オフィス

生活習慣を整える

整えるのは生活のリズムです。自分に一番快適なペースを取り戻しましょう。人間の生理的な原理を知ってある程度は合わせることも役に立ちます。できるだけ一定にすることで身体が受けるストレスを軽減することができます。生活の中に体を動かす習慣を取り入れて継続することも大切な要素です。朝の光を浴びて体内時計をリセットすることも有効です。

ペースが整った上で、ちょっとずつ変化を取り入れていくことでメンタル強化に繋がっていくのだそうです。一定の習慣に変化を起こすとで心身に少しだけ負荷をかけ、ストレス耐性が付いていきます。その時の自分の心身に起こる変化をしっかり観察しましょう。

集中することを決める

目標ややることを定める習慣を身に付けます。色々なことが頭の中を占めていると混乱します。混乱の中でものごとを行うと、納得の行くような成果や達成感を得ることが難しくなります。不安や気になることがたくさんあっても、あれこれ思い煩わず「今」を意識することを心掛けましょう。

そのことが結局は、抱えている不安や気になることを払拭する一番の助けになるのです。やることとやらないことを精査する勇気を持つことも立派なメンタル強化のための心理トレーニングになります。またそのことに集中して取り組んでいく中でもメンタルは強くなるのです。

脳にいいことをする

気持ちの良い五感の使い方をしましょう。毎日3つずつ、その日の嬉しかった、良かった出来事を綴ってみましょう。もちろんそれ以上の数を書いても構いません。何気なく通り過ぎてしまいそうなポジティブな出来事を感知する習慣が脳を活性化させたり、活力を漲らせるホルモンや成分を産出させるのです。

口にする言葉も同じです。いい言葉をたくさん使いましょう。誰かに対してだけでなく、自分に対してもいい言葉で満たしましょう。言霊という言葉がありますが、言葉の力は絶大です。言葉を心や耳で感じることで脳も反応を示します。

呼吸は無意識にも行うことができますが、意識して深い呼吸を心掛けることで心身が変わってきます。自分の内面に目を向けたり、集中力や記憶力の強化にも繋がります。ものごとへの反応も柔軟になっていきます。以前は大きなストレスを感じていたことも、それほどでもないということがらを増やすことができるのです。紛れもない心理トレーニングと言えるでしょう。

誰かのために考え行動する

周りの人の視点を捉えてみることの効能はたくさんあります。自分の思考を変えたり、捉え方を変えるには、人の価値観に触れることが最も有効だからです。捉え方が多様にあることをまず知ることです。そして強固に自分の中に居座っている捉え方を徐々に変えていくことへの努力のプロセスがトレーニングになっていきます。

さらにその相手のためになることは何なのかを考えることが、実はメンタルの強化にも繋がります。不安やストレスにさいなまれている時というのは、自分と自分の距離がとても近い状態になっています。他の人のことを考えることで、その自分と少しだけ距離を取ることができるのです。少しでも自分から離れることができると心や脳の解放にもなります。そして解放された時に経験するものごとも、価値のある心理経験として残すことができるのです。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
事務
ビジネスマネジメント
目次1 強みを伸ばすためにすること2 組織で強みを活かすためにすること3 強みを伸ばすために避けること4 強みが伸びるバロメーター 強みを伸...
話し合い
ビジネスマネジメント
決算書には財務3表と呼ばれる3つの種類があります。貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書です。その中の損益計算書について詳しく見てい...
挨拶
ビジネス人気
目次1 ノートは最強の営業資料2 お客様と一緒に作り上げるノート3 商談ごとの一枚を準備4 電子式もおすすめ ノートは最強の営業資料 業種や...
身だしなみ
ビジネスマネジメント
目次1 就業規則は作って終わりではない2 就業規則の記載事項レベル3 就業規則と雇用契約書の内容 就業規則は作って終わりではない 就業規則は...