ビジネスマネジメント

ビジネスパーソンの戦闘服であるスーツを、普段どのように管理していますか。
仕事で疲れて、つい床に放り投げたまま寝てしまう。
毎日同じスーツを着ているせいでしわができてしまっている。
そんな状態ではせっかく選んだスーツが台無しですし、
それを見た相手への印象も悪くなってしまいます。
毎日使うものだからこそ丁寧に使い管理する必要があるのです。
以下にスーツの手入れ方法をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

家に帰宅したら、まずはハンガー

疲れていてもすぐには座らず、まずはスーツを脱ぐようにしましょう。
その開放感のまま座って、そのまま寝てしまったら、しわになりなかなか落とすことができません。
ただいま、と帰宅したら、まずはハンガーのもとへ行きましょう。
上着のハンガーは、細いものではなく、方の部分に丸みのあるものを選びますよう。
スーツを買ったときにおそらくカバーと一緒につけてくれているはずです。
その際はポケットの中ものをすべて出してしまいます。そのままですと型崩れの原因になります。
パンツは折り目(センターライン)に合わせてたたみ、さかさまにしてパンツ専用のハンガーに吊るします。
そうすることで、ウエスト部分の重みでしわを伸ばすことができます。

ブラッシング

干した状態でブラッシングをします。ブラシは専用のものを準備しましょう。
まず生地を軽く叩いて埃を浮かせ、上からブラッシングをします。
ジャケットには埃がたまりやすい部分があるので丁寧に行いましょう。
パンツはさかさまに吊るした状態で上からブラッシングをします。

使った次の日は休ませる

毎日同じスーツを着るとすぐに傷んでしまいます。
なので、何着かスーツを用意し着まわすことで長く着続けることができます。
休ませている最中は、日陰でかつ風通しのいいところに吊るしておくことをお勧めします。
そうすることで、衣類に付いてしまった匂いや汗の問題を解決します。
少し霧吹きなどで水分をかけた後に行うとより効果的です。

しわがついてしまったら・・・

車を長時間運転したり、長い間座ったりするとしわがなかなかとれない時があります。
その時は以下の方法を試してみてください。
・霧吹きで水分をかけ、風通しのいいところに干しておく
・浴室に吊るして、水を直接かけないようにシャワーを浴びる
・スチームアイロンをあてる
・アイロンをあてる
逆に、パンツのセンターラインが消えてしまいそうな場合には、アイロンをかけましょう。

スーツが雨に濡れてしまったら・・・

家に帰ったらすぐに脱いで、まず乾いた布でたたくようにして水分をとります。
その時に擦ると生地を傷めてしまうのでやめましょう。
その後ハンガーにかけて自然乾燥します。
もしもハンガーで木製のものがあれば、水分を吸う性質があるのでそちらのほうが好ましいです。
パンツはおそらく足元のほうが濡れていると思いますので、
濡れの激しい部分を下にして自然乾燥します。
濡れたスーツは、カビるといけないのでクローゼットにはしまわないようにしましょう。

まとめ

いかががでしたでしょうか。
スーツは手入れしているかしていないかで物持ちが格段に変わります。
ご自身のスーツの管理方法に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事