ビジネスマナー通信講座の種類・費用・メリット徹底比較

ビジネスマネジメント

ビジネスマナーは、社会に出て働くときに必要になります。そのため、ビジネスマナーを身に付けているかどうかによって、相手からの印象が大きく変わります。

会社で働く中で、ビジネスマナーを必要とされるシーンはさまざまあります。お客様や企業とのお付き合いには丁寧な対応が求められたり、同僚や先輩・後輩とで協力してプロジェクトを進めるには柔軟な対応が求められたりします。働くうえで、一つでも多くの強みを持っていることが大切です。

目次

ビジネスマネジメントW資格取得講座/スペシャル講座・諒設計アーキテクトラーニングスクール

通信講座の特徴

  • 心理トレーニングの基礎から応用、実践の他、人間関係やコミュニケーションスキル、ビジネスの環境におけるストレスの対処法など学ぶ通信講座です。
  • 役立つマネージメントスキルを資格取得ができるレベルまで自宅で学ぶことができる充実した内容になっています。
  • 初心者でも気軽に取り組めるカリキュラムとなっているため、誰でも安心して受講することができます。
  • ビジネス系資格の中でも注目されている、ストレスケアマネージメントとビジネスマネージメントアドバイザーの2つの資格取得を目指すことができます。
  • 各協会が指定するスペシャル講座を受講すると、添削課題を全てクリアし、卒業課題を提出することで、試験免除となり資格取得と認定されます。

取得できる資格名・協会名

  • ストレスケアマネージメント ・ JAAMP(日本アロマメディカル心理セラピー協会)主催

感情のコントロールの仕方、対人関係やコミュニケーションの取り方に対する悩み、そのストレスの原因に対処できる能力と知識を理解できた方が認定される資格です。

  • ビジネスマネージメントアドバイザー ・ JLESA(日本生活環境支援協会)主催

人間関係を良好に保つための方法や、自立のための心理トレーニングなど様々なメンタル心理トレーニング法を十分に理解できた方が認定される資格です。

受講の流れ

  1. 諒設計アーキテクトラーニングの公式サイト、または電話・郵送で申し込みをする。
  2. 申し込み後、3日営業日以内に教材が送られてきます。
  3. ストレスケアマネージメントの学習として、感情と上手く付き合う方法、心理トレーニングを活用したストレス対処法、コミュニケーションの取り方などを学びます。
  4. ビジネスマネージメントの学習として、人間関係を良好に保つ方法、自立するための心理トレーニング方法などを学びます。
  5. 基本講座は学習後、添削課題を5回提出し、講座を卒業します。その後、自分で「ストレスケアマネージメント」と「ビジネスマネージメント」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格すると資格が認定されます。
  6. スペシャル講座は学習後、添削課題を5回提出し全てクリアした後、卒業課題を1回提出します。卒業課題を提出すると試験が免除となり「ストレスケアマネージメント」と「ビジネスマネージメント」の2つの資格が講座を卒業すると同時に認定されます。

受講料金・受講期間

基本講座:受講料 59,800円 (一括払い・税込み)

初回4,276円 + 3,300円×20回 (分割払い・税込み)

スペシャル講座:受講料 79,800円 (一括払い・税込み)

初回3,891円 + 3,800円×24回 (分割払い・税込み)

受講期間:6カ月

メリット

ストレスケアマネージメントとビジネスマネージメントアドバイザーのどちらも、主にメンタル面の強化に役立つスキルと、メンタルケアに活かせる知識を取得できる資格です。この2つの資格を同時に効率よく学ぶことができる点が最大のメリットです。

メンタルケアを学べば、様々なストレスに少しでも強い状態で仕事に打ち込むことができ、対人関係の良好化にもなります。また、アドバイザーとして活躍できる道も魅力的です。

マナー・プロトコール検定 2級完全合格講座・日本マナー・プロトコール協会

通信講座の特徴

日本人として、社会人として必要な日常マナーとビジネスマナーに加えて、国際人として必要な主なプロトコール(国際儀礼)について学ぶ通信教育講座です。幅広いマナーを習得できる講座として多くの企業や団体の自己啓発教材として使用されています。

2級完全合格講座には在宅検定試験がセットになっているため、通信教育を一定基準修了すると自宅で試験を受けることができます。子育て中のママは、子供を預けて試験会場に行く手間を省くことができます。

マナーとプロトコールの意味や解釈、歴史的な成り立ちを学び、その本質を理解することに繋げていきます。具体的な作法についても、イラストを多く用いて分かり易く説明してくれます。

エアラインの客室乗務員、ホテル業界、ブライダル業界など質の高い接客を求められる方は、2級取得後は上級資格試験への受験資格が得られキャリアアップに繋げることができます。

取得できる資格名・協会名

マナー・プロトコール検定 2級  NPO法人 日本マナー・プロトコール協会認定

マナー・プロトコール検定とは、社会人として必須のマナーやプロトコール(国際儀礼)に関わる知識と技能を検定する資格です。2級は、在宅でマナーの学習と検定試験を受けることができます。

受講の流れ

  1. 日本マナー・プロトコール協会の公式サイトで受講の申し込みを行い、指定口座に受講料を振り込みます。
  2. 入金が確認されると教材が一式送られてきます。
  3. 「マナーとビジネスキャリア」「食事とコミュニケーション」「暮らしのマナー」の3つの分野に分かれたテキストを用い、自宅や自分の好きな場所で学習します。
  4. 受講期間中に3回確認テストを提出し、添削指導を受け習熟度を確認します。
  5. 3回の確認テストの平均点が70点以上の場合、通信教育の講座が修了となり、在宅で検定受験資格を得ることができます。
  6. 修了証と一緒に、在宅検定試験問題と解答用紙(選択・記述式)が同封されてきます。
  7. 修了後1カ月以内に受験し、解答用紙を返送します。(締切日は、問題送付の案内に記載されています。)
  8. 2級在宅検定試験は76点(100点満点)が合格です。不合格の場合は、在宅ではなく年2回の公開検定試験に再挑戦できます。
  9. 合格者には「合格認定証」が送られてきます。これでマナー・プロトコール検定2級を取得できたことになります。

受講料金・受講期間

教材:テキスト3冊、確認テスト3回

受講料:26,500円(税込み) ※在宅検定料と合格認定証発行料が含まれています。

受講期間:3カ月 ※6カ月まで受講延長することが可能です。

メリット

在宅でマナーの勉強ができ、検定試験を受けることができる点が大きなメリットです。正しいビジネスマナーと言葉遣いを学ぶことは、コミュニケーションに対する社会人としての自信を身に付けることに繋がり、就職活動の際もビジネスマナーをしっかり身に付けていることを自己アピールできますね。国際化が進んでいる昨今では、海外の方と異文化交流にも役に立つプロトコール(国際儀礼)が、海外赴任となっても自信を持って仕事に打ち込む手助けをしてくれます。

サービス接遇検定(3級・2級・準1級)講座 ・ 生涯学習のユーキャン

通信講座の特徴

  • サービスに対する心構えや顧客の心を理解し応対する技術、立ち居振る舞いや言葉遣いなど、接客マナーを学ぶ通信講座です。
  • 試験内容をよく知る現役の面接審査員が執筆・監修したテキストを使い、出題傾向や間違えやすいポイント、合格のツボをしっかり押さえて学ぶことができます。
  • わずか4カ月という短期間で、3級から準1級までの3階級合格を目指せる内容になっています。特に、1冊のテキストに3級と2級の学習内容が凝縮されているため、無駄なく学習することができます。
  • テキストには豊富なイラストや写真を用い、文章だけでは理解し難い内容をイメージし易くしてくれます。理解を促すために、欄外に補足説明を付けるサポートも特徴的です。
  • 面接専用のテキストとDVDが用意されるため、独学では難しい面接も対策をしっかりとることができます。試験開始から終了までの流れについて、お手本となる模範演技や注意するべき点を動画で確認することができ、スキマ時間を使った試験の予習にも便利です。

取得できる資格名・協会名

サービス接遇検定 3級・2級・準1級 ・ 公益財団法人 実務技能検定協会

サービス接遇検定とは、サービスに対する心構えや顧客の心理を理解した応対、正しい言葉遣いや立ち居振る舞いなど接客マナーを学ぶ資格です。

受講の流れ

  1. ユーキャンの公式サイト、または郵送で受講申し込みを行うと10日ほどで教材セットが一式送られてきます。受講料は、クレジットカード・ゆうちょ銀行・コンビニを利用して支払います。
  2. まず3級試験の学習からスタートします。筆記対策テキストで基礎からしっかり学び、問題演習BOOKで反復学習し応用力を付けます。
  3. 3級の学習後、2級の筆記試験対策に取り組みます。模擬試験の添削課題を行うことで、解答力を身に付け苦手分野をはっきりさせます。添削回数は2回の模擬試験を含み計4回です。
  4. 分からない時は、メールからの質問の他、受講生専用サポート「学びオンラインプラス」を使って、いつでも質問することが可能です。
  5. 年2回行われるサービス接遇検定3級と2級の筆記試験を受けます。この試験は、マークシート式選択問題と記述問題に分かれ、それぞれ理論と実技の領域区分が60%以上の点が採れた場合に合格となります。
  6. 準1級の面接試験は3級・2級とは異なる日に実施されます。準1級の面接試験に合格しても2級に合格していない場合は、2級試験合格後に申請すると「準1級合格」となります。

受講料金・受講期間

受講料: 一括払い  35,000円(税込み・送料込み)

分割払い 月々2,980円×12回=35,760円(税込み・送料込み)

受講期間: 4カ月(標準学習期間)

最大12カ月までは添削指導や質問のサポートを受けることができます。

メリット

顧客心理を理解し応対する技術を身に付けることができ、正しい言葉遣いや立ち居振る舞いを学ぶことは「おもてなしの心」を真に理解することに繋がります。接客やサービス業界だけではなく、金融や医療、介護、観光など多くの業界で活かすことができるため、就職活動にも役に立つマナーです。また、年齢・性別・学歴・職歴などの受験資格がないため、誰でもどの級からでもチャレンジでき自分のスキルアップに役立てることができます。

マナーインストラクター資格取得講座 ・ formie(フォーミー)

通信講座の特徴

  • 日常マナーとビジネスマナーの基礎知識を含め、起源や成り立ちまでも合わせて学ぶことができる講座です。また、マナーをより美しく見せる立ち居振る舞い会話術など、どのような場でも適切な応対ができるプロを目指す内容になっています。
  • いつでもどこでもスマホやパソコンを使って学ぶことができるオンライン通信講座になっています。紙を使った通信講座や、重いテキストを持ち運ぶ通学タイプの講習よりも手軽に始めることができる点が最大の特徴です。
  • 受講者は資格試験をネットで受験することができます。試験会場に出向く必要もなく、郵送で答案を送る必要もありません。
  • Web受験のため、試験結果もすぐにネットで確認することができます。合格後は認定証が発行されます。試験費用・認定証費用も受講料に含まれているのでお得です。
  • 合格者には特典として、ハイセンスなホームページテンプレートやオリジナル名刺の作り方も紹介してくれます。資格取得後の新たな一歩を踏み出すサポートも魅力です。

取得できる資格名・協会名

マナーインストラクター資格 ・ 一般社団法人 日本能力教育促進協会(JAFA)認定

マナーインストラクター資格とは、日々の常識マナーからエレガントな作法まで、その場に応じた適切な振る舞いができるマナーのプロを認定する資格です。

受講の流れ

  1. ネットのformie公式サイトより受講の申し込みをします(迷っている人は、先に無料体験を受講してから申し込みすることをおすすめします。)
  2. マイページからWeb教材を使って、自宅や通勤通学の合間などに自分のペースで学習します。スマホやパソコンを使いいつでもどこでも勉強することが可能です。
  3. 教材などでわからないことは、いつでも何度でもメールでサポートを受けることができます。(サポート期間は受講開始より180日間)
  4. 約1カ月の学習を修了した後は、資格試験をネットを使って受験します。自宅でも外出先でも空いた時間を使っていつでも受験が可能です。
  5. ネット受験のため試験結果は、その場ですぐに見て確認することができます。
  6. 合格すると、認定証が発行され、2~3週間で届きます。プロフィールや名刺に「マナーインストラクター資格取得」を記載することができます。

受講料金・受講期間

受講料:一括払い 33,000円(税込み)

クレジットカード分割払い 月々3,300円×10回払い

※教材費・検定受験料・認定証・サポート費が含まれています。

※再受験となった場合のみ、再受験料1,500円が必要です。

受講期間:標準学習期間 約1カ月

スマホの使い方の違いで、学習スピードに個人差があります。

標準学習期間を過ぎてもWeb教材の閲覧は可能、資格試験も受験期限はありません。

メリット

社会人なら出来て当たり前、今さら人に聞けない、できないと恥ずかしい日常マナーやビジネスマナーを基礎から学び再確認することができます。単にマナーを知っているだけではなく、相手に「おっ!」と思われる美しい所作を身に付け、自信を持って行動できるようになります。子育てをしながら、通勤通学のスキマ時間にWeb教材を上手に利用し、いつでもどこでも学ぶことができ、受験も可能であることが最大の魅力です。

新・ビジネスマナーコース ・ 日本能率協会マネジメントセンター

通信講座の特徴

  • ビジネスにおける言葉の使い方や適切な服装、職場でのコミュニケーションや会議運営など、ビジネスマナーの基本を確実に身に付けることを目指す通信講座です。
  • 職場の限られた環境だけでなく、あらゆる分野の人とのお付き合いに対する礼儀作法についても解説されているため、日常生活にも応用できる内容になっています。
  • これから社会人として働く若手社員の育成にも活用でき、ビジネスマナーに対する不安を払拭できるカリキュラムです。
  • ハンディタイプのテキストは、1つのテーマが見開き2ページで簡潔にまとめられているため、通勤時間やランチタイムを利用した学習にも最適です。
  • テキストにはイラストやワークシートを豊富に盛り込み、チェックリストと項目別テストを活用することで理解度を認識できるようになっています。
  • 法人として複数名の受講が可能で、申し込み責任者は受講状況の確認や成績の確認もできます。

取得できる資格名・協会名

取得できる資格はありません。

受講の流れ

  1. 受講を検討されている時は、専用アプリをダウンロードし、インストールするとテキスト教材を閲覧することができます。
  2. 日本能率協会マネジメントセンターの公式サイトより、「新・ビジネスマナーコース」の申し込みを行うか、申込書をダウンロード、必要事項を記入し営業担当者へメールで送ります。
  3. 受講料をクレジットカード・コンビニ・代金引換のいずれかの方法で支払います。
  4. JMAM「ビジネスマナー研究会」が執筆・監修を行った2冊のテキストと提出用レポート2回分が送られてきます。
  5. ハンディタイプのテキストで自宅や通勤時間など好きな場所・好きな時間を使って学びます。
  6. 習熟度の確認のため、レポートを2回提出します。添削指導はコンピュータ添削型と講師添削型の組み合わせになっています。
  7. 2回のレポート提出が終わり、添削結果が確認されると修了証が送られてきます。

受講料金・受講期間

特別受講料:11,880円(税込み)

※特別受講料はJMAM HRM CLUB(J.H.俱楽部会員)に適用されます。

一般受講料:14,040円(税込み)

※団体、法人経由の申し込みは、所属先の自己啓発支援制度等により受講料が異なることがあります。

受講期間:3カ月(在籍期間は6カ月)

メリット

ビジネスパーソンとして基本を押さえた学習がお手頃な価格で可能です。冠婚葬祭やパーティーマナーなど社会生活のマナーを幅広く学ぶことは、いざっという時に役に立ち、社会人としての自信に繋がります。コンパクトなテキストは、電車の中でも邪魔にならないこと、ランチタイムのスキマ時間も利用できる便利な教材です。常に携帯しておくことができるため、分からない時の確認資料としても使えます。

[新版] 仕事の基本とビジネスマナー ・ PHP研究所

通信講座の特徴

  • PHP公開セミナー「新入社員研修」に使われるテキストと同じ教材を使った通信講座です。教材をそのまま新入社員研修や、若手社員の育成研修に使うことが可能です。
  • 入社前に知っておくべき仕事の基本やビジネスマナーが網羅されており、内定時から入社後も含め必携の書として活用できる内容になっています。
  • インターネット添削版と郵便添削版の二つあり、学び易い方法を選ぶことができます。インターネット添削版には、学習の進捗状況や修了テストを確認できる「学習管理(LMS)機能」が付いています。
  • ビジネスマナーの他にも、コンプライアンスやハラスメントなど職場環境の重要な課題についても学ぶことができるようになっています。
  • 無料でテキストの見本を取り寄せることができるため、内定者フォローの教材を考えている企業にとって一つの検討材料となります。

取得できる資格名・協会名

取得できる資格はありません。

受講の流れ

  1. PHP公式サイトより、「新版」仕事の基本とビジネスマナーコースの申し込みをします。郵便添削版かインターネット添削版のどちらかを選んでください。
  2. 受講証と教材一式が申し込み後10日前後で届きます。
  3. 受講料は、教材が届いた時に代金引換で支払います。
  4. 教材(テキスト1冊・添削問題2回分)を使い、勉強します。
  5. 添削問題をPHP研究所に送付し添削・採点をしてもらいます。受講期間に提出したもののみ添削・採点されるため、郵送時の到着日に気をつけて下さい。
  6. 学習が遅れている受講者に対して、受講期間満了1カ月前にフォローカードが送られてきます。
  7. 2回の添削問題を提出し、評価点が60点以上である場合に修了と認定されます。また、PHP通信ゼミナールが定める優秀修了基準を満たしている受講者は優秀修了と認定されます。
  8. 認定された受講者には修了証書または、優秀修了証書が発行されます。

受講料金・受講期間

一般受講料:7,560円(税込み)

特別受講料:6,480円(税込み)

※特別受講料は、ガイドブックや制度受講などを前提とした法人の申し込みに適用されます。

※郵便添削版の添削問題郵送料は受講者負担です。

受講期間:2か月

※受講料・受講期間は、郵便添削版もインターネット添削版も同額・同期間です。

メリット

これから社会人として働く新入社員や、若手社員にもう一度確認してほしい仕事の基本やビジネスマナーが細かく学べる内容になっています。学生時代には縁がなかったFAX送信の基本マナー、電話の取次ぎ方の基本など職場でのマナーを身に付ける最適な教材と言えます。特に、ハラスメントやコンプライアンス、ネットリテラシーと言った職場環境の課題に関する学習ができ、今後どのような場合にも役に立つ内容と思います。

秘書検定+ビジネスマナー講座 ・ ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」

通信講座の特徴

  • 「秘書検定講座」と「ビジネ実務スマナー講座」の両方を合わせて学ぶことができるお得なセット通信講座です。
  • 2つの講座を平行して学ぶことで、関連知識やビジネスに必要な知識を効率的に無駄なく身に付けることができます。
  • 各章ごとに確認テストと添削問題が付いているため、一つ一つの項目をしっかり理解しながら学習を進めることができます。
  • 秘書検定2級と3級、ビジネス実務マナー検定2級と3級を目指すことができ、2つの資格を取得することで実務はもちろん、就職・転職活動にも役立てることができます。
  • 秘書検定については、テキストや確認テストの他にも試験対策問題集と模擬試験問題集が付いているため、改めて試験用の問題集を買う必要が無く、しっかりした試験対策も可能です。

取得できる資格名・協会名

秘書検定2級・3級 ・ 公益財団法人 実務技能検定協会主催

秘書検定とは、ビジネス秘書の能力として、接客マナーの他に文書作成の事務処理や、社会経済の知識など幅広い技能を問う資格です。

ビジネス実務マナー検定2級・3級 ・ 公益財団法人 実務技能検定協会主催

ビジネス実務マナー検定は、ビジネスシーンで身に付けておくべき「職場常識」を測る検定です。社会人として適切な行動ができるか、コミュニケーションスキルを理解して実践できるか問われます。

受講の流れ

  1. ヒューマンアカデミー「たのまな」公式サイトより、「秘書検定+ビジネスマナー講座」を申し込みます。
  2. 一括で送られてきた教材を使い、カリキュラムに沿って自分のペースで学びます。
  3. 秘書検定テキストを使い、秘書としての必要な資質・社会常識や一般常識、マナーや美しい立ち居振る舞いを学習します。各章ごと確認テストを行い知識が身に付いているか確認してください。
  4. ビジネスマナーテキストを使い、ビジネスの現場において必要とされる人間関係やマナー・話し方・社会人としての常識について学習します。各章ごとの確認テストで知識が身に付いているか確認してください。
  5. 秘書検定用の2つ問題集を使い、自分の弱点を確認しながら試験対策をします。
  6. 秘書検定2回分とビジネス実務マナー検定7回分の添削問題を解き提出します。
  7. 計9回の添削指導終了後、年3回実施される秘書検定と年2回実施されるビジネス実務マナー検定を受験します。
  8. どちらの試験も「理論」と「実務」に区分され、それぞれの得点が6割以上の場合、合格となります。試験日から約2週間後にHPにて合否が確認できます。
  9. 合格者には、試験日から約1カ月後に合格通知書と合格証が郵送されてきます。

受講料金・受講期間

受講料:12,960円(一括払い・税込み)

受講期間:3カ月(サポートは6カ月受けることができます)

メリット

2つのビジネス系資格を合わせて学ぶことができる点が、最大のメリットです。効率よく無駄なく両方を学ぶことで、ビジネスシーンの様々な役割に対応できる基本知識が身に付き、キャリアップやビジネスに役立てることができます。

W資格取得を目指すことは、就職活動を控えた学生や、転職・再就職を考えている方にも仕事へのやる気と自信を深めるきっかけになります。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事