ビジネスマネジメント

マネージャーの役割

部下を持つ、組織を管理するというマネージャーのレベルになると、細かなタスクのひとつひとつを完了することが仕事の内容ではなくなります。マネージャーにはマネジメント力が必要ですが、このマネジメントするとは具体的にどのようなことを指すのでしょう。

業務をメンバーの裁量や適性に合わせて割り振ります。
これには業務を熟知していることが必須です。

割り振った業務の進捗を管理し的確に完了させます。
これには的確な時間管理が必要です。

割り振ったメンバーのスキルや能力の向上を図ります。
メンバーとのコミュニケーションが欠かせません。

マネージャーは自分の仕事を進めながら、メンバーの仕事も見ていく必要があります。自分のことでも手一杯と感じる人がいるかもしれませんが、プレイヤーとマネージャーを混同してしまえば、誰でも時間は足りなくなるでしょう。マネージャーはプレイヤーとしての仕事を既に的確に対処できるプロフェッショナルな知識と技術を持ち得ていることを前提に、プレイヤーとしての仕事はメインとして持つことはありません。マネージャーとしての仕事はチームや組織全体の進行を的確に行いその質を向上させていくことです。つまりメンバーの仕事なしには、マネージャーとしての仕事は成り立たないということです。プレーヤーとしての仕事を任せた時、どんな仕事が必要になるのでしょうか。

マネージャーの処理能力

マネージャーの日常的な仕事の中で必要なのは、組織全体を把握して分析して、具体的な対策に落とし込んでいくことです。その対策を行動に移していくのはメンバーです。効率を測ったり、改善して質を向上させていくことを考えなければなりません。基本的な業界や業務の知識やノウハウを基に、成果を上げていく施策を練るためには、分析が必要です。マネージャーが日々の業務を分析していくためには、数字力が欠かせないものとなります。これがマネージャーのメインの仕事であり、捌くべき業務内容なのです。それらを迅速に行い、スムーズに業務に反映させられることがマネージャーに求められる処理能力です。細かなタスクに追われていてはこなすことはできないでしょう。

マネージャーの数字活用場面

目標の設定も、成果の分析も比較基準がないと設定できません。結果のそのものだけを見て右肩上がりになっているから良しとするのではなく、その伸び幅や利益率など全体的な背景要素を含めて考えることが必要になります。単にメンバーの数字を集計することは作業でしかなく、分析に至っていません。その数字によって現在見えていないものを見出していく必要があるのです。

具体的な数字によって状況を把握することで判断も、意思決定も初めて可能になるのです。メンバーに対して、目標の共有や指示を出す時も数字になっていると動きやすく、測定もしやすくなります。関わる人の誰にとっても進捗管理が容易になります。上層部に対して、説明や提案の機会が多くなるのもマネージャーの特徴です。実際の現場を理解してもらうのには数字で表現することは欠かせません。そのでんたつに必要な数字は何なのか、何を数字化することでより伝わりやすくなるのかということを考えた発信が意思疎通や伝達をより確かなものにするでしょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事