ビジネスマネジメント

エレベーターは待ち時間が長い!急いでいるときにはこんなことを考えてしまいます。階段で行けば早いけど、上層階の場合などそういうわけにもいきません。ここでは、ビジネスマナーとしてのエレベーターの乗り方や降り方、立ち位置のルールについてご紹介します。

エレベーターホールでは

エレベーターの到着を待つ時にもマナーが存在します。これは、一般的な常識ですが、扉の脇に立ちます。扉の前では降りる人の邪魔になりますね。乗り降りがスムーズにでき、安全を考えたルールです。扉が開いたときに降りる人が「わっ」と驚くようなことになったら完全なビジネスマナー違反です。

来訪者や上司とエレベーターに同乗するとき

エレベーターホール側の上下ボタンを押しながら「お先にどうぞ」という声かけは必要です。そして、自分も乗り操作パネルの前に立ちます。エレベーター利用では降りる人優先です。乗っている人が降りたら、その後に来客者や上司を案内します。「ボタン操作」は自分がすべてする」ことを原則にすばやい行動が要求されます。

エレベーター操作盤前で

高層ビルの場合などには多くの同乗者がご一緒することもあります。もし、あなたが操作盤の前に立つことになった場合には「何階ですか?」とやさしく声かけをしていきます。知らない人同士の場合は特に、乗ってこられた方への配慮として声かけは必要なことです。いずれは、そうしたビジネスマナーが評価されることにもなります。

エレベーターと携帯電話

エレベーターに乗る前から携帯電話で話し込み、乗り込んだあとにも続きを話されている方がいます。ビジネスシーンではつき物ではないでしょうか。あなたがその立場なら、次のエレベーターを待つか、電話を切って乗るか、どちらかにしましょう。本来なら飛行機や電車の中のルールと同じで、電源はOFFにしておくのがビジネスマナーです。

エレベーターにも席次が

エレベーターの乗降のマナーは上述しましたが、では、乗った時にどこに立てばいいのでしょうか。席次というものがエレベーターにもあるのです。ただ、エレベーターには誰かが先に乗っている場合が多いですので、下座だけは覚えておいてください。下座は操作ボタンの前です。その場所にあなたが立つようにすれば失礼はないでしょう。エレベーターには体の不自由な方や重い荷物を持っている人なども同乗するわけですからあなたなりの配慮で、乗っている人が気持ちよくなるようにすればいいでしょう。

レディファーストも

ビジネスシーンでは、あなたが女性の場合には、男性からレディファーストの気遣いをいただく場合があります。(外資系のビジネスではよくあります)「ありがとうございます」とお礼を述べて先に乗り降りしましょう。外人の方などが同乗する場合には好意を受け入れなければいけません。笑顔で軽い会釈をしてお礼の気持ちを伝えます。

まとめ

ビジネスシーンにおいては、来訪者もあり、自分中心に考えていると「この会社には常識のない社員がいる」という烙印を押されてしまいます。狭いスペースで、見たことのない人と同乗することが多い空間だからこそ、きちんとしたビジネスマナーで振る舞いたいものです。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事