business

ビジネスマネジメント

 あいづち、は相手の話を発展させるための大切な要素となります。しかし、気を付けて使わないと、相手を不愉快にさせたり、誤解を招く場合もあるので、ただ単にあいづちを打てばよい、というものでもありません。本稿では、日ごろ何気なく打っているあいづちについて、その打ち方を改めて考えてみました。

あいづちのポイント

 単に何も考えずに相手の話に合わせてあいづちを打っているだけでは、この人何も話を聞いてないな、と思われてしまいます。あいづちを打つ際は、下記の点に気を付けましょう。

①心を込めて
 他人の話を聞いてあいづちを打つ際は、単に「へー」等のあいづちだけなく、「まさか」「すごい」等の気持ちの入る言葉とともにあいづちを打ちたいもの。同じあいづちばかりでは、本当に話を聞いているのか?、と話をしている側も不安になります。

②相手の眼を見る
 あいづちに限りませんが、人の話をしっかり聞くときは相手の眼を見て聞くこと。相手の眼を見て話を聞いて、更にあいづちを打てば、この人はしっかり話を聞いてくれているな、と相手も感じます。

③相手の感情や話にあったあいづちを打つ
 あいづちといえどもTPOが大切。相手の話の内容に合わせて、相手の気持ちを察して、あいづちの打ち方も変えましょう。

④タイミング
 あいづちの内容も大切ですが、あいづちのタイミングはそれ以上に大切。何の変哲のないあいづちでもタイミングよく打っていれば、相手には話を聞いてもらっている、と通じます。しかし、どんなにあいづちに心を込めても、タイミングが合ってないと逆効果になる場合もあります。言葉が途切れた際や、会話の間が空いた際に「それでどうしたの?」といったようなあいづちを打てば、相手も次の言葉を発しやすくなります。

あいづちの種類

 あいづちには、「同意」の場合だけでなく、各状況に応じたあいづちがあります。下記に4つの状況のあいづちをピックアップしました。

・同意
 代表的なあいづち。いつも同じようなうなづきをするだけではなく、時にはジェスチャーを交えると効果的。

・驚き
 ケースバイケースとなりますが、話の流れを考えて、相手がどんなリアクションを期待しているか考えた上で、あいづちを打ちましょう。

・疑問
 同意とは逆となりますが、首をかしげる等、相手に疑問のサインを送ることで、相手も話の方向性を決めやすくなります。

・次の言葉を引き出す
 最初に同意のあいづちを打ち、その後で次の言葉を引き出すようなあいづちを打ちましょう。相手が話をスムーズに進めやすくなります。

まとめ

 一言に「あいづち」と言っても、単に同意するあいづちだけでなく、同意・驚き・疑問・次の言葉を引き出す、といった4つのパターンが存在しています。そしてどんなタイミングであいづちを打つかも、非常に重要な要素となります。
 単なるあいづちですが、何も考えていない場合は、相手を不愉快にさせてしまう可能性も有しています。よって何となく相手の話を聞いてあいづちを打つのではなく、しっかりと話を聞いて、理解した上であいづちを打つ必要があります。
 普段の日常生活でも使っているあいづちですが、これを機会に少し足を止めてあいづちについて振り返ってみませんか。そんなに難しい内容ではありませんが、多少なりとも気にしておくと、今後あいづちを打つ際に、新しい気付きを得ることができますよ。

ビジネスマネジメント

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 お客様が会社等に訪問された際、来客室にお通ししてお茶をお出しする、というのが礼儀となります。最近では来客室に冷蔵庫が備え付けてあり、ペット...
服装
ビジネスマネジメント
目次1 組織を上げてのリスク対策2 報連相の重要性3 客観的視点を養う4 直接伝える機会を継続 組織を上げてのリスク対策 経営陣や管理職がど...