ビジネスマナー

財務分析の要素

分析の要素としては、主に5つの側面から分析が行われます。「収益性」「生産性」「資金性」「安定性」「成長性」です。それぞれの要素について的確な経営指標となる公式に基づいて数値を出し分析を行います。財務分析の知識があると、自社分析はもちろん、競合会社、取引先などの状況も分かるようになります。視点を変えると、決算書や財務分析は、自社の経営者としてだけでなく、株主、投資家、競合他社、取引先の情報としても活用されることになります。貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書など個々の決算書の見方や知識だけでなく財務分析の知識もビジネスパーソンとして役立つスキルとなるでしょう。

収益性
本業となる経営活動によって儲けが出ているかをみます。
売上高売上総利益率(粗利率)=売上総利益/売上高×100(%)
売上高営業利益率=営業利益/売上高×100(%)
売上高経常利益率=経常利益/売上高×100(%)

生産性
資産や負債を効率よく成果に繋げられているかをみます。
総資本回転率=売上高/平均総資本
棚卸資産回転率=売上高/平均棚卸資産
労働生産性=付加価値/従業員数
一人当たり人件費
人件費/従業員数

資金性
投資資本の回収は効率よく行われているかをみます。
固定比率=固定資産/株主資本(自己資本)×100(%)
固定長期適合率=固定資産/(固定負債+株主資本)×100(%)
自己資本比率=自己資本/総資本×100(%)

安定性
資金の調達先、支払い能力ともバランスが保たれ健全かをみます。
流動比率=流動資産/流動負債×100(%)
当座比率=当座資産/流動負債×100(%)

成長性
業績が順調に伸びていて、将来の成長も見込めるかをみます。
増収率=(当期売上高/前期売上高-1)×100(%)
増益率=(当期経常利益/前期経常利益-1)×100(%)

財務分析に必要な視点

財務分析は、一社や一期で正確に把握できるものでもありません。複数期間と複数社の情報があるのが望ましいです。

「期間比較」
2~5年分の財務諸表を基に数値を算出し、それぞれの年度を比較します。
「同業他社比較」
自社と同業他社や競合会社の数値を比較することで、他社に対する強みや弱みを見ていきます。
「標準比較」
業界全体での平均値と比較していく方法です。

経営者として財務分析視点

財務諸表での分析によって、経営者は何を見出す必要があるのでしょうか。上記の分析が行われたあとの決算診断提案書を見ることで経営者が考えるべき視点は、銀行や投資家の視点とはまったく異なってきます。財務分析を行うことで、現状を正確に理解し、会社の強みを伸ばす策を考えることができます。さらに弱みを改善する術を見つけ出すことに役立てていかなくてはならないのです。意思決定のすべては経営者に掛かっているということにもなります。

具体的には
・お客様を増やす方法
・売上を伸ばす方法
・利益を出す方法
・経営者としての立ち位置
・経営者としての手腕検討
・経営者として満足しているか

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 有給休暇の取得は、労働者の与えられた権利となっています。しかしいくら権利とは言っても、会社や顧客に迷惑をかけるような形で有給休暇を取得して...
business
ビジネス人気
お世話になっている取引先をもてなすことを接待と言います。接待は少人数で行うことが基本なので、普段の飲み会以上にマナーに気をつける必要がありま...
会議
ビジネスマネジメント
目次1 即効性を狙わない2 長期視点を養う3 意識的な先延ばしは有効4 誰かに任せる能力を培う 即効性を狙わない 残業時間を制限される勤務の...