ビジネスマネジメント

焦りを止めるためには

焦りを感じている自分を認識することから始めましょう。焦ってもいいと思うことが先決です。実は焦りはモチベーションの一種とも考えられます。到達したい、向上したい何かが存在しているからこそ湧いてくる感情ではないでしょうか。悪いものではないのです。

でも、過剰に感じるのは、焦りをもたらす現実自体を良い方向に向かわせることを非効率にします。焦ってやることには失敗や間違いがよくありますよね。焦りを解消するには、急がばまわれを自分に許してあげましょう。その方が確実に着実に進めるのです。

焦ってもいいけど、焦ってもいい結果は生まれにくい・・・言い聞かせてみましょう。

今に集中する

焦りは今ない未来の到達地点のことが思考を占めた状態になっています。ものすごくもったいないことに気付きましょう。自分が実在し、実感するべき今に心がないからです。どんなに未来の理想像があったとしても、今しか見れないこと、今見ておいた方がいいもの、できることもたくさんあるのです。良いこともたくさん起きているはずなのに焦りにさいなまれてしまうと、嬉しさや楽しさを感じる機会すら逃してしまいます。

そんな今を過ごしてしまうと、実は理想の到達地点からどんどん遠ざかってしまうのです。未来の想像によって成し得ることはとても少ないのです。できるのは今の積み重ねでしかないのです。焦るより、今できることに集中することが大切と知りましょう。

逆説になりますが、思いっきり未来の理想像を描いて、あたかも今の自分であるかのようにイメージすることが焦りの防止や解消に役立つと言われています。リラックスして理想像を過ごしている自分の感覚をできるだけ細かく感じてみることでいい感情が湧き、自分を客観的に見ることがより簡単になります。どうしてもぬぐえない焦りがある時にも有効です。

強制観念の把握と転換

焦りが強くなると、自己否定感も強めてしまうことがあります。今の自分ではダメ!もっと向上しないとダメ!これでは自信すら薄れてきてしまいます。未来の目標や理想の姿を見るのは良いことですが、そうでなければならないという強制感が無いか確認してみましょう。なぜそうでなければならないと思うのでしょう。これらが焦りを生じさせているならせっかくの自分を向上させるため、ステージを上げるための未来像も本末転倒、自分を苦しめることになってしまいます。

本当にそうなのか自分に聞いてみましょう。不要な焦りに気付けるかもしれません。自分で勝手に作り出している心の中のルールに気付くことができたら、その焦りを、ワクワク感やモチベーションに変えることは簡単になるかもしれません。難しくてもそのルールを破ることを一度試してみてください。ポジティブな心理トレーニングであることを実感できるはずです。

期待や願望の把握と転換

焦りがある時、周りに対する期待や願望を抱いていることもよくあります。こうしてほしい、こう思って欲しい、もしくは嫌われたくない、笑われたくない・・・それを叶える自分になるために必死になっていることはないでしょうか?

まず、自分と周りの基準は異なることを知りましょう。焦りは自分基準によって発生しているものと気付いてください。そして自分の外側には、どこにも焦りの焦点を合わせる地点は存在しません。自分の中に尺度を持てば、焦りは収まっていくでしょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事