資料

Win-Winに必要な勇気と思いやり

社会の中でうまく人間関係を構築し、それを長く続けていくには、自分といかなる相手にWin-Winが存在させていくことがコツになります。WinとLoseがある場合、一次的には切り抜けられたとしても、どちらかに無理が生じ、その無理が続けられなくなり、関係自体を長く続けることが難しくなるのです。

Win-Winはどちらにとっても幸せな状態を意味します。どちらにも無理がないのでラクに心地よく付き合っていけますし、その関係によってより良い成果をお互いに得ていくことができるようになるのです。

Win-Winの関係を成立させることは、良いことですが簡単にはいかないことも多いです。勇気と思いやりを持つことができなければ、Win-Winを成立させることはできません。スティーブン・コヴィーの著書:「7つの習慣」でもこのことが明言されています。

Win-Winのための思いやり

Win-Win構築のために欠かせないのが、聴く姿勢です。相手の感情を汲み取り、それに合わせた対処を考えていく必要があります。相手の話を聞くことは、思いやりの精神によるものです。理解して相手のWinとなる要素を見出すために行うことだからです。

聴くことには、得意不得意があるようです。苦手だ、欠点だと認識するなら、傾聴のためのコツやポイントを知り、意識してトレーニングしていくことをおすすめします。傾聴にはかなりの忍耐力を要するので、習慣になっていない人にとっては身に付けるのにある程度の期間が必要になるでしょう。

また聴くことが得意な人は、真逆となる伝えることが苦手な傾向にあるようです。そうなると自分のWinを見失い、いつもLoseの立場に立つことが多くなってしまいます。大切なのは、聴くことの思いやりと主張することの勇気のバランスを整えることなのです。

Win-Winのための勇気

人格を高めることが必要です。上司であろうと部下であろうと、相手の考え方や気持ちに心を傾け、その上で自分の気持ちや主張をしっかりと伝えることが必要です。

勇気がいる場面もたくさん訪れます。たとえ相手と意見が異なっていても自己開示する力は必要なのです。自分の価値観を述べることは、自分のWinを知らせることです。何ら悪いことではないのですが、そのことで相手のWinを奪ってしまうのではないかと考えてしまうことはありませんか?これも勇気の欠如を表すひとつの要因です。

相手を思うという思いやり、優しさの中には、厳しさで表現しなければならないことがあるのです。誤解されるかもしれない、失うかもしれない、リスクを負ってでもという覚悟を持つことが必要です。これもWin-Winを成立させるための大切な要素です。

伝えることが苦手な人は、上手に伝えていくアサーションのトレーニングが助けになります。自分が知っている伝え方、言い方の他にも伝えることの手段や言い回しがたくさんあることを知ることができます。同じことを言うにも、角を立てずに的確に伝えていく方法はあるのです。そういう風に考えれば力まずに伝えらえるという術を学ぶことができます。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
挨拶
ビジネス人気
目次1 ノートは最強の営業資料2 お客様と一緒に作り上げるノート3 商談ごとの一枚を準備4 電子式もおすすめ ノートは最強の営業資料 業種や...
事務
ビジネスマネジメント
目次1 貸借対照表2 資産3 負債4 純資産 貸借対照表 決算書には財務3表と呼ばれる3つの種類があります。貸借対照表、損益計算書、キャッシ...