ビジネスマネジメント

AIに任せられることは多い

AI(Artificial Intelligence)日本語では人工知能と表されます。AIの開発、発展は目覚ましく、私たちの労働環境を大変革することになると予測されています。現在でも既に人の手ではなく、コンピューターや先駆けAIによって進められている業務の幅は着々と広がりを見せています。マネージャーの管理業務の多くも例外ではありません。AIの適用がさらに浸透した時にマネージャーとしてよい仕事をしていくために、(仕事を無くさないために)何を意識して学んでおけばいいのでしょうか。

任せられることは任せる

自動化できるものは、きっぱりと任せてしまうのが正しいという判断をする現職マネージャーは多いようです。これらに多くの作業的な時間を取られているマネージャーにとっては、AIの存在はメリットでもあります。例えば、スケジュールの調整、勤怠管理など、報告書の作成など文章化が必要なものまでAIのモニタリング性能によってサポートが可能になっているのです。他の一般社員との大きな違いが判断や意思決定であるにも関わらず、一般社員と同じような煩雑な作業に追われて、マネージャーとしての本分に注力できないとジレンマを抱える人は多いのではないでしょうか。

意思決定を担う

意思決定は判断事項に時間を掛けることに注力することが得策です。歴史や文化に、自己の知識を加え、共感やビジネス的な思考を捉えた洞察は、機械に任せることはできません。どんなに技術が発展してもとってかわることはない要素なのです。その判断のために伸ばさなければならないスキルとしてクリエイティブな思考とそれに準ずる実践、データの分析力やそのデータ分析を読み解く力は必須です。また戦略を作り出し計画に落とし込むスキルも必要になります。規則に則って遂行していくばかりがもはやマネージャーの仕事ではなくなり、適切な裁量の基に経験や機転を利かせる人材でなければなりません。AIは大きくそのサポートをする存在になるのです。

競争ではなく共存

AIに仕事が取られてしまい仕事がなくなると考えるのは間違いです。判断や意思決定のサポートになるものと位置付けるならば、AIは有力な支援的存在になるのです。これまで自分が行ってきた分析、検証、シミュレーションといったことを一気に引き受けてくれます。自分で考えるよりもその探索と発見の量は膨大になり、確率性も上がってくるでしょう。管理業務に追われて分析、検証、シミュレーションすら満足にできずに判断、意思決定を打算で下してきたマネージャーはどれほどいるでしょうか。もしくは既存のルールから外れて考えることを避けたこともあるかもしれません。意思決定が必要な際に、かつては自分で膨大な量の資料やデータを集め、そこから分析をし、何とか判断を下すまでにどれくらいの時間が掛かったでしょう。現代では、声でシステムに質問をするだけで、自動的に必要なデータを余すところなく即座に集め、分析状況として出力、そしてそのシミュレーションまでを行ってくれる機能は世の中に出てきているのです。最終的な判断だけに集中できたとしたら、その精度もスピードも上がってくることは明確なところでしょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事