business

普段何気なく乗っているエレベーターにも席次があります。訪問先ではもちろんのこと、社内で目上の人と一緒になった場合にも、エレベーター内の立ち位置に気をつけなければなりません。本稿ではエレベーターの乗り方と席次を紹介します。

 エレベーターの乗り方・降り方

車へ乗るときや着席するときは常に目上の人からなので、エレベーターも常に目上の人から乗り込むのだろうと思う人もいるかもしれません。しかし、状況によっては、目下の者から乗り込むこともあるため、注意が必要です。
自社の目上の人と乗るときは、自分が後に乗ります。エレベーターが来たらドアを片手で押さえ、もう片方の手で「どうぞ」とエレベーターを示し、先に乗ってもらいます。エレベーターの中にすでに人がいる場合は、ドアを手で押さえる必要はありません。「どうぞ」と一言添えるだけで大丈夫です。
来客と乗る場合には、自分が案内役になるため先に乗ります。よりも先に行動するときは、謙虚さと素早さが大切です。エレベーターが来たら「失礼します」と声をかけ、先に乗り込みます。すでに人が乗っている場合は、「どうぞ」と言い、お客様に先に乗ってもらいます。
エレベーターを降りる場合は、自分が操作盤の前にいる場合でもそうでない場合でも目上の人に先に降りてもらいます。ここでも「どうぞ」と声かけすると、スムーズに降りてもらえます。自分が操作盤の前にいるときは、「開」ボタンを押すことを忘れずに。

エレベーターの席次

操作ボタンを押すことは目下の者の役割であるため、操作盤の前が下座になります。操作盤が右と左についている場合、エレベーターに入って右側の操作盤が下座です。操作盤から一番遠いエレベーターの奥が最も上座なので、来客や上司に手で場所を示し、「どうぞ」の一言とともに上座に誘導するといいでしょう。操作盤から一番遠い奥の次は、操作盤から近い奥、操作盤の反対側の前方、前方の真ん中の順番です。
エレベーターが混んでいる場合には席次にこだわる必要はありませんが、上司が操作盤の前にいるときは「代わります」と一声かけて、ボタンを押す役割を代わると丁寧です。来客や上司が乗り降りするとき以外にも「開」「閉」のボタンを押したり、乗り込んだ人に「何階ですか」と声をかけたりしましょう。
混んでいるエレベーターの入り口付近に立つ場合には、自分が降りる階でなくても、止まった階で一度降りて、降りる人の邪魔にならないようにします。来客や上司だけでなく、他の人にも配慮しましょう。

まとめ

エレベーターの席次のポイントは以下の通りです。
-素早く丁寧に行う
-「失礼します」「どうぞ」などの声かけを
応接室や乗り物での席次と違い、急に機会がやってきます。とっさの判断をしなければいけないため、普段からしっかり席次を意識しておく必要があります。エレベーターの席次はそこまで複雑ではありませんし、混雑時には無理に動く必要はないため、そこまで神経質になる必要はありません。しかし、突然のことに戸惑って、声かけができなかったり、お客様や上司を待たせてしまったりする事態は避けるべきです。
会社だけでなく、日常生活でも積極的に操作盤の場所に行ったり、ボタンを押したりする癖をつけておくと、いざというときにも素早く動くことができるようになります。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 会社等のビジネス会話では「ことばづかい」への注意も大切となりますが、「ことばづかい」だけではなく、社会人としての会話のルールも存在していま...
ビジネスマナー
ビジネスマネジメント
目次1 業務プロセスを知ることの重要性2 プロセスマネジメントの基本3 プロセスマネジメントの役割4 プロセス細分化は不可欠 業務プロセスを...
business
ビジネス人気
 挨拶は円滑な人間関係を作る上で、非常に重要なものとなります。朝、会社に出勤した際に、さわやかな挨拶ができれば、スムーズなコミュニケーション...
business
ビジネス人気
打ち合わせの約束は、ビジネスにおいては非常に重要なことです。相手の都合もありますし、打ち合わせの軽重や期限などを考えて、相手に失礼とならない...
business
ビジネス人気
 会社等の職場は様々な世代の人が働く組織です。個人であっても、入社後は会社の一員となり、外部からは○○会社の××さん、という見られ方をします...