事務

孤独を自分のものにするとは?

多くの人が孤独になることを恐れているかもしれません。しかし、経営者になると、孤独な時間が自分に必要なことを自覚する必要が出てきます。その必要性を自覚できないと、いつまでたっても孤独は怖いものというマインドから抜けられないのです。また、孤独を避けるようになってしまえば、経営者としての務めを果たしていくことが難しくなるというのも現実です。自分のものにするとは、孤独の心境、状況、環境をどのように使えば良いのかを考える思考にシフトすることと言えるかもしれません。そしてその孤独感を出さない、顔にも見せない、バリアを張らないということを肝に銘じて実践していくことも経営者の器として必要なことといえるでしょう。

孤独をどう活かすか

音信不通の経営者になることは避けなければなりません。ここでいう孤独とは、その孤独の時間を有効に経営者としての判断や意思決定の制度を上げるために使うことを指します。周りとのコミュニケーションが無くなってしまっては、肝心の意思決定や判断はできません。どんなに経営者とその他の壁が厚かったとしても意見や考えを伝えてもらえる存在でいなければならないのです。決断や意思決定もそうですが、何かを思い付いたり閃いたりというのも一人の時間が多いのではないでしょうか。経営者には、プラスのこともマイナスのことも、それらの全てが重要決定事項として委ねられていることになるのです。誰が見ていなくても、誰が評価してくれなくても、常に会社のことを考え、自分を高め、磨き続ける信念が必要です。

孤独を愛せるか

孤独を恐れている時に、それでも一人で考え決定していかなければならない状況は嫌でも発生します。何かを恐れている緊張状態の中で、冷静さ、安心感、公平さを貫いてものごとを考えることができるでしょうか。ものごとを俯瞰した良い考えが浮かぶでしょうか。善い決断をしてきた経営者たちは皆、孤独に耐えるというよりも、孤独を知り、孤独と共に考え、そこで自分に湧いてくる妙案や対策に支えらて事業を守り、社員を守り、社会に貢献を続けてきたのではないでしょうか。自分の孤独があってこそ生み出された恩恵が社員の成長や社会への貢献であることを深いところで認識しているのです。ですから、孤独の効果を実体験を通して理解し、感謝の念を抱くと同時に孤独を愛することすらできてしまうのだと思います。これが理想の経営者の姿ではないでしょうか。

周りの理解を得る

孤独への恐怖感が無くなり、孤独を愛することができるようになると、今度は孤独な時間を取ることの難しさに直面します。経営者とは重役です。社外との付き合いもあれば、社内の連絡、報告、重要事項は次から次に押し寄せるでしょう。されど経営者も一人の人間で、大切な家族との時間、気の置けない友人たちとの交流も無下にはしたくないものでしょう。それでも孤独時間の捻出は最重要事項となります。関わる周りの人すべてが、その立場と、その一人の時間の重要性に理解してもらうことが必要になります。そのための心遣いに感謝の気持ちを忘れずに、どんな時間も一瞬一瞬を貴重として捉えることが大切です。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 業務上で知り得た、顧客の個人情報や他企業の情報等の、会社の情報は秘密を守る必要があります。これら業務上知り得た秘密を守るのは社員の義務とな...
business
ビジネスマネジメント
目次1 よく使うお辞儀の種類は3種類2 角度の小さいお辞儀会釈の仕方3 会釈をする場合とは4 一番よく使うお辞儀敬礼の仕方5 敬礼をする場合...