電話

プレゼンの質は準備で決まる

ビジネスシーンでプレゼンテ―ションが必要になる機会は増えています。ビジネスパーソンなら誰もが身に付けておきたい重要なスキルのひとつでもあります。プレゼンの機会を与えられたら、効果的でインパクトのあるプレゼンテ―ションで成果や結果に繋げていきたいものですよね。上手なプレゼンテ―ションを行うためには、何よりもその準備を入念に行うこと、つまり準備に時間を掛けることが結果的な早道となります。その準備のポイントを見ていきましょう。

プレゼンテ―ションに必要な情報

必要な情報として多くの人が「伝えること」を思い浮かべると思います。しっかり伝え、アピールするために必要な内容は何なのかを考えて、そのために情報収集に取り掛かることになるでしょう。間違いではないのですが、重要不可欠な視点を覚えておきましょう。

そのプレゼンテ―ションの相手は誰か
その相手は何を聞きたがっているのか
その相手の期待を満たす情報は何か

これらのポイントをまず最初に考え、認識するようにします。これらを見極めにくいのであれば、それを知るための情報収集が必要になるかもしれません。これらのことを踏まえてプレゼンテ―ションの準備を進めていかないと、その先の工程は無駄になることもあります。

構成を先に考える

プレゼンテ―ションをどのような構成や流れで進めるのかを決めます。資料やスライドを作り始める前に行うのが鉄則です。これを行わないままに作成を開始すると、まとまりのない内容になりがちです。さらには、作成段階で混乱が生じてなかなかまとまらないということにもなりかねません。相手の知りたいことと、自分の伝えたいことをよく摺り合わせて内容をピックアップします。

あちこちに情報を散らばせないのがコツです。ノートの1ページにプレゼンテ―ションの始まりから終わりまでの大枠の内容を収めてみましょう。全体を捉えることが容易になります。理解しやすい流れのストーリー構成になっているかを検証しましょう。細かい言葉やポイントはそのあとです。

練習、推敲は何度も行う

構成までをきちんと整えてから作成をすると、そうでない時よりも格段に短い時間で資料やスライドを作成できるようになります。完成したら、本番さながらの練習を何度も重ねておきます。練習によって、間違いや不足の部分が見えてきやすくなります。よりシンプルにできたり、効果的な伝え方を発見できる可能性もあります。もちろん、言い方や動作の改善することもできるので確実に本番でのプレゼンテ―ションの質は上がります。

推敲は限りなくできるものです。状況やニーズに合わせてトピックを変えたり、情報の種類を変えたりして、常により良くできないかを考えることも大切です。プレゼンテ―ションの一部にリアルタイムのニュースの内容を組み入れたり、前に出てきた話を活用することもプレゼンテ―ションの中身を濃くするためのひとつの要素になります。

直前に味方を見つけておく

プレゼンテ―ションの直前の会場では、できるだけ聞き手になる人に声を掛けることをおすすめします。少しでも接点を構築することで相手に親近感を持ってもらえます。より耳を傾けてもらうことにも繋がりますし、プレゼンする側としてもその存在は心強さをくれるものとなります。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
事務
ビジネスマネジメント
目次1 ゴールを英語にしない2 コミュニケーションを考えた計画3 英語学習のステップ4 何よりも自信 ゴールを英語にしない 英語を学ぶことが...
プレゼン
ビジネス英語
目次1 業界、製品、自社専門の英語攻略2 完璧さを求めず、伝わることに徹底する3 要点に絞った伝え方、聞き方 業界、製品、自社専門の英語攻略...
business
ビジネス人気
良好なコミュニケーションは、いいあいさつと笑顔で始まると言われます。あいさつをするときにさわやかな笑顔が伴うと、人に与える印象が大きく違って...
business
ビジネス人気
 社内会議では「聞く」時、そして「話す」時、いずれも社会人としてのマナーが必要とされます。本稿では社内会議の「聞く」時のマナーについて解説い...