仕事

ビジネスマネジメント

自社開催とアウトソーシング

大企業では、人事部や社内の特定のプロフェッショナルが研修を担当し、カリキュラムの作成から運営までを行うところもあります。自社に的確な指導力のある人がいなかったり、研修に関われる時間の余裕のある社員がいない場合はアウトソーシングして開催を任せている企業も増えています。特定のスキルの場合は専門のプロフェッショナルからの学びの方が習得度は高いようですが、アウトソーシングの場合は、自社の社風やルールを研修の中で反映させられるかがポイントになっているようです。

職種別研修

営業やカスタマーサービスなど特定の職種に必要なスキルを磨くための研修です。営業であれば、営業戦略の立て方や営業フローの習得、交渉術など顧客接点で必要となるスキルを身に付け、実践力を磨くことが主に行われているようです。カスタマーサービスでは、クレーム対応、業務の中での言葉遣いなどのトレーニングを主体とする企業が多いようです。ロールプレイングでケーススタディーを用いながらの研修がポピュラーなようです。また、特殊技術職の場合は、技術習得のための研修は比較的長いスパンを使って行われているようです。販売、マーケティング、人事や労務、経理や財務、技術開発、生産分野などがあり、ほとんどの場合は、社員に研修参加が義務付けられています。

階層別研修

新人、若手、リーダー、中堅、マネージャー、管理職、経営層などのレベル別の研修になります。また、主任、係長、部長、各アシスタントなどの役職や年齢層によって研修を分けて開催している企業もあるようです。これらのレベル別研修の目的は、それぞれが抱える責任と役割の認識させることが最重要項目です。その役割を果たすために、どういうことが必要か、またそれらをどのように業務に落とし込むのか、成果を上げるための方法などを学んでいきます。必要な能力・知識を身に付け、求められる態度や姿勢などを習得します。学びを深め、自己を成長させる意義を持つ研修になります。

テーマ別研修

テーマ別研修は、企業の事業運営に不可欠で組織全体のスキルアップや能力の向上が必要なものや社員の成長を促すような啓発関連のものが増えてきています。例えば、ビジネスパーソンとして磨いていくべきスキル、身に付けておくと役に立つ内容として、リーダーシップ研修、コーチング手法研修、ファシリテーションスキル研修、モチベーション向上研修、組織活性のための知識と実践のための研修、チームビルディング法研修、グローバル人材についての研修がよく取り上げられているようです。また、英語やその他の特定多国語の研修、ロジカルシンキング研修、プレゼンテ―ション研修、一般社員に向けてのITスキル研修はとても需要が高く、業務への汎用性も広いようです。

そのほかの研修

テーマ別の研修は、社員が自由に選択したり、参加も義務ではないこともあるようです。また特定のテーマについて社員を指定して開催する選抜型の研修も増えています。さらには、組織内の多くの業種とうまく連携を取るためにそれぞれの職種の理解を深める多職種連携研修、自社事業に関連する社外の他業種との連携をスムーズにするための他業種連携研修などは時代の流れを反映したものと言えるでしょう。また職種転換研修などは、異動や転職者のために開催されています。

ビジネスマネジメント

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
ビジネスマネジメント
目次1 お茶の出し方の前に準備2 お茶を持っていく3 上座から声をかけてお茶を出す4 右からが正しいお茶の出し方5 お茶とお茶菓子の並び順6...
ビジネスマネジメント
目次1 感情は出すべきもの2 決めつけない思考3 言葉の力4 相手の感情との付き合い方 感情は出すべきもの 私たち人間は、生活の中で様々な感...
business
口コミ
目次1  SARAスクールとは?2  勉強時間は? どれくらいの期間で資格の取得や講座の卒業なの?3  資格試験免除、卒業課題の提出による資...