お茶の出し方の前に準備

来客者へきちんとおもてなしができるように、正しいお茶の出し方を覚えましょう。まずは給湯室での準備です。給湯室で湯呑み茶碗にお茶をいれたら、お盆にお茶をのせましょう。この際に茶托と湯呑み茶碗は別々にのせます。茶托はお盆の上で重ねて置いてください。もしお茶菓子を一緒に出す場合にはお茶菓子も一緒にお盆にのせます。スペースが余れば一緒に清潔なふきんも用意しておくといいでしょう。

お茶を持っていく

お茶をのせたお盆は両手で持って歩きましょう。ノックをして「失礼いたします」と声をかけ、応接室に入ります。応接室に入ったら、お客様の手元にお茶を持っていく前に、お盆をサイドテーブルに置きます。お盆の上で、茶托に湯呑み茶碗をセットします。ふきんを持っているときは、セットする前に湯呑み茶碗の底をふきんで拭きましょう。茶托を両手で持って、1つずつ運んでいきます。

上座から声をかけてお茶を出す

お茶は上座からお出しします。通常は入り口から一番奥が上座になっています。お客様が3名以上来られていて、奥側に横並びで座っている場合には、真ん中の方が一番上座になっています。応接室の上座は事前に確認しておきましょう。面談中にお茶を出すときには、小さな声で「どうぞ」と言ってお出しします。面談中でなく、応接室でお客様をお待たせしているときであれば「日本茶でございます。どうぞお召し上がり下さいませ。」と丁寧に伝えましょう。

右からが正しいお茶の出し方

お茶を飲まれる方の右側からお茶を出し、右側に置くのがマナーです。とはいえ、右側に壁があったり、右側にスペースがない場合もありますので、そのときには無理せず、左側や、向かい側からお出しして下さい。その際には「前から失礼します」と一声かけましょう。

お茶とお茶菓子の並び順

お茶菓子を出す場合には、お茶が右側、お茶菓子が左側になります。もしお茶菓子と一緒におしぼりもだす場合には、おしぼりはお茶の右側になります。左から、お茶菓子、お茶、おしぼりの順になります。このようにいくつかのものをお客様に出すときには、袖越しといって、先に置いたものの上を別のものが通ることのないように順番に気をつけましょう。右側から出すときには、一番左端になるお茶菓子を最初に出し、次にお茶、最後におしぼりになります。

お茶をだしたらすぐに退散

お茶を出したら、長居せずにすぐに退散しましょう。お盆やふきんは持ち帰ります。応接室のドアの前で「失礼します」と言い、お客様に向かって会釈してから退出します。面談者をお待たせしているときには、「もう少々お待ち下さい」といってから、「失礼します」と退出しましょう。

長引いたらお茶を取り替える

面談が1時間以上かかっているときには、1時間おきにお茶を取り替えます。最初が日本茶であれば、コーヒーにするなど、飲み物の種類を変えると親切です。応接室に入ったときに「失礼いたします。お茶をお取り替えいたします。」といって会釈し、上座から取り替えていきます。

まとめ

お客様にお茶をお出しするのは、おもてなしです。お客様は面談をするために来客していますので、面談を妨げないように配慮することが一番大切です。出す方向やお茶を置く位置など決まりはありますが、臨機応変に対応し、お客様が気持ちよく過ごせるように配慮しましょう。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
親族が亡くなったとき、通夜や告別式の準備で会社を休む必要があります。関係の近さによっては長期の休暇となるため、早めの連絡が欠かせません。本稿...
business
ビジネス人気
 社内会議では発言を求められることも多くあります。社内会議で話をする際にも、気を付けるべきマナーが存在しています。緊張で忘れてしまうこともあ...
女性
ビジネスマネジメント
目次1 業務の見える化を行う2 働き方の多様化の促進3 無駄な時間の削減4 働き方改革を行う本来の意義の共有 業務の見える化を行う 組織運営...
スーツ
ビジネスマネジメント
目次1 第一印象は身だしなみで変わる2 髪型の身だしなみチェックポイント3 服装の身だしなみチェックポイント4 靴の身だしなみチェックポイン...