ビジネスマネジメント

発散と解消を知ろう

発散とは、発して散らすと書きます。解消は、解かして消すと書きます。そう考えてみると自分が行うストレスへの対処法が適しているのか、間違っているのかの区別がしやすくなるのかもしれません。アメリカの心理学会によって提唱されている9つの間違った方法は以下の通りです。意外なものも含まれているかもしれませんが、ストレスが溜まった時の対処法としてつい、これらを行ってしまっている人は注意してみましょう。

不適切なストレス解消法

アルコール
喫煙
暴飲暴食
買い物
ギャンブル
ゲーム
テレビや映画
ネットサーフィン

効果的とされるストレス解消法

効果的とされる条件には、脳を休めるということが必須事項のようです。どんなことが効果的なのかを見ていきましょう。比較的簡単なものばかりなので、日常に取り入れられそうなものを見つけてみて実践してみましょう。

適度な運動
運動習慣は、その時のストレス解消効果だけでなく、続けていくことでストレス耐性が身に付いていくのが特徴です。
適性な筋力、血液循環の活性、ホルモンバランス、脳の活性化にも大きな作用があることが実証されています。週に2、3回でも習慣にすることをおすすめします。

メディテーション
意識的に外界からの情報を少なくして、自己の内側や呼吸に目を向けていきます。いつでもどこでも行いやすいものです。血圧を安定させたり、自律神経やホルモンバランスを整える効果があると言われています。ネガティブな気持ちを解消することにも役立ちます。1日5分でも習慣にすることで効果は得られると言われています。マインドフルネスのための手段としても多くの人たちに取り入れられています。

本を読む
本を読むこともストレス解消に効果があるという研究結果が出ています。ストレスの解消だけでなく知識も身に付けることができるので一石二鳥の方法です。好きな内容のものを1日30分でも継続するといいでしょう。読書でのストレス解消を効果的にするのが、そのストレス感知度の記録なのだそうです。

散歩
走るまでをしなくてもゆっくり歩くウォーキングには、ストレスを緩和し、記憶力や注意力が向上する効果があると言われています。目にする緑の量が増えていくごとにストレスレベルが下がっていくとも言われています。夕方の時間に20分ほど毎日歩く習慣を付けるといいでしょう。

マッサージ
手当てでの癒しの効果も立証されています。心拍数が落ち着き、ストレス成分を減らせることが分かっています。リラクゼーション効果は絶大です。自分は何もせずとも、身体がマッサージに反応してストレスを緩和してくれるのはラクですよね。

親しい人と過ごす
家族や親しい友人と楽しい時間を過ごすことで信頼関係を確認でき、自尊心や安心感を得ることができます。ストレスも自然に解消されることが分かっています。よく笑い合い、充実した時間にすることがポイントですね。

音楽を聞く
聴覚からの身体的反応も大きなものです。リラクゼーション効果を期待するのであればスローなテンポのものを選ぶのがおすすめです。基本的には、どんな音楽でも好きなものであれば脳や身体を休ませる効果があるようです。医療機関などでも治療の一環として音楽療法は取り入れられています。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事