面接

3コラムテクニックの効果

アンガーマネージメントの手法のひとつです。この3コラムテクニックは比較的気持ちが安定している時に行うのが効果的です。感情が高ぶっている時に行っても客観性も低い状態なので、独りよがりな答えを出してしまいがちです。的確に行えるようになると自分の中に存在する「すべき」を書き換えることは、自分の苦しみから解放するという効果があります。すべきと思っている固い観念があるからこそ感じる怒りやイライラというものが多いためです。ものごとを多面的な視点から柔軟に捉える力を回復させます。ものごとを肯定的に捉える力が養われていきます。

3コラムテクニックの方法

1、その現場で思ったことをそのまま書き出す
アンガーマネージメントに出てくる用語を使うと、アンガーログ、つまり怒りの記録です。心が落ち着いているときに書き出しましょう。

2、怒りの原因になっている「すべき感」を見つける
次にその怒りの原因は、自分がどう思っているから湧いてきてしまったのかを探ります。ほとんどの場合が、「こうだ」とか「自分は正しい」という固定観念や、こうあって欲しいとか「理解しているはず」という期待によるものでしょう。このまま感情や言葉を表に出しても周りからの理解を得ることは難しいのです。次のステップで思考の転換トレーニングの基盤を整えます。

3、その「すべき」をどのように考えれば自分も周りも健康的に受け止められるか
客観的な視点で考える必要があります。人やものごとの良い面に視点を向けましょう。言葉では色々な捉え方が浮かんでも、全てが心にスッと入ってくるとは限りません。腑に落ちる言葉があったとしてもそれが即座に自分に定着するものでもありません。ただこのように転換する習慣を付けるだけでも大きな変化があります。そしてポジティブに捉えられれば、感情も対応も変えていけるのです。

ブレイクパターンの効果

ブレイクパターンもアンガーマネージメントで紹介される心理トレーニングのひとつです。この手法は、普段の行動パターンに変化を付けることによってストレス耐性の強化に役立つものとして提唱されています。

ブレイクパターンの方法

ブレイクパターンはその名の通りパターンを壊していくということです。日常の中での小さなことから始めてみましょう。変えたことに対応していく習慣によって変化に強いストレス耐性が付いていきます。大掛かりなことをする必要はないのです、楽しんで行ってみましょう。人は慣れた行動をよほどのきっかけがないと変えようとしない習性を持っているのだそうです。いつでも打開できる自分をキープすることができます。
日常の中の行動ログを取って、明らかに変えた方がいいものや悪習慣に気付いたらトライしてみましょう。少し負荷が高いかもしれませんが、やってみる価値はあるはずです。

ブレイクバターンの例:
1、目覚ましの音を変える
2、目覚ましの位置を変える
3、朝一番にすることを変える
4、出勤時間を変える
5、出勤手段やルートを変える
6、運動メニューを変える
7、SNSを1日オフにする
8、1日テレビを見ない
9、仕事の順序を変える
10、帰宅後のルーチンを変える

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
社会人にとって、体調管理は大事な仕事の一つです。しかしいくら体に気をつけていても、具合が悪くなったり、事故にあったりして入院を余儀なくされる...
business
ビジネス人気
面接などの場面において、ノックが第一印象を決めてしまうこともあります。ノックの回数のビジネスマナーを押さえ、面接を有利に進めましょう。 目次...