ビジネスマネジメント

意外に注目される自己紹介

入社日や配属後に自己紹介をすることが定番になっている企業は多いものです。このため、上司や先輩たちは、どんな自己紹介をしてくれるのだろうと、かなり注目をしているものなのです。ですから、自己紹介でどんなことを話すかによって、その後、上司や先輩たちとコミュニケーションを取っていく際にも大きく影響することになるのです。上司も先輩たちも、一緒に働くことになる新入社員と良いコミュニケーションを取っていきたいと思っているはずなので、余計に聴き耳を立てるのです。自己紹介はその情報提供をする機会でもあります。ここでは、印象の良い自己紹介にするために盛り込む内容や、その後のコミュニケーションに役立つ内容についてご紹介していきたいと思います。

自己紹介の基本

本当は、自己紹介に決まりはありません。最低限必要なのは、名前と顔を一致させて覚えてもらうこと、そして自分の「よろしくお願いします」という気持ちを伝えることです。そして欲を出せば、今後のコミュニケーションに自分も、聞いている皆さんも役立てることができたら、それはきっと最高の自己紹介と言えるでしょう。まずは、自己紹介の基本の構成を考えてみましょう。構成の項目ごとに自分についての重要事項を盛り込んでいくのがおすすめです。

基本事項(名前、学校)

名前は覚えてもらうことに意識を向けましょう。珍しい名前であれば、ゆっくりと発音したり、漢字の説明を加えると印象に残りやすくなります。自分なりの言葉を探して工夫してみましょう。名前は、声を掛けてもらうときのきっかけにもなるものです。相手にきちんと伝わるようにはっきりと伝えましょう。基本事項として出身校や学部の名前を付け加えてもいいでしょう。

入社や配属の喜び

この場に立てることが嬉しいという気持ちを言葉にしてみましょう。上司や先輩たちも、仲間に入ったことを喜んでいることを知れたら、きっと嬉しく思ってくれるはずです。歓迎会のようなシーンでは、自分のために会を設けてくださっているのですから、必ずお礼と嬉しく思う気持ちを伝えるのがビジネスマナーです。お礼の言葉は、そのあとに続く内容よりも先に述べるようにしましょう。

趣味や興味のあること

自分独自のことを盛り込むようにします。好きなこと、休みの日にすること、学生時代に頑張ったことなど基本的には何でもOKです。長くなることは禁物なので「この人は○○の人」と表現されてピッタリくる内容に決めるといいでしょう。興味のあることは、仕事に関連することでもプライベートでも構いませんが、自分のキャラクターの出るものが好ましいでしょう。

意気込みや抱負

自分の個性に合わせて、意気込みや抱負を言えるといいでしょう。小さなことでも大きなことでも、熱心に誠実に取り組みたい姿勢が伝わるような言葉を考えてみましょう。

具体的なお願いごと

「よろしくお願いいたします。」だけでは味気ないものです。具体的に覚えたいこと、積極的に習得したいことなどをお願いしておくと、その後に上司や先輩たちのほうから積極的に働きかけてもらえる確率が高まります。知らない者同士です。上司も先輩たちも、迎えた新入社員の人に1日でも早く馴染んでほしいと思っているはずです。お願いごとが活用されることは案外多いのですよ。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事