ビジネスマネジメント

怒りを理解する

喜怒哀楽と感情の中でもメイン要素として認識されている怒りですが、ネガティブな感情には色々なものがあります。不安、嫉妬、焦り、劣等感などはネガティブな感情と言われています。実は怒りというのは、その他のネガティブな感情とは違う特質を持っています。ネガティブな感情が蓄積されて基になることで、怒りが引き起こされるのです。アンガーマネージメントでは、怒りは2次感情であり、不安や劣等感、不信感などが1次感情と呼ばれています。怒りを消すことを難しくしているのは、怒りを責め立てるばかりで根本に対処しないからなのです。怒りの大元を取り除かない限り、怒りの衝動を消すことにエネルギーを費やしてしまうことになります。

怒りのデメリット

アンガーマネージメントでは、1次感情のコントロールと共に、怒りの衝動を抑えるコツについても紹介されています。これは怒りの衝動が巻き起こすマイナス要因があまりにも大きいためとも言えるでしょう。怒りに自分がコントロールされてしまうと、自分にとっても、周りにとっても良い状況は生み出せません。相手は傷つき、自分も後悔の念に駆られてしまいます。そればかりか信頼関係が崩壊してしまったり、大問題へと発展してしまうこともあるのです。

怒りの衝動を抑える

怒りが発生してから心身が反応し、そのピークを迎えるのが6秒間と言われています。世の中には、この6秒間の間に大きな事件や犯罪に発展しているものも多くあります。逆に言うと、このピークの6秒間を何とかして乗り越えることができたら、その後は自分をコントロールすることは簡単になるということなのです。アンガーマネージメントでは、この6秒間にどんなことをすると耐えられるのかがたくさん紹介されています。それらを習慣づけていくことで、怒りが巻き起こす大きな失敗を防ぐことを身に付けていきます。

怒りに繋がる思考の転換

怒りの感情を人が抱きやすくなるのは、自分と他人の違いがある時です。価値観の違い、理想像の違い、認識の違いなどのズレによって発生しやすくなります。これは自分の中の「こうあるべき」の強さと、その狭さなのです。アンガーマネージメントでは、その狭さに着目し、できるだけ許容範囲を広げていくトレーニングが紹介されています。怒りやすい人というのは、怒らなくてもいいことに怒りを感じ余計なエネルギーを使っています。すべての人が「こうあるべき」を持っていることを認識し、永遠に重ならないこともあることを知ることがスタートです。そして、自分のこうあるべきを押し付けないようにすることで許容範囲を広げていくことができます。

怒りの行動を変える

行動することで怒りをコントロールできることを積極的に行います。一方で何をしても変わらないこと、重要でないことに関しては放っておいた方が得策です。現実に自分にはどうすることもできないことはあります。例えば天気は自分で変えることはできません。会社に行けない、約束に遅れるからとイライラしてもしょうがないのです。怒りの矛先は次への行動を考えることにつかいます。遅刻することを適切な人に連絡したり、自宅や天気の影響を受けない場所でできる仕事を考えればいいのです。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事