ビジネスマネジメント

来訪者をご案内…エレベータの乗り方はどう

普段私たちが、マナーとして人を案内する場合、エレベータの乗り方としては、次の二通りがあります。
1.外で扉を押さえ乗り込む人を待って最後に自分が乗る
2.先にエレベータに乗り「開」ボタンで他の人が乗り込むのを待つ

ビジネスマナーとして考えたときに、1.の場合は最後に自分が乗りこむのですから、これが正解ではないかと思われます。来訪者をエレベータで案内するのに、2.の「先に乗り込む」と言うのはおかしいでしょう。先に来訪者に乗ってもらってから、最後に自分が乗り込むのが正解ということになります。

しかし、この場合「あなたが必ずエレベータの外から扉を押さえておく」ということをしなければなりません。大勢の人が乗り込んでいるとき、エレベータによっては扉を押さえておくことができなくなる場合があります。そうなると、誰かにドアが当たるなどをして迷惑をかけることになるのです。

操作盤前の特徴

では、2.の場合はどうでしょうか。昔は百貨店などで、エレベータガールとして、常に操作盤の前に立っている方がおられたようです。また、操作盤の前は「エレベータ内での下座」ですから、エレベータのドアが開き、降りる人が終わったら、すぐにその場所に行き、「開」ボタンを押すのがいいですね。また、来訪者をご案内する「階」の数字も押すことができるのです。

2.にあるような「先に乗り込む」というのは、ビジネスマナーとしておかしいと思われる方もおられますが、そうではないのですね。「開」と「階」の数字が押せる、またエレベータ内での下座に位置する、そういうことを考えるとエレベータで来訪者をご案内する時にあなたが取る行動は、ビジネスマナーとして、「2.の方がよい」ということになります。

ビジネスマナーとしてのエレベータの乗り方

来訪者をエレベータに案内するときのビジネスマナーをまとめますと次のようになります。
1.来訪者に対して「失礼します」と断り、操作盤の前に乗り込む
2.「開」ボタンを押し、できれば手で扉を押さえながら、来訪者が乗り込むのを待つ。

例外も

ただ、エレベータ内に先乗車がいる場合が問題です。操作盤の前に他の人が立っている場合は、1.の方法で行くしかありません。操作盤の前の人に「代わっていただけますか」というのは完全におかしいですからね。1.の方法で扉を押さえながら「どうぞ」と乗り込んでいただくようにします。そして、操作盤の前にいる人に「○階お願いできますか。」とエレベータ内にふさわしい声の大きさでお願いしましょう。

降りる時は

エレベータを降りる時はどうでしょうか。あなたが操作盤の前にいる場合は、問題ないでしょう。「開」を押し、扉に手を添えながら「どうぞ」と声かけをします。自分は最後に下りるようにします。

混んでいる時には、あなたが先に降りて「こちらの階でございます。」と来訪者に声をかけ、扉を押さえて待つようにします。全員が降りることを確認したら、乗っている他の人に「失礼いたします。」と小声で言うと、よりいいでしょう。

まとめ

最初にご紹介しました1.と2.で使い分けるということがお分かりいただけたでしょうか。エレベータの乗り方もビジネスマナーとしてしっかりと身に付けておきたいものです。来訪者によっては、あなたの行動一つで、会社に対するイメージが変わるものです。これはエレベータだけに限ったことではありませんが、ビジネスマナーにとって重要なことです。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事