ビジネスマネジメント

見た目は相手の本能に訴える

見た目と中身は違うと思いたい人もいるかもしれませんが、人が相手を見た目で判断することは本能によるところが大きいと言われています。ビジネスマナーとしての見た目を整えるポイントは、高級なものを身に付けたり、華美に着飾るということではありません。これらのことは、返ってマイナスになる要素でもあります。ビジネスシーンでの見た目を整えるセンスの肝は、気にさせないことです。スタンダードなビジネスマナーは、ビジネスパーソンの共通のものです。それに沿うことが大切なのです。業務に集中することに繋がるのです。マナーに即していれば、見た目で相手を不快にさせることはありません。

新入社員としてのやる気

やる気があって、誠意を持っていたとしても、自分の見た目に配慮できなければ、それはビジネスパーソンとしてのやる気を疑われてしまうことになるでしょう。やる気があるからこそ、見た目にまで気を回すことができるのです。就職面接などでは、細部にまで気を掛けて臨みますよね。内定が決まり、入社して、気持ちがいっぱいいっぱいになって身だしなみが疎かにならないように気を付ける必要があります。

見た目が相手の本能に訴えるということをご紹介しましたが、人は無意識にも、相手とどのように向き合うべきかを見た目で決めます。つまり、コミュニケーションの取り方にも影響してくるということなのです。身だしなみがだらしないと、私生活や生活習慣が、ガサツなのかもしれないと捉えられてしまうのです。身だしなみは、仕事に対しての向き合い方をイメージさせるものでもあるのです。特に、髪や爪、顔などのケアはどんなシチュエーションであっても徹底しましょう。基本的な必須条件になるので疎かにならないようにします。

服装はTPOを考える

ビジネスシーンと言っても、業種や企業の雰囲気やスタイルによっても微妙にルールが異なってきます。入社時は極力スタンダードであることを心掛けますが、だんだんと職場の雰囲気や業務の特徴が分かってくるでしょう。周りの人の服装や接する人たちに応じて、よりフィットさせていくといいでしょう。思ったより動くことの多い仕事であればパンツスタイルのほうが良かったり、外部の人との接点が少ないようであれば、かっちりしたスーツより、オフィスカジュアルが場に馴染むということもあります。

新入社員は先輩に聞く

分からないときは、先輩たちに聞いてみることをおすすめします。業務の状況を把握している人に聞けば、TPOがより確実ですし、仕事もスムーズに進められるようになるでしょう。自分の服装の印象を聞いてみてもいいかもしれません。実は社会人になると、なかなか相手の見た目への指摘はしにくいことなのです。印象を聞くことで、服装より、その髪型!髪の色!と、普段言いにくいことを指摘してもらえるかもしれません。ちょっと硬いイメージがあるから、もう少しラフでもいいんじゃない?と言ってもらえることもあります。言いにくいけど、眉毛が伸びすぎている、時々、鼻毛が気になるとさらりと言ってもらえば、さらに気を付けることができます。そういうことも、気軽に話せる雰囲気づくりのためにも「きちんとできていますか」と聞く素直な姿勢は大切です。

 

 

 

 

始業時間は、あくまでも会社の業務をスタートさせる時間です。よってそれまでに席に着き、始業時間にはスグに仕事を開始できる状態に準備しておく必要があります。できれば始業15分程度前には出勤しておきたいものです。
本稿では始業開始後にスグ業務に取り掛かるための、始業の準備について解説いたします。

始業時間は業務を開始する時間

始業時間=出勤時間ではあません。始業時間はあくまでも、会社の業務を開始する時間。始業時間には既に業務を開始できるように準備を行う必要がります。始業前の準備内容は、会社の業務内容によって異なるケースも多いですが、オフィス勤務者が始業前の準備として行いたい点を下記にピックップしました。

①デスク周辺の掃除や整理を行う
朝出勤したら、デスク周辺の掃除や整頓を行いたいもの。業務中はデスク周りが散らかり気味であり、また業務時間中には掃除をする余裕もありません。朝出勤後にデスク周りを掃除することで、ほぼ毎日一日中デスク周辺をキレイなままで仕事に入ることができ、業務効率を上げることもできます。

②1日の業務内容や手順を確認する
その日にやるべき仕事の順番や優先順位を確認します。To Doリストを作成し、文字で表すと、やるべき仕事の内容がより具体的に浮かび上がります。やるべき仕事をいつやるか等、仕事の段取りも朝最初に組むと、業務にスムーズに入ることができます。また午前の仕事、午後の仕事と分けて考えると、より効率的に業務を進められるケースもあります。
朝、その日に行うべきことをリストアップして段取りを組むと、驚くほど業務効率が上がることがありますので、その日の業務のリストアップは是非オススメします。

③PCを立ち上げてメール等を確認する
仕事にメールは欠かせないツールとなってます。朝最初にメールの確認だけして、対応できるメールは朝早い段階で対応するのがオススメです。一人で対応できない等、対応時間がかかるメールについては、どのタイミングで対応するかをメモに残す等して、対応を忘れないように注意が必要です。
業務によっては、朝既に大量のメールを受信しているケースもありますが、メールを仕分ける能力も、業務効率向上の大切な能力となってきます。

ギリギリの出社はNG

既に述べている通り、始業時間は業務を開始する時間であって、出社する時間ではありません。社会人として遅刻をしないのは当たり前。事情がありタマに始業時間ギリギリに出勤する程度であれば、上司も多目に見ることができますが、毎日毎日始業時間ギリギリに出社するのは、社会人としてNG。学生気分のまま、始業時間=出社時間、と勘違いしてる方が案外多いので、注意が必要です。

まとめ

そもそも始業時間ギリギリに出勤して、まともに準備もせずに業務に取りかかっても、満足な仕事ができるとは思えません。仕事にはやはり準備の時間が必要であり、朝の始業前の時間は業務のために非常に大切な時間と言えます。始業前に仕事の段取りをしておくと、その日の業務効率が非常に上がるのは、一度やってみると特に効果が実感できます。

学生気分のまま、遅刻しなければいいや、というのでは社会人は通用しません。始業15分前までに出勤をして、始業時間にはスグに業務を開始できるように、準備を行いたいものですね。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事