ビジネスマネジメント

エレベーターは待ち時間が長い!急いでいるときにはこんなことを考えてしまいます。階段で行けば早いけど、上層階の場合などそういうわけにもいきません。ここでは、ビジネスマナーとしてのエレベーターの乗り方や降り方、立ち位置のルールについてご紹介します。

エレベーターホールでは

エレベーターの到着を待つ時にもマナーが存在します。これは、一般的な常識ですが、扉の脇に立ちます。扉の前では降りる人の邪魔になりますね。乗り降りがスムーズにでき、安全を考えたルールです。扉が開いたときに降りる人が「わっ」と驚くようなことになったら完全なビジネスマナー違反です。

来訪者や上司とエレベーターに同乗するとき

エレベーターホール側の上下ボタンを押しながら「お先にどうぞ」という声かけは必要です。そして、自分も乗り操作パネルの前に立ちます。エレベーター利用では降りる人優先です。乗っている人が降りたら、その後に来客者や上司を案内します。「ボタン操作」は自分がすべてする」ことを原則にすばやい行動が要求されます。

エレベーター操作盤前で

高層ビルの場合などには多くの同乗者がご一緒することもあります。もし、あなたが操作盤の前に立つことになった場合には「何階ですか?」とやさしく声かけをしていきます。知らない人同士の場合は特に、乗ってこられた方への配慮として声かけは必要なことです。いずれは、そうしたビジネスマナーが評価されることにもなります。

エレベーターと携帯電話

エレベーターに乗る前から携帯電話で話し込み、乗り込んだあとにも続きを話されている方がいます。ビジネスシーンではつき物ではないでしょうか。あなたがその立場なら、次のエレベーターを待つか、電話を切って乗るか、どちらかにしましょう。本来なら飛行機や電車の中のルールと同じで、電源はOFFにしておくのがビジネスマナーです。

エレベーターにも席次が

エレベーターの乗降のマナーは上述しましたが、では、乗った時にどこに立てばいいのでしょうか。席次というものがエレベーターにもあるのです。ただ、エレベーターには誰かが先に乗っている場合が多いですので、下座だけは覚えておいてください。下座は操作ボタンの前です。その場所にあなたが立つようにすれば失礼はないでしょう。エレベーターには体の不自由な方や重い荷物を持っている人なども同乗するわけですからあなたなりの配慮で、乗っている人が気持ちよくなるようにすればいいでしょう。

レディファーストも

ビジネスシーンでは、あなたが女性の場合には、男性からレディファーストの気遣いをいただく場合があります。(外資系のビジネスではよくあります)「ありがとうございます」とお礼を述べて先に乗り降りしましょう。外人の方などが同乗する場合には好意を受け入れなければいけません。笑顔で軽い会釈をしてお礼の気持ちを伝えます。

まとめ

ビジネスシーンにおいては、来訪者もあり、自分中心に考えていると「この会社には常識のない社員がいる」という烙印を押されてしまいます。狭いスペースで、見たことのない人と同乗することが多い空間だからこそ、きちんとしたビジネスマナーで振る舞いたいものです。

会社に勤めると、有給休暇が付与されます。すでに勤めている方は自身が何日の有給休暇を持っているか把握できるはずです。確かに会社から与えられる休みですが、自由気ままにとってもいいものではなく、そこにもマナーが存在します。では、有給休暇を取得する際はどのような点に気をつけたら良いのでしょうか。
以下に有給休暇を取得する際の注意点をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

有給休暇とは何か

一般的な話をすると有給休暇とは、入社して半年経過したときに会社の基準に基づいて付与される休暇のことです。有給休暇を取得したときには出勤したものとみなされ給与が支払われるしくみになっています。ただし、会社によっては、入社と同時に付与されるなど様々なので、確認が必要です。

有給休暇を使いたい、と思ったら

・スケジュールを確認する
そのとりたい日のスケジュールを確認します。自分の仕事の状況でそこに休んでも大丈夫なのか、会社で会議があったり大きなイベントはないかを確認します。
・申請する
申請の仕方は会社によっては異なるので確認してください。申請時期に関しても会社によります。一ヶ月とするところもあれば、一週間前ということもあります。ただ、有給休暇をとろうとしていることはあらかじめ直属の上司に報告しておいたほうが良いでしょう。
・周りの人へ事前に伝える
仕事を休むと影響の出る人は必ずいます。その人に事前に、休むことと不在時の対応をお願いしておかなくてはなりません。そうすることで、円滑な関係を構築できますし、何か緊急の内容であれば連絡してもらうようお願いしておけばトラブルも回避できます。

最近の有給休暇の考え方

一昔前は有給休暇は、とると迷惑のかかるものとされており、なかなか申請しづらい状況でした。しかし、昨今では「ポジティブ・オフ」という言葉が誕生し、政府から休暇をとることがくださいすすめられています。「ポジティブ・オフ」運動とは、休暇を取得して外出や旅行などを楽しむことを積極的に促進し、
休暇(オフ)を前向き(ポジティブ)にとらえて楽しもう、という運動です。仕事を頑張るために休みをとる、最近では有給休暇を消化させることに積極的な企業も増えています。
会社は有給休暇使用を推奨する会社としての評判や社員の定着を図り、有給休暇使用者はよりよいワークライフバランスを手に入れる、政府は有給休暇使用者がその休暇中に使用するお金で経済の活性化を図るというしくみです。
友人の結婚式や家族の介護、子供のイベントや病気の際などに使用することができます。最近では飼っているペットの病気でも使用が認められている会社もあります。

まとめ

有給休暇はとりずらいというイメージは今や古い考え方です。自分の仕事に支障がなく、会社にも影響が少ないのであれば申請しても良いのです。仕事にはどうしてもストレスがつきものです。リフレッシュできず、ストレスがたまりうつ病などになってしまうくらいであれば、適度に有給休暇を挟んでオンオフのメリハリをつけて仕事をすることが推奨されています。自身の仕事の仕方を見直し、有給休暇を使ってモチベーションをコントロールしましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事