ビジネスマネジメント

ビジネスパーソンの戦闘服ともいえるスーツをどのように選んでいますか?
最近では種類やメーカーも豊富でおしゃれなものが増えています。
社内のではおしゃれなものでもいいですが、
取引先やお客様のもとへ行くときには注意が必要です。
ビジネスマンがスーツを選ぶときに注目したい点をまとめましたので、
おしゃれなものだけではなくスタンダードなものも必ず揃えておきましょう。

スーツの基本知識、スーツは3種類を使い分ける

スーツにも季節があり、普段着のようにそれに合わせる必要があります。
スーツには、春夏用、秋冬用、オールシーズン用があります。
あなたは自身のスーツがどれに該当するか理解していますか。

オールシーズンは1年通して切れるスーツですが、
春夏用はだいたい4月から9月、秋冬用は10月から3月に着る仕様になっています。
衣替えのシーズンは上記のようになっていますが、
その年の天候や、上司が何を着ているかなどで臨機応変に対応するとよいでしょう。

自身のスーツを見てみてください。
春夏用と秋冬用の違いは、生地と裏地で判断します。
生地については、春夏用は薄手で、持ち上げてみてみると少し透け感があり涼し気です。
逆に秋冬用は記事が厚手で重みがあります。
また、裏地については、春夏用は背中の部分に裏地がなく、途中までになっています。
逆に秋冬用は背中の部分がすべてが裏地でおおわれています。
これによって、だんだん暑くなっていく季節は通気性がよく快適に過ごすことができ、
だんだん寒くなっていく季節は保温し寒さから身を守ることができるのです。
四季があり気候の変化が激しい日本だからこそ必要な衣替えが、スーツにも存在するのです。

ビジネスパーソンにふさわしいスーツとは

・色
スーツの色は紺かグレーを必ず準備しておきましょう。
また色も明るすぎないほうが好ましいです。
・柄
最近ではチェックや濃いストライプなどおしゃれなものが出回っていますが、
無地と薄いストライプは大切な商談のために揃えておきましょう。
遊んでいない、カチッとしたビジネスパーソンを演出することも時には必要です。
・ブランド
スーツにはさまざまわブランドがあります。
若い時にはそれ相応の値段のものを着用し、
年齢や階級が上がったらそれにふさわしいスーツを準備するのもビジネスマナーです。
・サイズ
自分に合ったサイズのものを選びます。
ぴっちりしすぎていてもだめですし、緩すぎてもだめです。
身長、首回り、肩幅、ウエスト回り、胸囲、太もも周りなどを考慮して、
スマートに着こなすことのできるサイズを理解し、選ぶようにしましょう。

また、スーツは毎日使うので消耗が激しい衣類です。
しかし、手入れの方法次第では長く使用し続けることもできます。
一度サイズを合わせ肌になじんだものを使い続けられるように手入れにも気を付けましょう。

まとめ

スーツを伸長するときについ値段に目が向きがちですが、ほかの視点で考えるようにしましょう。
自分の印象をよくも悪くもできるスーツを選ぶ際は、上記のことを考慮し、
長く使うことを考えた投資をするようにしましょう。
じっくり選んだスーツはきっと気持ちを高ぶらせてくれるアイテムになることでしょう。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事