ビジネスマネジメント

入室のノック

扉が閉まっている場合はノックをして「失礼します。」と呼びかけます。
扉が開いている場合も、いきなり入らず、開いている扉をノックして「失礼します。」と声をかけます。
この時に気をつけなければならないのはノックの回数です。
ノックの回数はシチュエーションによって異なります。
日本人の多くは、ノックは2回をイメージするでしょう。
しかし国際ビジネス的には2回のノックはトイレの在室確認の時に利用するためのものです。
なので昨今ではノックは3~4回行うのがビジネスマナーとなっています。
3回のノックは、親しい間柄のノックです。
自社でお客様をお通しするときのノックに使用します。
4回のノックは、初対面の際に使用するノックです。
面接や取引先にお伺いした時などに使用します。
しかし、従来から2回のノックに慣れていると、4回だと騒がしく聞こえる可能性があります。
なので、2回+2回で少し合間をあけてノックをすると聞こえがいいです。

入室の仕方

相手から「どうぞ」の返事があったら、ノブから遠い手で扉を開き中に入ります。
「本日はよろしくお願いいたします。」など声をかけて軽く頭を下げ、その後扉を閉めます。
扉を閉める際は扉のほうを向いて丁寧に閉めます。
声をかけ、顔を上げた時には必ず相手の目を見るようにしましょう。

上司がいるときは

上司が同行している場合は、入室は上司が先です。
ノックし声をかけ扉を開けた状態で上司を先に通します。
扉が室内に開いてしまう場合は、素早く中に入り開けた状態で上司を通します。

一緒に退出する場合

話が終了した段階で、
「本日はお忙しい中ありがとうございました。」などと感謝の言葉を述べ、席を立ちます。
基本的にはお客様を先に退出させるので、扉を開け相手に出るように促します。
その後自分も出て扉を閉めます。
訪問された側は、基本的にはお見送りをするのがマナーです。
会社の建物の構造にもよりますが、エレベーターホールまではお見送りをします。
重要なお客様に関しては玄関先まで行き、相手の姿が見えなくなるまでお見送りをします。
逆に訪問した側は適切な場所でお見送りをお断りするのがマナーです。
「ここまでで結構です。」と言って相手を気遣いましょう。
しかし、
「いやいや送りますよ。」と相手がおっしゃった場合にはそれに従うようにしましょう。

相手が部屋に残る場合

相手が部屋に残る場合には、感謝の言葉を述べた後に席を立ち、扉の前で再度相手と向き合います。
「失礼いたします。」と言い、お辞儀をし、扉のほうを向いて扉を開けて退出します。

上司がいるときは

入室と同じように、扉を開けるときは部下が行い、上司を先に通します。
その際は扉を押さえておくようにしましょう。

靴を脱ぐシチュエーションでは

社内ではないですが、接待などで料亭などを訪れるときには
玄関先で靴を脱ぐ可能性があります。
本来であれば「上司が先」というのが鉄則ですが、
この場合に限り、部下が先に靴を履きます。
なぜかというと、上司の靴を準備し、靴ベラなどを手渡すという役回りがあるからです。

まとめ

ノックの回数に関しては誤解をしている人が多いので、再度確認しましょう。
また上司がいるときと一人でいる時で立ち回りが違うので注意が必要です。
正しい入退室のマナーを身に着け、スムーズに商談や打ち合わせに入れるようにしましょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事