スーツ

第一印象は身だしなみで変わる

第一印象はとても大切といいますが、その第一印象は身だしなみを整えることで大きく変わります。きちんとした身だしなみをしている人は、きちんとした仕事をしてくれると思われやすいものです。ちょっとした身だしなみで損をしないために、毎朝身だしなみチェックをする習慣をつけましょう。今回は身だしなみチェックで見るべきポイントを5つご紹介します。

髪型の身だしなみチェックポイント

まずは髪型です。業界にもよりますが、明るい髪色はNGなことも多いので、周りに合わせた髪色にしましょう。女性の場合は長い髪はまとめます。前髪は顔にかかると影ができて暗い印象になってしまうので、かからないように留めておきましょう。寝癖はなくなるように朝きちんと直します。くせ毛の方は目立たなくなる髪型を考えておくと便利です。

服装の身だしなみチェックポイント

服装は会社や業種にあったものにしましょう。営業など社外の方によくお会いする方はスーツが基本です。どんな服装でも汚れ、シワ、ほつれがないかチェックしておきましょう。大切なのは清潔感です。仕事の邪魔にならないように動きやすい服装であることも大切ですが、シャージのようなだらしなく見える服装や、短いスカートなど露出の多い服装はNGです。

靴の身だしなみチェックポイント

靴にも身だしなみがあります。基本的にはその場に適した靴を履きましょう。スーツであれば茶色か黒の革靴になります。女性の場合はヒールの高さは3~5センチくらいが基本です。業種によってはたくさん歩くのでスニーカーが基本であったり、オフィス用サンダルが基本であったり、ということもありますが、基本的にかかとが覆われていない、かかとにベルトさえついていない靴はNGです。周りの方の靴もよく見て決めましょう。どのような靴であっても、汚れていないか、靴紐がある場合はほどけていないか、だらしない履き方をしていないか、気をつけて下さい。

小物のチェックポイント

小物も身だしなみの1つです。細かいところまで手を抜かずに整えておくと、印象が大きく変わります。例えば、時計や名刺入れはシンプルで品のいいものを選びましょう。ビジネスバッグは、A4サイズの入る革製の手提げが一般的です。業種によって持ち歩くものも異なりますので、TPOにあったバッグを選びましょう。その他にも、ボールペン、ノート、手帳なども、品のよい機能的なものを選ぶと好印象です。

身だしなみを整えるグッズを持とう

朝しっかりと身だしなみを整えても、崩れてしまうこともあります。身だしなみを整えるグッズを持ち歩くか、会社においておくといいでしょう。髪の毛を留めるワックスやヘアピン、服のホコリをとるエチケットブラシ、ほつれたときやボタンが取れたときのための裁縫セット、口臭予防にもなる歯ブラシセットなどがおすすめです。スカートを履く女性の方は替えのストッキングも忘れずに用意しましょう。替えのシャツやジャケット、靴下などを用意するのもいいでしょう。

まとめ

身だしなみのポイントは、清潔感があって品がよくみえることです。さらに、仕事内容やその場所に適した服装であることも重要です。汚れていないか、だらしなくないかは常に確認しましょう。また、明るく品よくみえるためには姿勢をただすこともポイントです。身だしなみが整っていると自分の自信にもつながります。毎日身だしなみをチェックして、背筋を伸ばして過ごしましょう。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 職場ではダラダラせずにキビキビと行動したいもの。キビキビした行動は頼もしい印象を与えますし、逆にダラダラした行動はやる気がない印象を与えて...
business
ビジネス人気
手紙や文書を送付する時に書く宛名ですが、ビジネスシーンにおいては特に相手に失礼の内容にしていかなければなりません。特に、敬称は相手に対して敬...