ビジネスマネジメント

緩めることの大切さ

強く、強靭に、負けない、エネルギッシュに・・・メンタルを強くすることをイメージするとこんな言葉が浮かんできませんか?メンタル強化として絶対に忘れてはならないものがあります。それはバランスです。どれだけ強靭でタフなメンタルを身に付けたとしても、その要素の中にリラックスの状態、緩んだ状態がなければ、本当の強さは手に入りません。バランス力のためには、必要な時には十分な心的エネルギーを生成できること、そしてしっかりとリラックスできる心の状態も得られるようにすることが大切なのです。何より、自分がリラックスした状態がどんな気持ちで、どのような身体の状態なのかを知ることが先決です。

穏やかに穏やかさを手に入れる

現代社会では、様々なストレスに遭遇しているので緊張感に慣れ切ってしまい、リラックスした身体の状態や心の状態を忘れてしまっている人も多くなっています。ずっと力んだ状態が続いてしまい、心身共に疲弊してしまいます。そのことが更なるストレスに対応する力を弱めてしまうのです。十分にリラックスして充電することは、確かな能力を発揮していくためにもとても大切なことなのです。

呼吸を深くする

心身が緊張状態にあると、そのほとんどの時間は呼吸がとても浅くなっています。浅い呼吸は吸う息が主になるので、交感神経を刺激し優位に働かせます。それがさらに浅く早い呼吸を助長して、身体もこわばらせていきます。日常の中で意識して深い腹式の呼吸を行いましょう。腹式呼吸は肺で使う呼吸のための筋肉を広く使うので呼吸がラクに行えるばかりでなく、体の中に取り込む酸素量を増やすことができます。

吐く息を意識して長く、しっかりと行えば副交感神経をきちんと働かせることができるようになります。精神が落ち着けば、身体も緩みます。

時間に余裕を持つ

時間に追われた時の心身の状態を思い浮かべてみてください。キリキリ舞いに動いて、次から次にものごとを処理していかなければなりません。私たちは生活や仕事の中でそういった場面によく出会います。必要不可欠なこともあります。しかし、少し工夫をすることで生み出せる時間があるのも事実です。

やることが多い時ほど、ものごとに取り組む前の準備や計画を整えるようにしてみましょう。時間を自分がコントロールしているという意識が持てます。これが心の余裕に繋がっていくのです。

ストレスの傾向を知る

自分の精神的な傾向を知っておくのも大切な有効策になります。ストレスに出会っていることを感知しやすくなり、その時に意識してリラックスするようになります。ストレスはこまめな解消をしていくことが重要なので、自分の好きなことで発散しましょう。

好きなものを食べる、作る、動かす、整理するなどの小さなストレス解消策がものを言います。また日記を付けていくことも有効です。もちろん、ストレスに関することばかりでなく、嬉しかったこと、楽しかったことなどもどんどん書きましょう。状況を冷静に客観視することができるようになります。ストレスがあると特に自分の考え(主観)に固執する傾向があります。それがさらにストレスとなって苦しむことも多いので効果的な発散法にもなります。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事