ビジネスマネジメント

心理のマネージメント

ビジネスを行っていくのは人です。必ず心が伴います。精神力、価値観、ビジョン、何らかの心があってこそ事業も業務も行っていくことができます。ビジネスパーソンには、これをマネジメントしていくことが求められます。ビジネスでは常に周囲の人との関わりが存在します。そのための心構えや、強さ、コントロールすることを学び、しっかりと管理していく必要があるのです。

自分に湧き起る不安、緊張、怒り、喜び、モチベーションなどをうまくコントロールすることもビジネスマネジメントのひとつです。働くひとりひとりが身に付けておくべきものです。リーダーやマネージメント層、経営層の立場にある人には、組織を取り巻く喜怒哀楽、やる気、一体感などもうまく調整することが求められます。

心理というと病気としての精神治療などもありますが、ストレスに負けない、新しいことに果敢にチャレンジするというような心を鍛えることも必要です。現代では様々な心理トレーニングが各企業でも取り入れられるようになっています。

技術のマネージメント

得意、不得意はあっても、業務に必要な最低限のスキルを身に付けておくことも必要です。さらには、自分の個性や目的に応じた、ならではのスキルを発揮することで活躍の場を持つことができます。

ITスキルから、マーケティング、営業、企画、コミュニケーション、プレゼンテーション、ビジネスに必要な思考力、ファシリテーションなどビジネスシーンでは様々な技術が必要になります。以前はそれぞれ得意な人たちの役割分担によって成り立っていたものでも、昨今では誰もが持っておくべき基礎的なビジネススキルと言われるものが増えています。

変化が著しい世の中では、今持っているスキルで満足していては流れに付いていくことができません。常に探求心を持って知識やスキルを磨いていくことが大切です。そして新しいことに好奇心を持って柔軟に新しいスキル習得のための学びを取り入れる必要があります。

限られた時間の中で、何を選び、どう身に付け、どうやってその能力を磨き続けていくのかということを考え、実行に移し、それを継続していくこともビジネスマネジメントのひとつなのです。

体勢のマネージメント

体をビジネスの中に当てはめると、もちろん健康という面は欠かせないベースの条件となります。さらにそこから、仕事に取り組む姿勢、挨拶や返事などといった基本的な態度、ビジネスで守っていくべきマナーなども必要になります。働く場所を整理整頓することも仕事に向かう際の大切な心構えを作り出します。

社会に属する限り、これらを知り、遂行していくことは必須のものとなります。技であるスキルも無くては仕事が難しくなりますが、体の要素をマネージメントしていくことはビジネスパーソンとして資格として必須のことと言えるでしょう。

当たり前の基本的なことの質を高めるために何が必要か、何ができるかということを日々考え、実践していくこともビジネスマネジメントとして必要になります。

バランスが第一

心技体の3つの要素をバランスよく着実に向上させていくことがビジネスパーソンには求められます。全体からみてバランスを取っていくこともビジネスマネジメントと言えるでしょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事