた動詞を謙譲語として使ってしまう、もしくはその逆です。例えば「部長、拝見されましたか?」という間違いです。「拝見する」は「見る」の謙譲語です。目上の部長が主語にもかかわらず謙譲語を使っています。正しくは「ご覧になりましたか?」となります。

言葉を丁寧にするのが丁寧語

文末を「です」「ます」にしたり、文頭に「お」や「ご」をつけたりすると丁寧語になります。言葉自体を変えることで丁寧語になるものもあります。例えば、「あれ」を「あちら」にしたり、「今日」を「本日」にするなどです。丁寧語もまとめて覚えておきましょう。

そのまま覚えると便利な敬語

敬語は難しく考えながら話すというよりも、どんどん使って慣れていくものです。決まっているフレーズも多いので、そのまま覚えてしまいましょう。話の内容を了承したときに使う「かしこまりました」、声をかけるときに使う「お忙しいところ申し訳ございません」「ただいまお時間よろしいでしょうか」、電話やメールで挨拶として使う「お世話になっております」「ご無沙汰しております」などはよく使うフレーズです。

まとめ

敬語を一生懸命学んでも、使わなければ使えるようになりませんし、覚えることもできません。初めは見様見真似でもいいので、先輩の敬語を見ながら、この状況ではこの言葉を使うというのを覚えていきましょう。毎日使っていれば、スムーズに使えるようになりますし、間違った敬語が気になるまでに成長しますよ。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
同期
ビジネスマネジメント
目次1 企業も社員も意識するべきこと2 研修の価値フェーズ3 現場活用の環境を提供する 企業も社員も意識するべきこと 研修の目的はその場限り...
事務
ビジネス人気
男性のビジネスにおける戦闘服なのがスーツなのに対し、女性は比較的自由度が高いです。 必ずしもかっちりとしたスーツが求められる会社は多くはあり...