スーツ

ワークライフバランスの取り組みの効果

昨今の企業では社員のワークライフバランスを考えた施策が活発に取り入れられているようです。多くの労働者がこのワークライフバランスを充実の福利厚生的な概念で捉えているようです。ワークライフバランスの目的は、プライベート時間の充実ではありません。確かに残業時間が減り、休日が確実に取れるようになればプライベートな時間が増えますが、そのこと自体はワークライフバランスを叶えるひとつの手段でしかないということを認識しておく必要があります。

ワークライフバランスの効果

企業のワークライフバランスへの取り組みによって期待される効果を見ていきましょう。

残業が少なくなり、休暇が取れる
仕事以外の世界が広がる
体調管理ができる
企業のリスク回避に繋がる
キャリアアップに繋がる
優秀な人材を確保できる
業務効率が上がる
プライベートの充実
スキルアップのための時間が増える
職場のチームワークが強固になる

上記のようなものが挙げられますが、そのメリットを受け取るためにはやらなければならないこと、身に付けなければならないことがあることを見逃してはいけないのです。

ワークライフバランス獲得のためにできること

対策に頼り切りにならない
日本も国レベルでワークライフバランスを多くの国民が達成できるように適切な施策や法改正を行っています。それに対応するように企業もワークライフバランスの取り組みを始めるようになりました。しかし、実際に働くのはひとりひとりの社員です。実践するのも組織ぐるみですから、各社員の意識改革も必要になります。そして本当のワークライフバランスを叶えていくのは、自分自身だという自覚を持つ必要があります。

自分のビジョンを明確にする
ワークライフバランスのための施策が制定されると、自分の時間は増えることになります。その時間で何をするかで、キャリアも、仕事の充実度も、取り巻く人間関係も決まることになります。3年後、5年後、自分がどうなっていたいかを明確に持っておくことで何がしたいのか、何をすべきかが見えてくるでしょう。くれぐれもぼーっと過ごすことのないように気を付けたいものです。

プライベートを仕事に活かす
プライベートの遊びや楽しみからも仕事への恩恵を感じて毎日を過ごすようにしましょう。一見、仕事とは関係のないことであっても、健康維持に役立ること、人生勉強になるようなことはたくさんあるものです。もちろんスキルアップのための勉強に励むことも充実した仕事の役に立っていくでしょう。仕事だけでなく色々な経験をするための時間です。よく遊び、よく学び、よく活かす人を目指しましょう。

自分の時間管理を大切に
ひとつひとつの業務において、いつまでにどこまでやるのかという目標を設定して行うことが業務の効率化への第一歩です。自由になる自分の時間が確保できるという権利の代わりに、限られた時間の中で仕事を完了させていく義務が発生するのです。目標を達成するためのスキルの向上や改善策を取ることは自己の成長にも繋がります。どれだけの時間仕事をしたかではなく、限られた時間でどれだけの成果を出せたかという視点で仕事をしていくことが大切です。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
オフィス
ビジネスマネジメント
目次1 企画書作成のコツ2 企画書構成のポイント3 社内の既存企画書を使う4 テンプレートを駆使する 企画書作成のコツ 構成に一番時間を掛け...
マナー
ビジネスマネジメント
目次1 マインドフルネスとは2 マインドフルネスで自分を変える3 マインドフルネスのメリット4 マインドフルネスのやり方 マインドフルネスと...