ビジネスマネジメント

Win-Winとは

スポーツなどの勝負や競争の世界では勝ち負けが存在します。Win-Loseの関係が成り立ちます。白星、黒星と言われたり、0か100かの結果が出るのです。

社会人にはWin-Winを考え、構築することが求められます。そのための話し合いをしたり、交渉したり、対策を練っったりしていくことは必須のビジネススキルです。自分のことだけでなく相手のメリットを考える視点は欠かせないものになります。

基本的な概念としては、良い商品やサービスを提供することで適切な報酬を得るというビジネスの事業展開でのWin-Winが存在します。人とのコミュニケーションの中でもWin-Winを形成することが大切です。時間でも知識でも楽しさでも、お互いが得るものがあるという関係性がWin-Winなのです。

Win-Win成立のために必要なもの

Win-Winの状態を形成するためには、相手を理解することが何よりも必要です。時には相手より相手のことを知っておく必要があります。そのためには、たとえ初対面の相手であってもできるだけ相手のことを知ろうとする姿勢が大切になってきます。

正確に理解することは簡単なことではありません。相手を正確に理解するためには、まず耳を傾けることがとても大切です。そして相手の言葉だけでなくしぐさや表情などすべてのことを情報とすることです。これによって上辺だけで判断してしまうことを防げます。そしてはっきり見たり聞いたりできるものだけで相手のWinを決めつけることも避けなければなりません。

相手に良かれと思っていることも、自分本位であれば相手にとってWinの状態になることは少ないです。自分にとってのWinが何であるか、そのことは相手に丼あWinをもたらすのかという点をしっかり考える必要があります。

相手を知るためには相手の開示が必要になります。相手を正しく理解するための情報提供をしてもらわなくてはなりません。そのために、まずは信頼を得ることが先決です。約束を守る、嘘をつかない、信頼を損ねる過ちがあったのなら真摯に謝罪することが大切です。そして些細なことでも気遣いを忘れず、相手に対する期待を明確に伝えていくことも必要になります。

この時、相手のことだけを考え、自分を犠牲にするようなマインドでは、そもそものWin-Winの構築が難しいことを覚えておきましょう。Win-Winは、誰もが同じく良い状態を手に入れる状況を作り出すものだからです。

Win-Winは2つの関連性だけではない

先の項目でビジネスシーンでの企業と顧客で成り立つWin-Winを基本の概念として説明しましたが、さらに広く考える必要もあります。そのWin-Winの成立のために犠牲になっているもの、つまりLoseを背負う人やものごとがあってはならないということです。

ビジネスの世界では、関連する人やものごとが複雑に絡まります。自分と相手の双方だけを考えてWin-WinとなることがあったとしてもLoseの存在があれば、存在意義がなくなってしまうのです。利益を追求するだけでない、この重要な視点を持つことは組織を長く存続させていく上でも必要なことなのです。

ビジネスマネジメント

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
会社に訪問してくる方に対して、まず挨拶や案内をするのは受付です。その挨拶は、たいていの場合「いらっしゃいませ」ですね。それも、あたかも待ち構...
上司
ビジネス人気
目次1 基本的には短髪が好印象2 新入社員が気を付けたい髪型マナー3 社会人が気を付けたいタブー 基本的には短髪が好印象 髪型は、ほとんどの...
事務
ビジネスマネジメント
目次1 海外で活躍するための要素は何か?2 グローバルステージで働く問題3 文化を数値化するということ 海外で活躍するための要素は何か? 高...
休憩
ビジネスマネジメント
目次1 ビジネス文書のマナーを見直そう2 ビジネス文書の基本3 簡潔にまとまっているか4 主語と述語ははっきりとしているか5 短い文章で書い...