business

 来客時のおもてなしでお茶を出す際、その出し方にも注意すべき点が何点かあります。本稿ではお客様にお茶を出す際に、気をつけたい点をピックアップしてみました。お茶出しとは言え、折角のおもてなしです、相手を思いやって失礼のないように行いたいものですね。

お茶出しの流れと留意点

 以下にお茶出しの際の流れに沿って、その注意点を記していきます。

①お茶を運ぶ
 お盆に人数分の湯呑み、茶托を乗せて両手で運びます。途中で茶托が濡れないように、湯呑みと茶托は別々にお盆に乗せるのがお勧めです。

②お盆を置く
 お盆をサイドテーブル等に置いて、湯呑みの底をふきんで軽く拭いてから茶托に乗せます。

③お茶を出す
 茶托を両手で持ち、上座から順番にお茶を出す。お客様のテーブル側まで来たら、会釈を行う。お茶をお客様にお出しする際、「どうぞ」と一言そえるのが望ましい。
 湯呑みの正面をお客様に向けてお出しする。お茶はお客様の下手である、右斜め前に置くのが基本ですが、書類がある場合は、邪魔にならない場所に置きます。またテーブルの端から10cmより内側に置くという配慮も行いたい所。

その他の注意点

 お茶は、上座の方から席順に従って出していきます。よって、上座の確認をまず最初に行うことも必要となります。また大勢の来客の場合は、お茶を運べない場所に座られている方もおられるので、臨機応変な対応も必要になります。

 お茶出しの際、自分ではお茶をこぼさぬようにするのはもちろんですが、お客様がお茶をこぼさぬような配慮も必要になります。また万が一、お茶をおこぼした場合に備えて、書類が汚れないような場所にお茶を出す等、十分な配慮が必要となります。

 また1時間以上打ち合わせが続いた場合は、上司に確認して新しい飲み物を出すのも、お客様に喜ばれます。

コーヒーの場合の注意点

 お茶の代わりにコーヒーを出す場合もあります。コーヒーの場合も、基本的な流れはお茶の入れ方とほぼ同様となりますが、下記に要点を記します

①カップをソーサーに置く
 カップとソーサーは別々にお盆に乗せて運び、サイドテーブルなどの上に置いてからカップをソーサーにのせます。サイドテーブルが無い場合は、左手でお盆を持ち、お盆の上で行います。

②テーブルに置く
 相手から見て、ソーサーの手前側にスプーンをのせて、カップの持ち手を右側にして、ソーサーとともにテーブルに置きます。ただし、アイスコーヒー等の冷たい飲み物を出す時は、先にテーブルにコースターを置いて、その上にグラスをのせます。

③砂糖とミルクについて
 砂糖とミルクはスプーンと一緒に受け皿にのせるか、別の容器にまとめて出します。大人数やテーブルが大きい場合は、取りやすいよう2つ以上用意しましょう。

まとめ

 お茶をこぼすと、後々記憶に残すお客様も中にはいるので、お茶出しには十分な注意が必要です。

 わざわざ会社に来社頂いたお客様をおもてなしするのがお茶出しとなりますが、折角のおもてなしが台無しにならぬよう、慎重にお茶出しは行いたいものです。ただし、何か特別なことをする訳ではないので、ゆっくり慎重に行えば十分。気負いすぎて、自分でお茶をこぼしたり、机の端にお茶を置いてお客様がお茶をこぼすことのないように注意をすれば、問題なくお茶出しはできるので、ゆっくりとお茶出しを行いましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
話し合い
ビジネスマネジメント
目次1 組織要因のメンタルヘルス2 ポジティブ資源を増やす3 ポジティブ資源の増やし方4 いきいきとした職場づくりのために 組織要因のメンタ...
business
ビジネス人気
 挨拶はコミュニケーションの大切なツールの一つ。どんな時でもハキハキとした声で、しっかり挨拶するようにしたいものです。しかし、意外にその場に...
スーツ
ビジネスマネジメント
目次1 営業活動の型づくり2 顧客管理の基本情報管理3 顧客の優先順位4 進捗管理の仕方 営業活動の型づくり 自社に利益を発生させる第一線が...
同期
ビジネスマネジメント
目次1 思考パターンを変える2 頑張りすぎない3 自分を認める4 感情の受け止め方5 規則正しい習慣を身に付ける 思考パターンを変える ネガ...