ビジネスマネジメント

クリーニングだけじゃない

スーツは毎日洗濯することは難しいことが多いですよね。今ではジャブジャブ洗えてしまうスーツもあるようなので、そういった素材を活用して、清潔さを保つのもひとつの方法かもしれません。スーツを自分で洗濯する際には、洗剤への配慮も必要になります。適切なものを選ぶようにしましょう。ドライ生地用の洗剤がベストです。洗濯機が使えますと表示されていても、どうしても型崩れはしやすくなることを知っておきましょう。つけ置きや手洗いをおすすめします。手間は掛かるものですが、洗えてしまう種類のスーツは比較的価格帯も低めなので数着揃えられるといいですね。夏場で汗をかきやすい時期には重宝すると思います。アイロン掛けも要るのでアイロンがけのテクニックもこの後ご紹介しています。自分でできてしまえば、クリーニング代は抑えられますね。

クリーニング必須の場合は?

洗濯が不可なら、選択肢はクリーニングということになります。毎日クリーニングに出すわけにはいかないでしょう。それでも汗や汚れのひどいときには、できるだけ早くクリーニングに出すようにしてください。早期であるほど汚れも落ちやすくなります。

毎日同じスーツを着るのは、周りの印象的にも、スーツを長持ちさせる上でもデメリットになります。一日着用したら、次の日は違うスーツを着て、着用したスーツを寝かせる期間を必ず持つようにしてください。型崩れを防止する効果を格段に上げることができます。ハンガーもスーツのサイズに合ったものを使いましょう。肩のラインを崩さない太目で丸みのあるものを選んでください。柔らかいものがより適しているので、ハンガーとスーツの間にタオルなどを挟み込むというのもひとつの方法です。ズボンは、伸ばしたまま吊るしたいところです。クリップが付いていない場合は、タオルを挟むなどして、膝の辺りに横ラインの型がついてしまわないように保管しましょう。

日頃のお手入れ方法

見えないホコリもダメージの原因になります。柔らかい服用の天然素材のブラシでブラッシングを心掛けましょう。スーツの上部から下に向かって丁寧に行ってください。襟の裏にも案外ホコリは溜まっているものです。ホコリだけでなく、虫食いを防ぐことにも繋がります。虫食いがあると一発で着られないスーツになってしまいます。

シワが気になるときは、スチームアイロンで整えましょう。霧吹きを使うこともおすすめします。また必ず、ハンカチなどで当て布をすることを忘れてしまうとスーツをてからせ、生地も傷んでしまうでしょう。

ジャケットのアイロンポイントは、「袖」→「背中」→「前みごろ」→「ラペル」→「衿」の順でプレスするとうまくいきます。袖は、厚めに丸めたタオルを袖に入れ込んで、優しくプレスするとキレイに仕上がります。ズボンは、センターラインが決め手になります。畳んだ状態で「腰回り」→「全体」→「裾」の順に掛けていくとうまくいくでしょう。ドライのままでアイロンをかけてしまうと生地を傷めるので注意しましょう。蒸気のある浴室に1時間ほど掛けておくことでしわを伸ばすこともできます。アイロン要らずの手軽な方法なのでおすすめです。

男性の身だしなみで大切なのは、清潔感と機能性です。
男性は夏場でも取引先に行くときはジャケットの着用がマナーとなっていますし、
激務であっても相手に悟られるわけにはいきません。
どんな状態であっても常にスマートさを求められます。
それを演出するのが身だしなみなのです。
男性のビジネスにおける身だしなみのマナーをまとめましたので参考にしてください。

ふさわしい服装

・スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、革靴、が基本
夏場にはクールビズと言われ、
半そでワイシャツやポロシャツ、ノーネクタイが許可されますが、
お客様対応は基本スタイルで行うのがマナーです。
・スーツ
色は、ダーク系の黒・濃紺・グレーなどがおすすめです。
柄も派手でないストライプ程度に留めるのがよいでしょう。
スーツは体に合ったもので、くたびれないよう定期的にクリーニングに出しましょう。
一着をずっと使い続けると傷みやすいので、
何着か準備してローテーションで使用すると長持ちします。
また、スーツには夏用と冬用がありますので、季節に応じて使い分けます。
・ワイシャツ
色は白が基本ですが、派手すぎないものであれば認められています。
男性は首回り、肩幅、ウエストなどでサイズが細かく作られています。
自分の体に合ったワイシャツを選びましょう。
襟や袖口は汚れやすいので洗濯の際に注意が必要です。
アイロンがけをしシワのないワイシャツを着るのがマナーですが、
最近では形状記憶の商品もありますので活用するとよいでしょう。
・ネクタイ
シチュエーションによって柄やカラーを選択してください。
お客様対応の際はあまり派手なものはおすすめできません。
ベルトの少し上にネクタイの先がくるように結ぶようにしましょう。
・革靴
靴は黒か茶色がおすすめです。
どうしても汚れがちなので、まめに手入れをして綺麗にしておきましょう。
合わせて靴下は黒が好まれます。

ふさわしい毛の手入れ

・清潔感のある髪形
髪はできれば短めに切り、長いようであれば整髪料でまとめることをおすすめします。
カラーに関しては会社の基準に従い、派手すぎないものにしてください。
相手から表情がはっきりとわかる髪型が適切です。
また、男性が気をつけるのはふけです。
黒いスーツにふけが落ちるととても目立ちます。

・髭は基本的に剃る
一般的な会社では、髭は剃り残しのないようにするのがマナーです。
会社によっては、清潔に整えてあれば可の場合もありますので確認が必要です。

そのほかに気をつける点

・鼻毛を処理する
・爪を整える
・顔がてからないようにする
・口臭、体臭、アンモニア臭、香水、整髪料の匂い
人と接する際に相手を不快にさせてはいけません。
食事後に歯を磨くなどして口臭に気を付けましょう。
体臭は年齢が増すとどうしても出てくるものですが、消すのがエチケットです。
香水も度合いによっては相手に不快感を与えますので、
適切な量を心がけましょう。

まとめ

身だしなみも仕事の評価の一部です。
第一印象でもあり、好感度にもつながる大事な要素です。
仕事を第一優先にし、疎かになりがちですので、
朝出勤前、お客様対応をする前など節目で
身だしなみをチェックする時間を設けるようにしましょう。

 

怒ると叱るの違い

怒っているから叱るというプロセスは成り立ちません。怒るという感情は自分視点の常識から外れていることに対して湧いてくる感情です。叱るとは、○○はダメ!○○をしなさい!○○は良くない!など指摘が伴います。ここに怒るという自分の感情をそのまま乗せてしまうのは良い叱り方ではないのです。さらには叱ることにも当てはまりません。単に怒っているという感情を相手にぶつけてしまうだけになるのです。

叱るという言動は、相手に向けるものなので、本当に相手のためになるものでなければならないのです。怒って叱るその内容は本当に相手のためになるものか、マネージャーはこの点に常に立ち返らなければならないのです。

怒るは自分の中に発生するもので、マネージャーでなくても、表に出す時は一定のコントロールが必要になります。叱るは、相手のためになることが発せられなければならないのです。

怒りの認識が先

マネージャーも人間です。部下の行動や態度に対して怒りの感情が湧くこともあるでしょう。しかし、自分が怒りの感情を抱いていることを認識せずにアクションを起こしてしまうのはマネージャーとしてだけでなく、ビジネスパーソンとして、さらには組織人として失格です。

まずは、怒りの感情が湧いたときには、即座に自分が怒っているという認識をすることが大切です。これにはトレーニングが必要な人もいるかもしれません。怒りの感情と叱ることを区別しないと、相手へのメッセージは伝わりません。

叱る時でも、必要となれば、敢えて声を荒げたり、強い語調にすることで影響力を持たせます。これは、カッとなって瞬間的に反応する怒りとは全く別物なのです。

上手に叱るには?

マネージャーは部下の教育をしていくことも仕事の範疇です。きちんと部下が理解し、納得の上で行動に移してくれるような叱り方をしなければなりません。怒りの感情に任せることなく叱るためには、具体的にどのような意識を持てばいいのでしょう。

すぐに反応をしない
怒っているという自覚がある時は、冷静ではありません。的確で相手のための言葉が浮かぶことは少なく感情論になることが多いです。気持ちが鎮まるまで待ちます。

指摘ポイントを絞る
感情が先に立つと、言葉を考えなしに捲くし立てることがあります。中身が絞られないので相手は何について叱られているのかが良く分かりません。冷静になった後に、指摘するポイントは何で、どのように指摘すべきかをしっかり絞って伝えることが大切です。だらだらと長く伝えていくのではなく、短く簡潔にするのが効果的です。

叱る基準を持つ
冷静な時に、マネージャーとして叱ることと、叱る必要のないことのボーダーラインを設けておくと、自分の指示に一貫性を持てるようになります。人によって変わったり、時と場合によって変わるような叱り方は部下の混乱を招くのです。

叱る目的を明確に伝える
叱っている内容の目的をしっかり認識しない部下は行動に移しません。行動に移したとしても指摘の本質を理解していないので的を射た行動ができないことが多くなります。そうなると叱った意味はなくなり、指摘を繰り返す状況が再発するのです。何のためにそれが必要なのかという点をしっかり伝えるようにします。

上座と下座の存在

日本のビジネスパーソンであれば、上座と下座についての知識を知っておかないと大きな恥をかいたり、相手に対して失礼になってしまうことがあります。上座、下座とは、空間の中で、人の立場によって座ったり、使ったりする位置が異なることを指します。上座が位の高い人、偉い人、お客様など敬うべき人の位置になります。宴会などでの席、会議室や応接室、複数の人が車に乗るとき、またエレベーターに乗るときにも上座と下座の認識が必要になります。基本的には、入り口から遠い席が上座、入り口に近い席が下座となります。目上の人やお客様に敬意を表したり、おもてなしする際に活用されるルールです。新入社員の場合は、いつも下座の意識を持っておく必要があるでしょう。基本的には、出入りのためにすぐに動ける場所と考えておくといいでしょう。

宴会席などでのマナー

宴会席の場合も会議室や応接室のルールとほぼ変わりません。中華等では円卓も考えられます。この場合も、一番奥が上座になり、その最上位を基点に、左右に交互に埋めていくことになります。歓送迎会では、役職や上司と部下という関係性よりも、その宴会の主役が存在しているはずです。席順は、幹事となる人が取り計らってくれると思いますが、できるだけ上座を勧められ、参加者と話しやすい場所に座る配慮をしてもらえることでしょう。新入社員は、いつでも動けるように、下座に座る意識を持つことが原則ですが、勧められる場合は従うようにしましょう。

会議室などでのマナー

会議やミーティング、商談などの際に使われることになる部屋の上座はの基本も入り口から遠い席が上座、入り口に近い席が下座になります。洋室では、長椅子でゆっくりくつろげるほうが上座に置かれていることがほとんどでしょう。和室の場合は、床の間のあるほうが上座になりますが、眺めの良い窓が見える方、見て楽しめる絵画などがある場合は、それらが見える位置に目上の方々に座ってもらうのがマナーとなります。

車に乗るときのマナー

車の場合は、2通りが考えられます。運転手も関係者の場合は、運転席の隣が一番上座になります。続いて、後部座席の運転手の後ろが2番目、助手席の後ろが3番目、もう一人いる場合は、中央が一番の下座ということになります。
運転手がタクシーのドライバーなど部外者になる場合は、運転席の隣の助手席が一番下座になることを覚えておきましょう。上座は、運転席の後ろになり、続いて助手席の後ろ、中央の順になります。
車の場合は、人数や乗り合わせる人の立場によって上座、下座の位置が異なってきます。第一に考えるのは、お客様など優先したり、敬ったりする必要のある人の心情を慮って配慮することです。

エレベーターのマナー

エレベーターでは、操作ボタンに近い方が下座です。したがって、操作しない方が上座となります。下座に立つ立場にあると思ったら、エレベーターに乗る前から、操作ボタン側に立ちましょう。目上の方々をエレベーターの中にご案内し、くるりと回るような姿勢で、操作ボタンの前に立ちます。数名いる場合は、上座の人から円を書くように位置するのがマナーとなっています。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事