business

よく使うお辞儀の種類は3種類

ビジネスマナーとしてよく利用されているお辞儀は3種類です。角度の小さいものから会釈、敬礼、最敬礼と名前がついており、お辞儀の角度が大きいものほど丁寧なお辞儀になります。よく使われている3種類のお辞儀以外にも、目を伏せるだけの「目礼」と、90度身体を倒す「拝」というものもあります。あまり使うことはありませんが、練習だけはしておくと、いざという時に安心です。

角度の小さいお辞儀会釈の仕方

よく利用されている3種類のお辞儀のなかで一番角度が小さいのが会釈です。上体を15度ほど傾け、目線は自分の足から2メートル先の地面に向けます。一呼吸おいて顔をあげましょう。畳の上など座ってお辞儀をする座礼の場合は、正座で座り、手を膝の上から畳の上におろし、指先をつけて軽く頭を下げます。同じく一呼吸おいて顔をあげましょう。

会釈をする場合とは

会釈は、先輩や直属の上司、一日に何度も会う人への挨拶になります。自分とは直接かかわりのない来客などとすれ違うときも会釈をしましょう。また、来客者を案内している途中で上司とすれ違ったときなどは、直属ではない上司に対してでも会釈になります。来客者を待たせないことが優先されるからです。敬礼すべき相手だとしても、状況によって会釈の方がよいときもありますので、臨機応変に対応しましょう。

一番よく使うお辞儀敬礼の仕方

3種類のお辞儀のなかで一番よく使われているのが敬礼です。上体を30度傾け、目線は頭の真下よりも少しだけ前の床に向けます。猫背にならないように腰から身体を曲げることがポイントです。一呼吸おいて頭をあげましょう。座礼の場合は、会釈と同じく指先をつけたら、肘を曲げて上体を30度傾けます。

敬礼をする場合とは

通常、お辞儀をするという場合は敬礼になります。初対面の人との挨拶から、上司や来客者との挨拶、他社に訪問した時など、様々な場面で利用されています。会釈や最敬礼以外は敬礼をすると覚えておくといいでしょう。

一番丁寧なお辞儀最敬礼の仕方

3種類のお辞儀のなかで一番丁寧なのが最敬礼です。上体を45度傾け、目線は自分のつま先に向けます。敬礼と同じく猫背にならないように気をつけましょう。2秒ほど数えて顔をあげます。座礼の場合は、手を指先だけでなくすべて畳につけます。上体を45度傾けてください。その際、頭の真下あたりに手がくるように、手を前にだしましょう。同じく2秒ほど数えて頭をあげます。

最敬礼をする場合とは

最敬礼は基本的にはお礼や謝罪で使います。無理なお願いをするときなども最敬礼しましょう。最敬礼は最大限の敬意をしめすためのお辞儀となります。重役などかなり目上の人と挨拶をするときにも使いましょう。

お辞儀をする際に注意すべきこと

お辞儀の動作1つでも、相手の印象は大きく左右されます。よくある間違いが、首だけさげる、相手をみたままお辞儀をするというものです。ペコペコと頭を動かすのもよくありません。態度が悪くみえたり、媚びた印象になってしまいます。きちんと上体を傾け、目線もお辞儀の種類に合わせた床の位置に向けましょう。

まとめ

ビジネスでよく利用する3種類のお辞儀の仕方と、お辞儀をする場合はどんなときなのかについてご説明いたしました。きれいなお辞儀は、動作だけでも相手への敬意がしっかり伝わります。状況にあわせて、会釈、敬礼、最敬礼を上手に使い分けましょう。

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
面接
ビジネスマネジメント
目次1 椅子の座り方も見られている2 椅子の前に立つ3 椅子に腰掛ける4 椅子の座り方でやってはいけないこと5 ソファに座っている時の注意点...
business
ビジネス人気
会社に訪問してくる方に対して、まず挨拶や案内をするのは受付です。その挨拶は、たいていの場合「いらっしゃいませ」ですね。それも、あたかも待ち構...
スーツ
ビジネス人気
目次1 営業のエチケット用品2 営業の身だしなみ用品3 歩きやすいパンプスを探そう4 コンパクトセットで持ち歩くこと 営業のエチケット用品 ...