会議

今のご時世で、男性のみ、女性のみという職場は数限られ、男女混在する企業がほとんどです。しかし、仕事やプライベートに対する考え方は性別で大きく異なります。その中円滑に業務を遂行するためにお互い理解し合わなくてはいけません。そこで知っておいて頂きたいのが、異性に嫌われる行動や言動です。これらを理解して改善すれば業務を行う上で支障はないでしょう。
以下では男性社員に嫌われる女性社員の言動や行動についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

態度が悪い

男性は、常に女性にはにこにこと笑顔で明るくいてほしいと思っているものです。それに反して態度が悪いと嫌われます。
例えば、
・あいさつができない
・機嫌が悪い、コロコロ変わる
・上から目線
自分より下の立場の人に対してや、男性に対して見下した態度をとる。
・仕事中に私用で携帯電話を触っている
・デスクに不要な私物が多い
などです。仕事に対する心構えの部分もマナー違反であれば嫌われる要素となります。

感情的になる

女性の性質でもあります。それが良い方向に働くときと悪い方向に働くときがあることを十分理解しましょう。感情に任せて言わなくてもいいことを言ってしまったり、我慢すべきところが我慢できなかったりすることのないようにしましょう。

徒党を組んで群れる

男性は女性が群れることを嫌います。協調性があることは大切なことですが、それで誰かを一斉に攻撃したり、好き嫌いを決めてはいけません。それは会社の雰囲気に大きな影響を与え、時には悪い方向に、向くこともあります。仕事の場では、仕事に必要な接し方をしましょう。

おしゃべりなところ

会社にはたくさんの機密事項が存在しています。当然口に出すことをはばかられることもあります。仕事上必要な内容だったから話したのに、あっという間に広がって知らなくても良い人まで知っていた、ということになりえるので、女性の過剰なおしゃべりは嫌われます。あまり口外せず、知ろうともしない大人な対応が必要です。

陰口を言う

いろいろな人の悪口や不評を口に出すと嫌われます。つい小言のようになり、それを聞いた相手にも不快感を与えます。

相手によって態度を変えるところ

上司には愛想よく振る舞って、その他の人には適当な態度をとる、という人によって態度を変える女性は嫌われます。上司に丁寧な対応をする程度ならわかりますが、平等な対応をするようにしましょう。

みだしなみが適切でない

女性は職場の花と考える男性社員も多いです。しかしそれにも節度があります。以下のような点に気をつけましょう。
・ノーメイクで出社してくる
・メイクがきつすぎる
・髪の毛がぼさぼさ
・香水の匂いがきつい
・服装がだらしない
身だしなみを整えるのは女性として当然、と男性社員は考えています。手を抜きすぎず、派手になりすぎないようにしましょう。

女性新入社員のパーマ

ビジネスシーンでの女性のヘアスタイルは、男性よりもとても幅広いので迷う人も多いかもしれません。パーマも髪質や顔の輪郭などによっては、かけたほうが印象が良くなることもあります。パーマが掛かっていたほうがまとめやすく、キレイにまとまるというのも確かなことです。業務の邪魔にならないように敢えてパーマをかけるという人も多いです。入社の前に、パーマをかけようと思っている人は、数週間前に美容院に行くことをおすすめします。直前にかけてしまって、手入れやアレンジに慣れない間に仕事が始まってしまうと、ヘアスタイルのセットが面倒になったり、無駄に時間を掛けてしまうことに繋がるからです。パーマをかけた後に、アレンジの練習をして、てきぱきと出勤前の時間を過ごせるようにしておきましょう。柔らかいパーマであれば、長髪でも短髪でもビジネス用のアレンジがしやすいと思います。

ヘアアクセサリーのルール

髪型は業務で接する人が社内の人か、お客様かなどでも異なるかもしれません。ヘアアクセサリーについても同じことですね。社内の先輩のスタイルを観察しながら徐々に職場に合わせて行っていいと思います。新入社員の時期は、まずは清潔感を意識します。地味にと言うのが適しているとは言えないでしょう。まっすぐな長めのストレートの場合に、黒いゴムで軽く結んでいるだけでは、ビジネスシーンではマナー違反です。手抜きしていると見せないことも女性の髪形には求められてしまうものです。紺色や茶系で落ち着いた雰囲気のあるバレッタやワンポイントのあるゴムのものが適しているでしょう。髪を全部アップして挟んで括れるタイプのものも重宝しますよ。高価なものである必要はないので、長髪の人は、2、3個持っておきたいアイテムです。必ず束ねるようにしましょう。長くても許される女性の髪型ですが、腰まで伸びているような場合はマナー違反の範囲かもしれません。ほどほどにしましょう。

ヘアカラーのルール

今の時代、ほとんどの人がヘアカラーをしているのではないでしょうか。女性の場合は、極端に明るい色でなければ許容度は広いと思います。でもスーツを着る場合は、ブラウンが強いとなかなか見た目がしっくりこないことが多いです。全身のコーディネート的にもアンバランスになりがちなので、できればダークな色に抑えたほうがいいでしょう。しかし、逆に敢えて真っ黒にするのも考えものです。真っ黒はかなりきつい印象を与えることにも繋がるので注意したいところです。要は目立たないようにするということがポイントかもしれません。そのままの自然な色が、本来であれば、眉や目、肌の色にもフィットしているはずなのです。くれぐれも、金髪や茶髪と言われる明るさの髪、極度に個性の出る色味は避けるようにしましょう。

清楚でもオシャレは楽しめる!

また、盛り過ぎたアップ、ふんだんにロールの効いた巻き髪も新入社員として、ビジネスパーソンとして行き過ぎです。清楚にしてもおしゃれアレンジは結構楽しめます。毎朝の身支度の時間も考慮しながら、テキパキと髪型を整えられるように練習しましょう。素敵なヘアスタイルで仕事が進められるといいですね。

まとめ

男性は女性が女性であるがゆえに持つ性質が過剰であることを嫌う傾向にあります。男性の女性のあり方については、女性の社会進出が急増した今でもあまり変わってはいません。仕事のしやすい環境を作るため、男性を敵に回すことは避けなければなりません。ぜひ自身の立ち振る舞いを見直してみてはいかがでしょうか。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
プレゼン
ビジネス英語
目次1 業界、製品、自社専門の英語攻略2 完璧さを求めず、伝わることに徹底する3 要点に絞った伝え方、聞き方 業界、製品、自社専門の英語攻略...
business
ビジネス人気
社会に出ると、電話対応はビジネスマナーとして欠かせないたいへん重要なものです。中でも電話を受ける場合は、その応対は社会人として生きていくため...
business
ビジネス人気
ビジネスでは、上下関係によって座る場所が決まっており、これを席次といいます。目上が座る席を上座、目下が座る席を下座といいます。座る席を間違え...