ビジネスマネジメント

接待の必要性

会社に勤めると、取引先をおもてなしするシーンに遭遇するかと思います。
当然親しい人とお酒を飲むのとはわけが違うわけですから、
緊張しますし、おいしい食事の味もよくわからない、お酒を楽しく飲めない、
という意見も当然あるでしょう。しかし、ビジネスにおいて接待は古くから用いられており、大切な仕事の一つです。
接待の第一目標としてはまず、取引先と友好的な関係を築くことがあげられます。
普段は仕事の話しかしない間柄ですが、こういう場ではその方のプライベートや考え方などもっと深い会話をすることも可能です。
相手を知り、知られることで信頼関係を築くことも可能です。
また、若い人にとって取引先の目上の方の話はとてもありがたいものです。人生勉強にもなることでしょう。

しかし、そのお酒の場であってもマナーを怠ってはいけません。
崩れがちだからこそしっかりと意識ができるよう叩き込んでおきましょう。

また、何のための接待なのかを明確にしておくことも重要です。
普段お世話になっているためなのか、謝罪なのかによってどう気配りをしなければならないかが異なります。

段取りを入念に

まず、は先方にアポイントをお誘いします。
「お誘いしたいお店があるですが」「先日のお礼に」など理由を添えて伝えましょう。
日程などは相手の都合に合わせて行えるようにします。
この時にできれば何が食べたいか、何が苦手かなど聞いておくとよいでしょう。

次にお店を予約します。
先に聞いていた相手の要望と、個室の有無、アクセスの良さなどを十分に考慮します。
相手に相応しい場所を選びましょう。チェーン店などは絶対に避けます。
もし時間があれば一度訪れ、部屋の広さやトイレの位置などを確認しておくといいでしょう。
料理に関してはコースで頼んでおくと当日の手間がありません。その際に店側に開いての苦手なものを伝えておきましょう。
確認後、最終的な場所や時間などのメールを先方に流しておくとより親切です。

準備金があれば2日前、手土産は前日までに準備しておくようにします。

当日は早めに来てお出迎えします。
相手を上座に通し、着席したのを確認して自分も着席します。
お酒の減りや料理の様子などを確認しながら話を行います。
話も途切れてしまわないようにこちらからふるのが礼儀です。心配な場合はあらかじめ内容を考えておくとよいでしょう。
また、お酒がいくら好きでも接待の際は飲みすぎないよう心がけましょう。

会が終盤に差し掛かった段階で中座し会計を済ませてしまいます。

タイミングを見て終わりを告げ、手土産などある場合にはその時に渡します。
電車の場合は改札まで、タクシーの場合には扉が閉まり、見えなくなるまで見送ります。
相手が二次会を強く希望している場合にはお付き合いするのがよいでしょう。

まとめ

接待は日ごろお世話になっており社外の人をおもてなしする場です。
お酒の場であっても会社が違う大切なお客様です。失礼があると今後の仕事に支障が出る可能性もあります。
逆にスマートにこなせば仕事がうまくいく可能性もあります。
まずはマナーをしっかりと身に着け、

ビジネスマネジメント

おすすめの記事