仕事

ビジネスマネジメント

リスクと危機の決定的な違い

リスクマネジメントや危機管理は組織を運営する中で対処しなければならないものです。リスクマネジメントはまだ発生していないものについて予測される危険性や損害に対して前もって予防策を取ることです。一方、危機管理は既に起こっていることに対してそこから受ける損害やダメージをできるだけ減らそうとするマネジメントのことを指します。

リスクマネジメントの重要性

リスクと危機の違いからも分かるように、リスクマネジメントをしっかり行うことができれば、起こり得る危機がたとえ起こったとしてもその損失やダメージを最小限に抑えることができるということです。リスクマネジメントの中に危機管理も含まれると考えることもできるでしょう。リスクマネジメントを行わずに組織運営をしてしまうと、いざ問題や危機が訪れた時に、対応が遅れたり、事態の収束に時間が掛かったり、大問題に発展することになりかねません。それによって、組織を存続させていくことすら難しくなることもあるのです。

企業のリスクの種類

財産に関連するリスク
火事、水害、地震などの災害、盗難やテロ、資金運用での損失、機械や機器などの損壊など自社の資産に関して消失、損失が発生することです。

損益に伴うリスク
業績の悪化による集積の低下や費用や経費の増加などが発生するリスクです。社員や組織の過失による賠償責任や法的違反が発生することも損失に繋がるリスクになります。

人財に関連するリスク
自社の社員、経営幹部が病気や死亡などで現場から離れるリスクです。社員の退社、幹部の引退、解雇、懲戒免職などもすべて含まれます。

情報に関連するリスク
社員や事業に関連する人たちの個人情報や取引先の企業情報などが外部に漏れてしまうリスクです。あらゆる方面からの信用を失うリスクが経営に大きな打撃を与えてしまうことになります。

外部変化に伴うリスク
企業だけでコントロールができないリスクもあります。経済や政治の変動は社会の景気や為替に直結することがあります。法律の制定や改正で、会計や税金のルールが変わったり、商品やサービスに関する規制が変わったりすると事業に影響を与えます。市場のニーズの変化によって事業の進捗や業績に影響を与えることも出てきます。これらの場合は、常にリスクというわけではなく、企業にとってプラスになることもあります。

リスクマネジメントの徹底

企業を運営していく中でリスクマネジメントを行わなければならない範囲は時代と共に広がっています。社会が複雑化・多様化していることもあり、抱えるリスクに盲点がある可能性に慎重にならなければなりません。

リスクマネジメントは、どのように徹底できているかで企業の価値が測られる指標にもなっています。企業の繁栄だけでなく、企業を支える様々な角度からのステークホルダーを守るという意味でも真摯に取り組まなければならない課題です。

全てのことは起こり得ることで、危機や危険が発生した時には適切な対処を迅速に行う体制を整えておくことが必要です。ダメージを最小限に留めなければなりません。うまく回復することができてこそ、そこからプラスに変えていくことが可能になるのです。

ビジネスマネジメント

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
ビジネスマナー
ビジネスマネジメント
目次1 AIに任せられることは多い2 任せられることは任せる3 意思決定を担う4 競争ではなく共存 AIに任せられることは多い AI(Art...
打ち合わせ
ビジネスマネジメント
目次1 一般的な労働時間制2 変形労働時間制3 フレックスタイム制4 事業場外みなし制5 裁量労働制6 みなし残業制度 一般的な労働時間制 ...
会議
ビジネス英語
目次1 ビジネスでよく使う単語2 IT関連の用語3 人事で出てくる英語 ビジネスでよく使う単語 コミュニケーション 日本語のカタカナ表記でも...