ビジネスマネジメント

上司も先輩も教えるプロではない

ビジネスシーンでは、分かりやすく説明することが求められます。でも、上司や先輩は仕事ではプロフェッショナルであっても、教えることのプロフェッショナルではありません。教え方が上手な人もいれば、教えるとなると苦手意識を持っていたり、教え方が上手ではないということもあります。これは、上司や先輩が、仕事ができるようになったプロセスのタイプにも起因すると言われています。どういう覚え方をしてきたか、どういう教わり方をしてきたか、また、教えることについて、ひとりひとり信条が異なる場合もあります。教わったり、質問する側となる新入社員も、上手に教わっていくための心掛けは欠かせないものとなります。上手な教わり方をすることで、上司や先輩たちの教える意欲を引き出すような社員を目指しましょう。結果的には、覚えて、不自由なくできるようになることが目標です。上司や先輩にとっても同じく、新入社員に、覚えて、できるようになってもらうことが目標になります。任せきりではなく、積極的に吸収しようという姿勢が大切になります。

感謝の気持ちを忘れない

上司や先輩にとって、責任はあったとしても、教えること自体は各自の仕事ではありません。それでも自分の業務の時間を割いて疑問や質問の解決に関わってくれるとしたら、大きな感謝に値するということを常に心に留めておくことが必要です。直接対応する時間だけでなく、分かりやすさのために工夫したり、役立つ資料を集めたりと、そのほかの時間を費やしてもらっている可能性もあります。そんな上司や先輩の心遣いを見逃さないようにしましょう。きっと自分のモチベーションにもなるはずです。

理解したら素直に取り組む

何ごとを学ぶにしても、教わるからには素直さを持っていることが大切です。素直に聞いてやってみる、書いてみる、など行動に変えてみましょう。きっと、経験したことのない学びの状況が待っていたり、成果を実感することが増えていくでしょう。その上で自分で考えてみる、検討してみるということは新入社員であっても必要なことと言えるでしょう。聞いた瞬間から、否定したり、聞き流したり、反感を持ったり、疑念を持ったりしていては、教える側も、教える術を失ってしまうものです。何を言ってもどうせやらないから…と受け止められてしまうという最悪の事態を避けるためにも、素直な実行を心掛けましょう。

分からないことを分解して聞く

新入社員の時期というのは、教えられていることの要領を得られず、ちんぷんかんぷんになることもあります。そんなときは、今、学んでいることは何かと言う全体を捉えて、それを細分化することをしてみてください。全体的な目的が分からなければ、上司に聞いてみることも一策です。到達地点を聞いてもいいでしょう。それが分からないと、何を見聞きしても、理解しにくいので、吸収していくことが無駄になることが多くなるからです。そして分かっているところまで細かくしてみるのです。すると、だんだんと覚えることの繋がりが見えてきて腑に落ちるということが増えていくでしょう。焦ることもあるかもしれませんが、質問などの事前準備にもなるのでぜひ実行してみてください。

歓迎会では、お酌が必須!タイミングは?

歓迎会では、予定の時間になって、メンバーが揃ったところで始められるでしょう。幹事さんや参加者の中で一番偉い人が挨拶をされることも多いと思います。さらに主役の新入社員にも、きっと挨拶が求められることでしょう。手短にしっかりと準備をしておきたいところです。そして、乾杯の音頭で、歓迎会が始まります。乾杯なんだなと思ったら、全員にグラスが行きわたっているか、すべてのグラスに飲み物が注がれているかを見渡します。空いているグラスを持った人がいたら、すぐに注ぎに行きましょう。準備が整ったら、両手でグラスを持って、乾杯の声で目線にグラスを上げましょう。みんなと乾杯をしている意識を持ってください。意外とグラスの高さは、見られているものです。ビジネスに限らず、マナーのひとつとして覚えておきましょう。そして、それぞれお料理にも手を付けていきます。一人で黙々と食べ始めることのないように、周りの人に合わせていきます。しばらく経つと周りでもお酌回りが始まります。そのタイミングで自分も動くようにしましょう。先輩たちが、お酌して回るように促してくれるかもしれません。

歓迎会では、お酌が必須!順番は?

参加メンバーの中で一番偉い立場の人からお酌に行きます。立場の順番が分かりにくいときは、周りの先輩にそっと聞いてみるといいでしょう。新入社員の時期ですから、誰がどんな立場の人だか分からないことは周りもよく分かっているので、教えてくれると思います。順番を、きちんと心得ているんだなという良い印象すら与えるものです。そのついでに、話のネタとか、好きな飲み物の種類の追加情報ももらえるかもしれません。こういうこともコミュニケーションのひとつと考えて、気楽に確認していきましょう。失礼を避けるというだけでなく、周りとの接点になります。その後に、教えてくれた先輩にお酌するときには、お礼も言えますよね。すべての人に順番を気にする必要はありません。他の人と話をされているようであれば、後ろでジッと待っているより、他の人からお酌を進めたほうが自然です。

歓迎会では、お酌が必須!やり方は?

グラスや杯が空いていたら、注いだり、注文しましょうかと勧めましょう。自分で注ごうとされているなら、すぐに瓶を受け取って注いであげるようにします。細かいことですが、瓶はラベルを上向きにして、必ず両手を添えて注ぐようにします。くれぐれも片手で済ますことのないようにします。目の前の人だけでなく、周りの人の目にも片手で飲み物を注ぐことはとても印象を悪いものです。また返杯を受けたり、自分のグラスに注いでもらう際にも必ず両手で受けます。そのためにも、お酌に回るときは、自分のグラスも念のため持って行くといいでしょう。その場のグラスや杯を使わせてもらう場合は、そっと脇に置いておけばいいのです。お酌に回るときは、必ず会話をしましょう。当たり前のことですが、お酌がメインになってしまっては意味がありません。何を話すかと考えてなくても、案外、相手のほうが話題を振ってくれることも多いものです。名前を名乗って、宜しくお願いしますということから始めてみましょう。

 

 

 

 

最近では女性の社会進出が進み、女性が活躍する社会が構成されています。
それもパートアルバイトに留まらす、正社員で男性と肩を並べて働く女性も増えています。
事務職であれば社内にいることがほとんどなので、服装も自由度が高いですが、女性の営業職の方はどんな格好が好まれるのでしょうか。
以下にまとめましたので、是非参考にしてみてください。

服装はかちっとシンプルで動きやすさ重視

営業の場合はジャケットの着用は必須です。
袖の短いものもありますが、基本的には長袖です。
丈の長さはお尻が半分隠れるくらいで、
色はネイビー、グレイ、ブラック、ベージュから選ぶと良いでしょう。
よく動く人に関してはストレッチ素材のものも動きやすくて良いです。

下はパンツかタイトスカートを選びます。スカートの場合はひざ丈にし、短くなりすぎないように注意します。
スリットの大きく入ったものも控えましょう。
色はジャケットと同じ、ネイビー、グレー、ブラック、ベージュ。そして柄物を選ぶのであれば、チェックやストライプ、千鳥柄なら許容範囲です。
柄物を選ぶときは、ジャケットとの色合いを考え、変にゴテゴテしすぎないように気をつけましょう。

インナーはシンプルなものを選びます。
シャツ、カットソーなどで襟の開きすぎていないものが好ましいです。色は白などの優しい色味から選ぶと良いでしょう。下着が透けないことも確認しましょう

ストッキングの着用は必須です。電線に注意しましょう。黒のストッキングはデニールの数が低いものを選び、あまりカジュアルになりすぎないようにします。

靴はパンプスでヒールは5センチくらいが好ましいです。オープントゥーはカジュアルなので避けたほうがいいでしょう。また外回りのことも考えて、つま先部分にクッション材が入っていたり、足と地面に少し厚みがあるものを選ぶと歩いている最中に痛くなりにくいです。さすがにないとは思いますが、サンダルはNGです。

髪型

ポイントは表情がしっかりと見えるようにすることです。前髪が目にかからないようにすることや、フェイスラインが見えるようにすることで、相手から顔が見えるようになります。営業の場合は外回りですので、あまりこった髪型ではなく、シンプルにまとめるのが良いでしょう。

アクセサリー

装飾品に関しては絶対NGというわけではありません。ただ、華美なものと高価なものは避けましょう、
ピアスで言えば、ワンポイントで小ぶりなもの、
ネックレスで言えば、小ぶりで派手でないもの、
指輪はいくつもつけない、
ブレフレットは細くて音の立たない邪魔にならないものを選びましょう。
また腕時計は営業にとって必須アイテムです。
あまり高価でなく時間の確認しやすいシンプルなものを選びましょう。

  1. まとめ

女性なので、仕事とは言えオシャレもしたいものですよね。しかし、ビジネスの場では派手さではなく質の良さでオシャレをすればマナーを逸脱することはありません。
スーツの記事の良さ、アクセサリーの素材の良さなどを活かせれば、清潔感のある大人のオシャレを楽しむことができます。ぜひご自身の服装を見直してみてはいかがでしょうか。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事