事務

貸借対照表

決算書には財務3表と呼ばれる3つの種類があります。貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書です。その中の貸借対照表について詳しく見ていきます。

貸借対照表はバランスシートとも呼ばれ、略してB/Sと書かれることもあります。企業の決算期日時点での財産や債務の状況、資金調達や投資活動について見ることができる財務諸表となっています。

会計期間は1年単位で設定されるのが最も一般的とされていて、その初月と決算月については企業ごとに自由に設定することができます。会計期間内での資産、負債、純資産の状態を表した表で、その構成は「資産=負債+資本」となります。

資産

貸借対照表における資産はさらに「流動資産」「固定資産」「繰延資産」3つに分けられます。資産に余裕があるほど、安定した経営状態と見ることができます。

流動資産は変動の大きい企業の財産です。「現金預金」「売上債権」「棚卸資産」「有価証券」などに区分でき、適応する細かな勘定科目に分けて記載していくことになります。

「現金預金」金庫の中にある現金や銀行預金
「売上債権」売上代金のうち回収が済んでいないもの
「棚卸資産」販売するための在庫品
「有価証券」他社株など

固定資産は、比較的流動性の少ない安定した資産のことを言います。営業活動をサポートする「有形固定資産」「無形固定資産」と「投資その他の資産」の3つに分けられます。

「有形固定資産」土地、ビル、店舗、車両、備品(形のあるもの)
「無形固定資産」特許権、登録商標(形のないもの)
「投資その他の資産」資金運用のための定期預金や長期保有の有価証券

繰延資産は、利用も販売もできない資産のことを表します。例えば以下のような項目が当てはまります。

「株式交付費」株発行時に発生
「社債発行費」社債発行時に発生
「創立費」会社の創立時の費用
「開業費」開業時の費用
「開発費」新体制を整えるための費用

負債

貸借対照表における負債はマイナスの財産とも言えます。どこかにお金を払う義務がある、義務が残っていることを示す部分です。「流動負債」「固定負債」に分けられます。

銀行への返済が必要なものや商品調達や仕入れの未払い分などが該当します。「流動負債」「固定負債」は1年以内に支払われるものか、そうでないものかで区分します。「流動負債」を先に書き「固定負債」を後に続けるのが記載のルールです。

「流動債務」買掛金、短期借入金
「固定負債」社債、長期借入金

純資産

貸借対照表における純資産の部は、「資本金」が当てはまります。貸借対照表の中では負債の下に記載することになります。株主からの出資は原則として返済義務がないので純資産の部に負債とは別に記載することになるのです。株主などからの出資金とその出資金での営業活動によって蓄積されていく利益を記載することになります。「株主資本」「評価・換算替資本」「新株予約権」に分かれます。「評価・換算替資本」は変動が大きく、「新株予約権」は未収になることもあるので確実な資金と考えない方がいいでしょう。

「株主資本」株主からの出資と利益
「評価・換算替資本」資産時価評価での含み益
「新株予約権」新たに出資に準じた額

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
打ち合わせ
ビジネスマネジメント
目次1 振り返りメモの活用法2 アイデアを呼ぶ質問3 関連性を見つける4 一石二鳥の価値以上! 振り返りメモの活用法 1日の終わり、月末、年...
電話
ビジネス人気
訃報を聞き、葬式や告別式に出席したいがどうしても都合が付けられない場合に弔電を利用します。 そして弔電の送り方にもマナーがあります。 目次1...
business
ビジネス人気
 挨拶はコミュニケーションの大切なツールの一つ。どんな時でもハキハキとした声で、しっかり挨拶するようにしたいものです。しかし、意外にその場に...
打ち合わせ
ビジネス人気
出張当日にどのような点に気をつければよいのでしょうか。いつもと違うフィールドなので、当然普段とは違うことにも気をつけなくてはなりません。遠方...