ビジネスマネジメント

最近は、お酒が苦手な人を無理にお酒を飲む場に誘ってはいけないと配慮されることも多くなり、歓送迎会をランチで行なう機会も増えてきたようです。また、特に入社したての頃は、あなたの緊張をほぐすために、上司や先輩からランチに誘われることも多いでしょう。無理に付き合う必要はありませんが、上司や先輩に普段業務を行なう中で聞きにくいことを聞くチャンスでもあります。緊張したり、多少の居心地の悪さを感じるかもしれませんが、今後の自分の業務に生かすために、職場の雰囲気に慣れるために、ランチを有効利用しましょう。

ランチのお店選び

あなたを歓迎するの意を込めてのランチに誘われた際、「何が食べたいか」を聞かれるかもしれません。自分が絶対に食べられないものがある場合は、遠慮せずに申告してください。自分で食べたいものをリクエストする場合は、自分が自分のランチ代を払うつもりでリクエストする必要があります。

ランチに誘った人との意図

夜、上司から飲みに誘われて行った場合、アルコールが進むにつれて、真面目な話ができなくなるかもしれません。その点、ランチでは(多くの場合)アルコールが入ることもなく、時間も限られているため、飲み会ほどくだけた雰囲気にはなりません。(飲み会では、「無礼講」ということが成り立っても、ランチで「無礼講」ということは成り立ちません。)

上司や先輩は、あなたがどの程度職場に慣れたのか、業務上で困っていることはないかなどを業務から少し離れ、状況を把握するために誘っていることも多いでしょう。場合によっては、その場で話したことが業務に影響することも少なくありません。全くの業務外という心持ちではなく、業務時間に近いプライベートな時間と捉え、行動しましょう。

上司とのランチ

話し好きな上司とのランチの場合、あなたは聞き役に徹するつもりでいた方が無難です。「聞き役に徹する」というのは、黙って聞くということではありません。「相手の話に興味を持って聞く」ということです。うまくいけば、普段聞けない上司の本音が聞けるかもしれません。

<話題例>
・上司のキャリア
・上司が自分の年齢(入社年次)だったときのこと
・上司がどんな思いを持って現在の職場に入ったのか
・上司の今の業務上の希望

先輩とのランチ

比較的年齢やポジションが近い先輩とのランチの場合、あなたが聞いたことのない社内情報などを聞けるかもしれません。また、上司とのランチよりはプライベートに近い時間となることも予想されますので、あなたもよりリラックスできるでしょう。いろいろな話を聞いているうちに、あなたの趣味が広がる可能性もあります。

注意点

いつもいつも上司や先輩があなたのランチ代を払ってくれるわけではありません。自分で自分の分は払うつもりでいましょう。また、いくら上司や先輩とのランチであったとしても、休憩時間はなるべく守るように気をつける必要があります。

まとめ

人付き合いが苦手だと、ついつい避けてしまう社内の付き合いですが、うまく付き合うことにより、あなたがより仕事をしやすい環境を作れるかもしれません。仕事の一部だと考えて、上司や先輩とのランチに臨みましょう。業務中にはあれほど怖い先輩の、意外な一面が垣間見えたり、上司の昔の失敗話などを聞けたり、思わぬ出来事もあるかもしれません。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事