マナー

女性が朝、男性よりも身支度に時間がかかるのはメイクのせいでしょう。
化粧水や乳液などのスキンケアから始まり、
下地、ファンデーション、アイメイク、リップなど手をかける部分はさまざまあります。
時間がかかったり肌に負担がかかるため、化粧をしたくないという人もいるでしょう。
そもそもメイクはビジネスの場において必要なのでしょうか。
以下に、ビジネスマナーにおけるめいくについてまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

ビジネスマナーにおいてメイクは必須??

結論から言うと、ビジネスマナーにおいてメイクは必須です。
していないと失礼に当たります。
そもそも身だしなみに関するビジネスマナーは、
相手に不快感を与えないこと、きちっとした格好でいることが求められます。
どんなに肌がきれいな人でも、さすがにすっぴんは見抜かれます。
「この人化粧をしていないな」と相手がわかったときに、
相手はどう思うでしょうか。
化粧をする相手ではないと軽視された、という気持ちにならないでしょうか。
おめかしをする、ではないですが、せめて相手に認めてもらいたい、
見られて評価される格好で行くという気持ちでお伺いをしなければなりません。
そう考えると女性に対してメイクは必須と考えられますよね。

これは男性にも言えます。
粉の吹いた顔や脂ぎった顔で行けば相手に失礼に当たります。

身だしなみを整え、相手に印象を良く持ってもらうということはビジネスにおける相手への配慮であり、自分のためでもあります。

だからと言って濃い化粧は逆効果です。ビジネスの場においてふさわしくないからです。
ビジネスにふさわしいメイクは以下のようなナチュラルメイクです。

ナチュラルメイクの作り方

・ファンデーション
肌の色にあったものを選びます。濃すぎても薄すぎてもいけません。
厚手になりすぎないように注意します。
クマがある場合にはコンシーラーなどで消すようにしましょう。
・アイメイク
太すぎないアイラインで、だまになっていないマスカラであれば問題ありません。
アイシャドーは、ブラウン系やグレー系であればいいでしょう。
その他の色は派手になってしまうためおすすめできないシーンがあります。
・眉毛
太すぎず、細すぎず、ナチュラルな眉にします。
・チーク
必要がないものではありますが、もし血色よく明るく見せたいのであれば、
ピンク系やオレンジ系を使用しましょう。
あまり濃すぎないように注意が必要です。
・リップ
唇の血色がよくない人は使用したほうがいいです。
その際は色は派手なものを控え、塗りすぎてしまったらふき取るようにしましょう。
最近は色のつくリップクリームなどもあるので活用しましょう。

まとめ

確かに時間もかかるし手間であるのはわかりますが、容姿は武器でもあります。
相手に、仕事を一緒にしたい、もう一度会いたいと思わせるのは態度や仕事内容だけではありません。
女性は容姿も見られるのが現実です。どうしてもそれは評価の要素としてあるのです。
しかし、たくさんの武器を持っていることはメリットでもあります。
マナーとしても当然そうなのですが、優位に仕事を運ぶためにも身だしなみとしてのメイクに気をつけましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 学生と社会人、最も違うのは肩書のある人と頻繁に接するようになることです。会社という組織は「役職」によって、はっきりとした序列が作られていま...
打ち合わせ
ビジネスマネジメント
目次1 振り返りメモの活用法2 アイデアを呼ぶ質問3 関連性を見つける4 一石二鳥の価値以上! 振り返りメモの活用法 1日の終わり、月末、年...