上司

叱られなくなったら終わり

褒められることは気持ちの良いもので、叱られることは誰しも避けたいと思うものです。でもビジネスパーソンとして叱ってくれる人がいることはある意味有り難いことでもあります。社会人は誰もが一人の大人です。指摘する部分、指摘したい部分があったとしても、どうでもいいと思っている人ならスルーされることが多くなります。いい大人なんだから…と半分は自分で気付くことを求められ半分は諦めの気持ちで対応されることも増えてきます。

素直に受け止める

上司に怒鳴られたり、きびしい指摘を受けた時は有り難くまずは素直に受け止めることが大切です。状況や都合、様々なことを考えると言い返したり、言い訳が募るばかりです。それは、自分の中で解決策をじっくり探ればよいことなのです。どんな状況であっても、どんな都合があっても、相手が指摘しなければと感じる結果を出しているのですから、素直に受け止める姿勢を持ちましょう。そして、叱られないようにするのではなく、叱られた原因を突き止めることが大切です。

叱られたことを改善しようとする中で自分でもいいのか悪いのか感覚的に掴めないことも多いです。そんな時は同僚や先輩など接する人たちにその都度聞いてみるようにしてみてください。素直に受け止めるとは、こういう部分にも反映されてきます。

自分の課題を明確にする

叱られた原因を突き止められれば、あとは改善策を考え実践していきます。これを明確にすることが大切です。原因が習慣的なものである場合、完全な改善には時間が掛かるかもしれません。しかしその改善が無ければ、また同じことで叱られることになるでしょう。

改善への取り組みはビジネスパーソンとしての成長を促します。改善が難しいなら周りの協力を得たり、改善策に改善をさらに加えて工夫して取り組んでみましょう。

上司の圧力と取らない

上司から叱られることを威嚇や攻撃と捉えてしまうと、上司の本当の意図を掴むことができなくなります。素直に受け止めることも難しくなるでしょう。叱られることが得意でない人は、叱られたことからも、叱られることからも逃げてしまうだけで終わってしまいます。上司に怒られたとしても、そこに凹んだり、塞ぎ込んだり、萎縮したりする必要は全くないですし、そうなることを上司が望んでいるわけでもありません。上司の気持ち、価値観を理解しようとすることが部下として持たなければならない視点です。見えてくるものはガラリと変わるはずです。この捉え方が身に付くだけでも打たれ強いメンタルを養えるはずです。

納得のための質問

上司も人間です。怒っている時に感情が高ぶっているかもしれません。怒られている時は自分自身も発言することが躊躇することもあるでしょう。怒られたことに対して疑問があったり、納得がいかない時には的確な改善に繋げるためにも再度詳しいことを確認するように心掛けましょう。しばらく時間を置いてからであれば、上司も冷静に対応してくれるはずです。怒るに至った経緯がさらに深く理解できるでしょう。そこから考える対策、改善策は、分からないままに受け止めるよりもずっと的を射たものとなるはずです。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
報告
ビジネスマネジメント
目次1 お茶出しの3つの順番2 お茶出しの手順3 誰から出すか人の順番4 座席数が4人以下の上座の位置5 座席数が6人以上の上座の位置6 何...
身だしなみ
ビジネスマネジメント
目次1 報連相とは2 報連相の重要性3 報告の注意点4 連絡の注意点5 相談の注意点6 わからないときは先に聞いておく7 まとめ 報連相とは...