ビジネスマネジメント

集中力とは何か

自分が集中している時と、そうでない時の感覚の違いが分かりますか?まずは集中力とはどういうものかを紐解いてみましょう。集中している時というのは、時間の感覚がないと言われています。集中力が発揮されている時というのは、ひとつのことに取り組む時に、意識を一点に向け、それ以外のものに意識を向けないこととを保つ力のこととと言われています。何かを成し遂げるために、何かを無視することとも言えるでしょう。たとえ時間ですら、それ以外のものとなるなら気にしなくなり、いつの間にか時間が経っていたということが発生するのです。この集中力は、人によって長さや深さが異なります。スポーツアスリートなどは集中力が高いと言われますが、高度で良質の集中状態のことを「ゾーン」や「フロー」と言われることがあります。
成人が集中力を保てる時間は一般的に90分と言われています。さらに細かく区切ると集中力の強弱の波は15分おきに訪れるのだそうです。大人でも効率よく集中力を得ていくためには、長時間の集中を課すのではなく、適度にリリースしながらの方が良い結果に繋がりやすいと言われています。

集中力の重要性

集中力を伸ばしたいと思う人は多いと思いますが、なぜ集中力が欲しいのか、なぜ必要とされているのかを考えてみましょう。集中力を完全に発揮することができる時、その集中対象を早く行うことができます。単純に早く終わらせることができるだけでなく、確実に身に付いたり、理解度を高めたりできるのです。そして完了時のそのクオリティも高いものになります。集中する時間は密度の濃い時間になっていくのです。

集中力と没頭

集中ということを考える時、没頭するという言葉を思い浮かべる人も多いかと思います。目の前のことにわき目を振らずに取り組むことが集中とは言うものの、理想的な集中というのは、厳密に言うと没頭とは異なるようです。集中力は生産性の高いものであるのですが、没頭によって問題が増えてしまうことが多いのです。没頭には「意欲的な心」が無いことが要因のようです。没頭は我を失っている状態とも言えます。ゲームに没頭、何となく開いたインターネットでついついネットサーフィンに没頭、いつの間にか時間が経ってしまったというのは誰にでもあるはずです。集中は自分で行動をコントロールすることです。自分の中にその時間に行うことのプランがあるものを集中、なければ没頭ということになるでしょう。

集中力の鍛え方

集中力が高まる時間帯を徹底的に使います。人によって早朝だったり、深夜だったり、いわゆる波に乗りやすい時間帯は異なっていると言われています。自分にとっての集中効果の高い時間を自覚することが大切です。そして集中力を存分に使っていくことでその集中力の高さも深さも鍛えられていくのだそうです。ある程度の成果を発揮できた段階で、脳が喜ぶようなことを行うと定着度が高まるとも言われます。また一度にマルチタスクをこなそうとしないことも重要です。あれもこれもと脳裏に浮かべていては集中の状態を起こすことは難しくなるばかりなのです。目の前にはひとつのことだけをできるだけ集中したほうが、スピードも成果の質も上がることを認識してシングルタスクに徹するのが集中力の強化には役立つでしょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事