ビジネスマネジメント

研修参加だけでは無意味

ビジネススキルやマナーは、言葉で説明し覚えさせるだけでは、本当の意味での行動に結びつきません。研修で教わったことだからと行動を徹底する社員がいたとしても、そのスキルやマナーによる効果や成果は低いレベルのものに留まるでしょう。組織で行われる研修を、学校での学習のようなスタイルで行うだけでは、組織が研修を行う目的を達成していくことは難しいのかもしれません。そもそも、組織が明確な目的を持って研修を開催しているかどうかもしっかり振り返っておく必要があるでしょう。どの企業も行うからとか、これが基準だから、まして定例だからという理由で開催しているとすれば、組織にとっても無駄な時間と経費が嵩むだけになってしまいます。

心に浸透する研修

集合研修の目的のひとつに参加者が組織の結束を感じる機会になることが挙げられます。そのために行われている研修スタイルにはさまざまなものがあります。一見仕事とは関わりが薄いように感じられるかもしれませんが、社員の心理面への影響度はとても高く、仕事に対するモチベーションの喚起と維持に役立っているようです。言うまでもなく組織内のコミュニケーションは強化されているようです。

真夜中に数十キロを皆でウォーキングし、励まし合いながら完走する
言葉ではなく絵で表現する場を提供して参加者の対話を促していく
カフェなどのオープンな空間で主体的で創造性のあるディスカッション
経営思考を身に付けるための経営疑似体験ゲームに取り組ませる
英語で協力して成果を狙うチームビルディングと英語習得を融合させる
伝える力、受け入れる、発想のコミュニケーション力をロールプレイングで学ぶ
英語で演じながら遊びのような感覚で身に付けていく

現場で実践機会を捻出する

どんなことを学んだとしても、現場で活用することが無ければ学んだ意味もなくなります。知識はあってもスキル化していくことが難しいでしょう。企業は、テクニカルスキル、ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキルなど、自己啓発など、どんな種類の研修であれ、開催と開催した後の連携体制を整えておく必要があります。

学んだことを、現場で実際にすぐに使う、何度も使う、試行錯誤するという機会の提供を現場のメンバーと協力しながら実現していくことが、求める研修成果に繋がっていくのです。それによって社員の学びの定着は促進され、初めて研修の有意義さを問うことができるようになるでしょう。

社員の意識化も必要ですが、業務に追われるスタッフが、自分のスキルや能力のアップを考える余裕がないこともあります。そもそも、未熟なスキルの活用シーンを見出したり、積極的に使っていくことは難しいかもしれません。それぞれが責任をもって、日々の業務を完了させることのほうに懸命になっているものです。学んだことを活かせる場面というのも、会社側やマネージャーのほうが見極めやすいものではないでしょうか。研修後に、参加者と部署内で、うまくコミュニケーションを取ることを推奨すれば、活用機会を捻出する手助けもしやすくなるでしょう。活用していくうちにスキルの有効性や上達を感じることができて初めて、自発的な行動も促されていくものです。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事