ビジネスマネジメント

クールビズという言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。
これは、夏場の冷房器具使用を減らすことで地球温暖化に貢献するために、
ノーネクタイ、ノージャケットで過ごしましょうという政府の施策です。
しかし、ノーネクタイ、ノージャケットは果たしてマナー違反にはならないのでしょうか。
以下にクールビズとビジネスマナーについてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

クールビズとして認められた格好とは

クールビズ用品として注目されるのがやはりシャツです。
涼しければ何でもいいというわけではなく、当然ビジネスシーンあったものを選ばなくてはなりません。
「涼しさ」と「清潔感」の両立が大切です。
色は白やサックスブルーなどのさわやかな色を選ぶといいでしょう。
また、クールビズでは第一ボタンを開けることから、インナーは丸襟のTシャツではなく、
Vネックの深いTシャツがおすすめです。
また、その日にお客様が来る、取引先へ行くなどの予定があるときは、
半袖ではなく長袖を切る着るようにします。
後で説明しますが、どうしてもジャケットを着る際に袖が出ないと違和感があるからです。
最近の夏場の素材はとても涼しく長袖でも十分過ごしやすいです、
長袖でもデスクワークの際は腕まくりをするなどして対応しても問題ないでしょう。

クールビズはビジネスマナーとしてOK?NG?

結論から言うと、NGです。
とても親しい間柄の取引先であっても、基本的にはフォーマルな格好で伺います。
長袖のシャツにジャケット、ネクタイは必須です。

・ジャケットは夏用の通気性がいいものにする
スーツも季節によって使い分けることはご存知かと思います。
夏場は生地の透け感のあるものを選びましょう。

・夏用の長袖シャツにする
半袖シャツの上にジャケットじゃダメなの?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、人と話をするとき、相手は目や動く手元を見ることが多いです。
その時にシャツの袖口が見えないのはマナー違反です。
最近では吸水速乾の素材も出回っていて一昔前より格段に過ごしやすくなっています。
ただし、注意をしてほしいのが、ネクタイを締めることを前提としていない襟がある可能性があるということです。
もともとクールビズは、ネクタイをしないもの。
なので襟元も、ネクタイをしなくてもきれいに見えるデザインになっていることがあります。
それに無理やりネクタイをしようとすると不格好になる可能性があるので注意が必要です。

相手に合わせることも大切

クールビズの時期になると、どこまでOKかというのが周知されると思います。
まずはそれに合わせるのが大切です。
お客様のところへ行くのは当然ジャケットを羽織りネクタイを締めていくわけですが、
お客様から「クールビズでおいで」という言葉をいただいたときはそれに甘えてもいいでしょう。

まとめ

上記のように、クールビズが許される社内と、そうでない社外(お客様の前)があるということをしっかり理解しておきましょう。
しかし、いつお客様と会うことになるか予想がつかない可能性もありますよね。
社内にロッカーがある場合には、普段はクールビズで軽装に、
いつお客様がきてもいいようにロッカーにシャツやネクタイ、ジャケットをひとつ入れておくといいでしょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事