business

ビジネスマネジメント

 お客様が会社等に訪問された際、来客室にお通ししてお茶をお出しする、というのが礼儀となります。最近では来客室に冷蔵庫が備え付けてあり、ペットボトルのお茶を出すという会社も増えていますが、本稿では改めてお茶の入れ方について解説致します。

お茶の入れ方

 実はちゃんと学ぶ機会の少ないお茶の入れ方ですが、下記の流れとなります。

①手を洗う
②湯呑みを調べる
・欠けたり、ひび割れたり、茶渋がついていないか確認
③お湯の温度の確認
・通常は80〜90度が適温
④お茶を入れる
・茶こしを使って、茶かすが入らないようにする
・濃さが均等になるように回しつぎをする
・お茶の量は7分目程度
・湯呑みを茶托(ちゃたく)に置く前に底をふく

 上等な煎茶や玉露でお茶を入れる時は若干注意が必要。お湯の温度が高すぎると、渋みが強くなってしまいますので、多少低めの70~80度程度が適温となります。また急須の中で、茶葉を1分程度蒸らすと、お茶の甘みが増して、おいしいお茶になります。よいお茶の場合はゆっくりお茶を入れるのがコツとなります。

 意外な盲点は、湯呑みを茶托に置く前に底をふく、という点。茶托をふかずにお茶を出すと、お客様がお茶を飲む際、湯呑みに茶托がくっついてくることがよくあります。またお客様がお茶をこぼす原因ともなるので、お茶を入れる際は湯呑みの底をしっかりふいてください。

暑い季節は冷たい麦茶も喜ばれる

 暑い季節は、暑い中を歩いて来られたお客様に冷たい麦茶をお出しすると、喜ばれることもあります。グラスに麦茶だけでなく氷も入れると、非常に見栄えがよくなります。
 冷たい麦茶は特に水滴がつきやすく、またガラスのグラスで出すケースも多いので、グラスの底はしっかりとふくことをお勧めします。

コーヒーの場合の注意点

 コーヒーの場合、サーバーに貯めてあるコーヒーを出す会社もありますが、コーヒーが煮詰まっていないか、注意が必要です。午前中にコーヒーサーバーにセットしたコーヒーは、夕方になると煮詰まっています。
 煮詰まったコーヒーをお客様にお出しするのは、印象の良いものではありません。その場合、お茶をお出しするのか、新たにコーヒーを作るのかは上司他と相談して、対応を決める必要があります。

お茶やコーヒーを出す意味

 接客の際にお茶等を出すのには、足を運んで来社いただいたお客様にのどの渇きをいやしていただき、くつろいでいただく、というおもてなしの心が込められています。
 またお茶には水分補給の他に、気分転換の働きや、カフェインによって脳を活性化する意味もあります。
 長くなった打ち合わせの際に、途中で再度お茶やコーヒーを出す、というのは上記の観点から、おもてなしという面だけでなく、有効な打ち合わせにも効果を発揮します。

まとめ

 お客様をおもてなしする為に、お出しするのお茶やコーヒー。折角のもてなしで、お客様に不快な思いをさせてしまっては逆効果になります。家でお茶やコーヒーを飲む訳ではないので、ほんの少し気を付けてお茶やコーヒーを入れたいものです。

 来客先で飲んだおいしいお茶やコーヒーの味は、お客様は案外覚えているものです。せっかくお出しするお茶やコーヒーなのですから、お客様によい印象持って飲んでいただきたいものですね。

ビジネスマネジメント

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
面接
ビジネスマネジメント
目次1 椅子の座り方も見られている2 椅子の前に立つ3 椅子に腰掛ける4 椅子の座り方でやってはいけないこと5 ソファに座っている時の注意点...
仕事
ビジネスマネジメント
目次1 自社開催とアウトソーシング2 職種別研修3 階層別研修4 テーマ別研修5 そのほかの研修 自社開催とアウトソーシング 大企業では、人...
business
ビジネスマネジメント
目次1 ネットニュースのシェア2 新聞のメリット3 ネットニュースのデメリット4 どちらもメリットを活用する ネットニュースのシェア 年代が...