ビジネスマネジメント

ネットニュースのシェア

年代が若ければ若いほど、ニュース記事をタブレットやスマートフォンで読んでいる確率が高くなっているのだそうです。全年齢層でのネットニュース活用も近年では7割を超える勢いで普及しているようです。確かに新聞に比べると、携帯の必要はないですし、小さな画面で、いつでもどこでも読むことができます。しかも定期購読登録をせずとも読めるニュースは世の中に溢れているのですから、活用しない手はないようにも思えます。ただ、社会人、ビジネスパーソンとしては、新聞を読むことの必要性とメリットも知っておいた方が良さそうです。またネットニュースの特性もきちんと把握しておくことが大切です。

新聞のメリット

短時間で記事の内容を把握するには紙媒体の新聞に分配が上がります。決められたフォーマットで一貫性が保たれているという点も読みやすさの要因です。視界の中に入る文字量が電子媒体より多いので負荷も少なく内容を把握できるのです。信ぴょう性の高い記事が見つかるのは断然、紙媒体の新聞です。また、新聞の全体を一覧して、自分の読む内容を選択できるのも利点なのです。時間が無くても、1日のニュースを見出しだけでも俯瞰して把握することができることはビジネスシーンでも役に立っていくのです。新聞は、関心のない記事が自然に目に入ってきます。視点を広げるという点ではビジネスパーソンの重要なニーズを満たすものと言えるのではないでしょうか。これはネットニュースの特質上敵わないこととも言えます。新聞は記事と記事に連携性が保たれています。1日のニュースの中でも繋がりがありますし、日を変えても繋がりは意識されています。経済などのトピックでは、初心者でも理解できるように解説されていることが多いです。

ネットニュースのデメリット

ネットニュースは、ひとつの本当の記事に対して、いくつも派生したニュースが出ています。一見情報量が多いように取られがちですが、選択肢が多すぎるために混乱しやすくなります。また信頼できる記事かどうかという点も何度も校閲を経ている紙媒体に比べると劣ってしまうニュース記事があることは否めません。視界の中に広告が入ることは読む集中力を削ぐものです。無料のニュースは、ニュースの発信を主な目的にしているというより広告への注目を狙っていることがほとんどと言えるでしょう。ネットのニュースは選択肢は多いのですが、自分で選択した分野や内容だけを視界に呼び出します。ここで偏りが生じてしまうのですね。また、自分で選択をするので単発の情報を得ていくばかりになります。どれだけ読んでいたとしても体系的に学習するという域に達することは難しいのです。

どちらもメリットを活用する

ニュースを読むことはビジネスパーソンにとって大切な知識習得と能力アップの機会になります。ただ、溢れる情報の中で得た情報をどのように捉え、どのように活かしていくか、常に考えながらニュースの選択を精査していくことが必要なのだと思います。新聞の記事は、人との会話に役立ちます。自分の興味以外の内容を把握できるので、ネット上で自分の興味だけを把握しているよりも会話は広がりを持つはずなのです。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事