ビジネスマネジメント

新卒の方でもビジネスマンになった瞬間から、その会社の顔になります。会社員としてのマナーや話し方について考えてみたことはありますか。あなたの言葉一つが、また、判断や行動というものが重要なのです。でもどんな言葉遣いや判断、そして行動が必要なのでしょうか。ビジネス社会における基本的なルールを身に付けることはビジネスマンにとっては必需です。

会社のマニュアルにないビジネスマナー

K社である一定の社員がこのビジネスマナー検定に挑戦したようです。よく、お客様センター(カスタマーセンター)で顧客からの電話を受け付けている会社があります。苦情を受け付けるはずのカスタマーが、その対応が逆に新たな苦情になってしまうということがあるようです。言葉遣いに関して、尊敬語や丁寧語をいくら学んだとしても、会社などで用意される電話応対マニュアルに沿って行うだけでは十分であるとは言えません。ビジネスマナーは、一日で身に付くものではありません。マニュアルにないお客さま対応は、毎日先輩から研修等を受けるか、ビジネスマナー検定などを受験して資質向上を図るかして学んでおかなければならないのです。

自分の常識と社会の常識とのずれ

新卒の方に多いのが自分の常識と社会の常識とのずれです。初めて名刺をもらった、その渡し方は?その受け取り方は?上述しました電話対応だけではなく、メールやFAXにもルールやマナーがあります。会議室での席順、タクシーでの上席など学ばなければならないことは数多くあります。このビジネスマナーは、多くの事例に直面した場面を数多く触れることです。

先輩からの仕事の依頼を受けたら

例えば新入社員が、先輩からの仕事の依頼を受けることについて考えてみましょう。新人の間は先輩に聞くことがいい…これは大原則です。といっても、いつまでも仕事内容の手順を教えてもらってばかりいられません。また、メモを取ることは必要なことですが、メモばかり取っていては、一日の終わりにそれを見た時にどうするのでしょうか。また、あなたが頼まれた仕事を誰かに手伝ってもらうこともできません。

優先順位の決め方

先輩からの仕事の依頼を受けたら、今の自分の現状をきちんと話して相手にその仕上がりの納期などのことを確認しあうことが必要なのです。また、優先順位のことを考えるときに、仕事の依頼が重なりその優先順位をどうすればいいのかという場面に出会ったらどうでしょう。仕事の優先順位というものはわかっていても,次から次へとくる仕事です。優先順位というものは、自分だけで決められないこともあるということなのです。そういう時には困ったときの上司です。遠慮なく相談することがあなたを守ります。

まとめ

「お差し支えなければ、今回はお断りいたします」「せっかくのご依頼ですが、今回はお断りいたします」の二つの例文を見てください。「お差し支えなければ」は相手の意向を尋ねる言葉ですから、断るときに使うのはおかしいですね。このようなことは、できる人は知っています。そのできる人の前でこのような言葉を使ってしまっては、いくら仕事内容がよくできていても常識しらずの人間になってしまうのですね。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事