事務

組織ぐるみでアンテナを張る

ストレスは良いものでも悪いものでもありません。むしろ、適度なストレスはビジネスには緊張感として必要なものでもあります。それによって生産性が上がったり、自己やチームのモチベーションを上げることもあります。

ただし過剰になっている場合は対処が要ります。ストレスを抱えることに慣れてしまっている人は、自分で気付いていないこともあります。組織の中で、ひとりひとりのストレス状態を観察していくことは必須のことと言えるでしょう。観察のための対策を取っていくことも有効です。

また共に働いている人の変化に気付けるアンテナを張っておくことも大切な対策となるでしょう。

適切なストレスレベル

人によってストレスの耐性度は異なります。ストレスが適性な状態であれば、問題ないとして判断することができるでしょう。

適度に集中できている
エネルギーが感じられる
明るさや爽快さが感じられる
トラブルにも冷静に対処できる
記憶力に問題もない
発想やひらめきの機会がある

行動に出るストレス反応

攻撃性を感じる行動
些細なことに怒ったり、イライラしたりすることが増える
反感や批判を口にすることが多くなる
落ち着きなく動いたり話したりするようになった
待ちの状態に耐えられず結論を急かす、もしくは急ぐ
人の話を聞かなくなった、覚えていない
食べる、歩くなどの動作が早くなった
自分勝手な話の進め方をする
ミスや失敗が増える、人のせいにするようになる

逃げの姿勢が感じられる行動
話をすることが減った
仕事中に頻繁に席を外す
ぼーっとすることが増えた
休んだり遅刻することが多くなった
仕事が捗っていない
期限に間に合わせることができない
指示が実行されない

見た目の変化に出るストレス兆候
清潔感が欠けてくることもあります。髭が伸びている、ヘアスタイルに気を配らなくなった、ズボンに折り目が無い、同じ服を着続けているなど身なりに変化がある場合も要注意です。また、顔や手がむくんでいることが多い、急に痩せたり太ったりしているなども何らかの心的ストレスの影響である場合があります。

ストレス判断の2つの目安

社員ひとりひとりの個性によって、上記のことが見られたとしてもストレスの度合いは異なります。ストレスと判断するための目安は本人がコントロールできているか、できていないかということをまず見極めます。コントロールできるものは、直接的ではなくても、何らかの方法で気付かせてやれば正常に戻せるのです。これがコントロールが効かない状態になっていると、繰り返すことになり、2つ目の目安となる業務への支障に繋がります。この状態の時は即座にストレスへの対処を促していく必要があります。話をする機会を設けるなどして、ストレスを溜めてしまっている原因を突き止める必要があります。

ストレッサ―を探し出すポイント

不眠、睡眠不足、食欲の増加、もしくは低下、胃腸の状態、気分や機嫌、腰痛や頭痛、じんましんやアレルギーの状態などストレスがある時に出やすい症状が無いか、体調の変化の視点から聞いてみます。また、仕事以外の時間の過ごし方にも着目します。職場以外で楽しめる機会を持てているかどうかがポイントです。身体的な症状があるかないか、休日に休養となる活動ができているかこの2つのポイントの有無によって職場が対応できることは異なってきます。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 ビジネス会話には使う言葉等は、覚えることも多いのですが、その前段階である基本中の基本、話の仕方について、解説します。同じ内容やよい提案を伝...
business
ビジネス人気
 ビジネスシーンでは軽い謝罪から重い謝罪まで、多くの謝罪を行うシーンがあります。そんな謝罪ですが、謝罪の仕方を間違えると、火に油を注ぐ結果と...
報告
ビジネスマネジメント
目次1 新卒社員研修の目的2 新卒社員研修の内容3 新卒社員研修の内容の傾向4 新卒社員研修の期間設定5 新卒社員研修の理想の到達地点 新卒...
business
ビジネス人気
ビジネスマナーといえば、話し方、聞き方を初めとするコミュニケーションの仕方、身だしなみや態度など、様々な要素があります。ここでは、その基礎と...
business
ビジネス人気
 ビジネスシーンで最も多い依頼事の1つは、コピー取り、と言っても過言ではありません。たかがコピー取り、と言って侮ることなかれ。間違ったコピー...